にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【生き物】レーザーポインターが猫の異常行動を招く恐れがあるとする研究報告

生き物

 猫は生まれ持った捕食動物であり、そのため小さくそして素早く動くものに対して本能的に反応してしまう。猫の遊び道具は、この本能を利用したものが多く、ねこじゃらしタイプやボールタイプ等と合わせて、この種のおもちゃの一つにレーザーポインターがある。
 猫を飼っているので分かるが、猫との遊びは中々に重労働で、彼らを満足させるためには、こちらもかなり動き回らないといけない。最近はうちの猫も高齢(内1匹は今年20歳になる)なので、遊ぶことよりも撫でられることを好むが、若い猫は遊ぶことを望むことが多いだろう。

 そんな中で、レーザーポインターは猫の飼い主の救世主だ。なんせ、手首を回すだけで近くにも遠くにも光を当てられ、猫はがむしゃらにその光を追いかける。そして、なによりも猫が楽しそうにしているように見える。だが、新しい研究によると、このレーザーポインター遊びが場合によっては、かえって猫にストレスを与えているかもしれないという。

レーザーポインターと猫の異常行動との関係

「研究者達は、アメリカ、イギリス、カナダの猫の飼い主を対象に、匿名でオンライン調査を行い、猫の遊び道具としてレーザーポインターの使用と、猫の異常反復行動(ARB)の発生との関連性を調査した。
過度あるいは異常な反復行動は、しばしば猫の強迫性障害(FCD)の診断と関連している

 回答者(618名)には以下のような質問が行われた。
『レーザーポインターを使用して猫と遊ぶことの有無、頻度』、『猫がFCDの傾向を示す行動(ARB)を行っているかの有無、頻度』、『猫がレーザーポインターの遊びによって良い又は悪い影響を受けていると思うか

 回答者の45.6%がレーザーポインターを使用している/したことがあるとし、使用する理由について、『楽しそうにしているから』、『運動不足の解消』、『簡単に遊べる』等を挙げ、使用していないと答えた回答者はその理由について『他の方法のほうが楽しい』、『考えたことがない』、『目を傷つける恐れがある』等を挙げた。
 また、回答者の89.5%が、猫のARB(自分の尻尾を追いかける、光や影を追いかける、特定のおもちゃに執着する、過度な毛づくろい)を少なくとも1度は見たことがあるとした。

 研究者達は、この内、過度な毛づくろいを除いたARBについて、レーザーポインターの使用との有意な関連性を発見した。(また、ARBの増加のその他の要因として、猫が若い、室内飼い、飼い主が若いことが挙げられた。)
『レーザーポインターの使用は、猫のARBの最大の予測因子であり、猫と遊ぶためにレーザーポインターを頻繁に使用する飼い主は、そうでない飼い主よりもARBを報告する可能性が高かった。』

 また、回答者の半数以上(52.1%)は、『レーザーポインターで遊んだあと、最後に何かを”捕まえさせ”ないと猫がイライラする』という考えを知っていたにも関わらず、実際にそのようにしていた回答者はわずか35.6%にすぎなかった。
 研究者達は、猫にフラストレーションを溜めさせずにレーザーポインターで遊ぶための専門家のアドバイスを引用する。
『レーザーポインターでの遊びを終える時には、ネズミや食べ物のぬいぐるみやおもちゃにレーザーを当てて猫が捕まえられるようにすると良い。』」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

 どうやら猫達は、遊びの最後に"標的を捕まえる"という結果に終わらない時にストレスを感じるらしい。元々が狩猟本能に基づく遊びであることを考えればそれは当たり前ともいえる。だが、レーザーポインターは明らかに標的を捕まえられる遊びではない。
 そこで、遊びの最後に捕まえられる何かを用意しておけば、満足して遊びを終えられるということなので、せっかく猫のためを思い遊んでいて、かえってストレスを与えていたのでは本末転倒であるから、もし今までそうしていなかった人は今後そうしてほしい。
 ちなみに、我が家では、目を傷つけるかもしれないということで、レーザーポインター遊びはしていないのだが、どうやら猫との遊び用レーザーなど安全なものもあるようなので、それを使うとよりよいかもしれない。

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: androvich17
 レーザーで遊んだ後にねこじゃらしで遊ぶとか


名前: LordNedNoodl
>> androvich17
 レーザーを最後におやつに当てて猫に見つけさせるとか


名前: StarHen
>> LordNedNoodle
 それをうちの猫でやってみたけど、おやつに全然興味示さなかったわ。
 賢いんだが、バカなんだか


名前: scrumplic
>> LordNedNoodle
 前に飼っていた猫でそれをやったことがあるけど、何度かしてたらレーザーを追わずにおやつに直行しだした。
 あの子は自分には賢すぎたなぁ


名前: ShinjiteFlorana
 レーザーポインターを使用する飼い主と、他のおもちゃを使用する飼い主とでは性格が違う可能性があるんじゃないか?
 例えばレーザーポインターを使用する飼い主は、運動量が少なくて猫もまた運動量が少なくなる傾向があるとか。
 そういうのまで考慮した研究なのかね?


名前: woebegonemonkMS(投稿主)
>> ShinjiteFlorana
 私の知る限り飼い主のライフスライルについてのデータはないね。また、このアンケートは飼い主の自己申告だから限界もある。
 この研究では室内飼いの猫は強迫性障害の傾向のある行動が増えることが分かってるから、今後は飼い主のその他のライフスタイルまで含めた研究が行われるといいね。


名前: tanginato
 相関関係と因果関係はイコールではないから、これは誤った印象を与える恐れがある。
 代わりに直接猫にインタビューするのはどうだろうか。


名前: blackday44 8
 知り合いの犬はレーザーポインター遊びが好きだけど、捕まえられずにイライラしていくると、レーザーポインターを操作している人間の手を追いかけだす。


名前: WizardStan
 我が家では、レーザーポインターで遊び終える時に、蓋をした箱に赤い光をいれて「帰った」ことにしている。
 もっと遊びたそうにしている時は、私が箱をつついて「出てくる」ようにしているから、捕まえられないからといってイライラしているようには見えない。いつもどこにあるかが分かっているから安心なのかも。


名前: Freak_Out_Bazaar
 前々から思っていたんだけど、猫じゃらしを捕まえさせた後に、その猫じゃらしが”死なずに”逃げてしまうのはいいんだろうか?


名前: Savantrovert
>> Freak_Out_Bazaar
 猫って捕まえたネズミをわざと放して、また捕まえるみたいなのを楽しむから、問題ないんじゃないか。
 うちの猫は、ネズミを捕まえては逃してるわ。


名前: uid_zero
>> Savantrovert
 そういえば、前に地下室に血の海に横たわるネズミがいたんだけど、嫁は猫が私達にプレゼントしに持ってきてこなくて良かったと言ってるが、地下室のあたり一面に散らばる血の跡を思うと、うちの猫は残酷にそのネズミで遊んだんだろう…


名前: echoAwooo
>> uid_zero
 猫は殺しを喜んでするマシーンだから。


名前: blackday44
>> echoAwooo
 まるで人間のようだ


名前: awakins
>> Freak_Out_Bazaar
  そういう遊びを終えた後には食べ物をあげれば”狩り”に満足して良いと言われたことがある。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit