にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【ゲーム】脳トレゲームは、脳をトレーニングしてくれないとの研究報告

生活

 日本でも一斉を風靡した脳トレゲーム、任天堂DSの脳を鍛えるシリーズは、日本だけでもおよそ900万本、世界では3000万本以上売れたとか。脳を鍛えるシリーズに限らず、スマホアプリ等でもこの手のゲームは今でも多く、根強い人気がある。

 しかし、やはり疑問が常にある。はたして本当に知能向上効果はあるのだろうか?もちろんこの手のジャンルは、一種のパズルゲーム的な面白さがあり、知能向上効果がなくても、一定層の需要は常にあるだろうが、とはいえミニゲーム集である。やはり、知能向上という謳い文句がなければこれほど一大ジャンルにはならないだろう。

 ということで、"また"研究報告があったので紹介する。この問題については、何度も何度も肯定否定それぞれの研究報告がなされている。意見の分かれるものはしょうがない。気持ちの良いほうを選んでほしい。

ゲームとして楽しければ良いんじゃないかな

「研究チームは、被験者8,563人に対してオンラインアンケートを実施、内1,009人の被験者は、2週間から5年以上、平均して約8ヶ月間の脳トレゲームのプレイ経験を持っていた。

 そして、全被験者に記憶力、推理力、言語能力など12の認知機能を評価するテストを実施、その結果、脳トレゲームユーザーには、記憶力、推理力、言語能力いずれにおいても非ユーザーに対して優位性を持っていないことがわかった。これは1年半以上のプレイ経験を持つヘビーユーザーでも同じだった。

 年齢、ゲームタイトル、教育、社会的経済的地位に細分化して分析した場合でも、やはりユーザーと非ユーザーとの間に認知機能の有意な差は生じなかった。

 認知学者のエリザベス・スタインモロー氏は、現実の世界における多様な状況での訓練こそが知的能力を向上させるとし、『ちょっとしたコンピューター作業をするより、それははるかに有用な時間の使い方でしょう』と語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: UNAMANZANA
 “ブレインパワー”ってなに?


名前: Noiprox
>>UNAMANZANA
 演繹的・帰納的推論、パターン認識、作業記憶、創造力、読解力などの様々な認知能力のパフォーマンスの総体。
 そのどれか1つで高いパフォーマンスを持つ場合は、他のパフォーマンスも同じく高いという強い相関関係をもっている(g因子と言われる)。それは、学歴、収入、寿命、主観的幸福度など、様々な尺度において高い予測力を持っている。


名前: Due_Communication936
 新しい言葉を学べばそれだけ認知機能は高まる。
 1語を知る者より10,000語を知る者の方がより世界を理解する。
 1つのことを知ってる者より1,000のことを知っている者のほうが、より高度な答えにたどり着く。
 脳トレで新しい言葉を学ぶことで知識を向上させられる。


名前: intentionallybad
 脳トレゲーって、誰でも認知機能をあげられますってもんじゃなくて、高齢者のボケ予防効果があるって話でしょ。


名前: NapClub
>>intentionallybad
 でも、”賢くなる”って言って売ってたぞ。
 まぁゲームの練習すれば、ゲームのスコアはあがっていくわな。


名前: TheStinkyRebel
>>NapClub
Range: why generalists triumph in a specialized world」という本に書かれていたことだけど、チェスチャンピオンだからって一般的な意味で知性が高いとは限らないと。
 脳トレも同じだろう、それはゲームの練習であって、一般的な知性を向上するなにかを学んでいるわけじゃない。


名前: justlookbelow
>>TheStinkyRebel
 思うに、真に賢くなりたいなら、新しいこと学び続けて神経回路を作りだすことだ。
 基本は、新しい経験をし知識を学び、それが他のどのような既存の経験や知識と関連性を持つか思考すること。


名前: redrightreturning
>>intentionallybad
 全く効果がないかはわからないが、何れにせよ誇大広告されすぎだわな。ゲームで訓練できるのは、おそよそのゲームが上手くなるための訓練だけ。
 一般的な知力の向上を図りたいなら、より複雑かつ現実的なタスクに取り組まなければならない。 現実世界のタスクは、注意力、記憶力、計画性、コミュニケーションなど、複合的な認知機能の実践だ。


名前: ShopBench
>>redrightreturning
 例えば、数独とかクロスワードとかもここでいう脳トレと同じだろうか?


名前: redrightreturning
>>ShopBench
 と思うよ。
 現実世界の1つの複雑なタスクを処理してるってことは、その中に含まれる単純なタスクも同時にたくさん処理している。でも、単純なタスクをたくさん処理したからといって、1つの複雑なタスクを処理しているとは限らない。
 数独やクロスワードは、難しさはあるにしても、”複雑”なタスクの処理とは言えないんじゃないかな。
 例えば、パーティーを主催するというような現実世界のタスクを想像してみて。計画して、リストを作って、決定して、予算を組んで、収支を計算して、時間管理もして、交渉事もしないといけない。
 現実世界のタスクは、本当に複雑で、それを処理することはどんなゲームよりも知性を必要とする。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit