にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【病気】コロナによる”むずむず肛門症候群”の存在が世界で初めて確認される

生活

 むずむず脚症候群(レストレスレッグスシンドローム)という病気がある。
 これは、読んで字の如く脚部にむずむずを感じてしまうというもので、それによって、どうしても体(脚)を動かしたくなったり、違和感で寝付けなくなったりするなど地味な嫌がらせをしてくる病気だ。原因については、まだ明らかではないが、おそらく中枢神経系の神経伝達物質であるドーパミンの働きがなんらかの理由で減衰しているのではないかと言われている。

 上で読んで字の如くと書いたが実際にはこの病気の症状は、必ずしも脚だけにしか現れないというわけではなく、腕や腰などの脚以外の部分にも現れることがあるそうだ。そして、今回、あらたにむずむずすることが確認された部位がある。肛門である。

むずむず肛門症候群

「日本の77歳の男性が、新型コロナウイルスに感染したため東京医科大学に入院した。症状は比較的軽症で、治療を受け数週間後に退院したが、退院後、すぐに恐るべき症状が現れた。

 その症状は、会陰(肛門と生殖器の間)から高さ約10cmの部分で"深い肛門の不快感"を感じるというもので、それによって"どうしても身体を動かしたい"という衝動が生じ、運動によって一時的に症状は緩和されるが、座ったり、夜になったりすると症状は悪化した。
 また、検査により内痔核(いぼ痔)が確認されたが、それ以外
では身体に異常はなかった。

 男性を治療した医師達は、今回の症状はむずむず脚症候群の変種であると考えている。コロナウイルスが中枢神経系にダメージを与えることがある事実にも関わらず、むずむず脚症候群とコロナウイルスとの関係性が報告されたことはこれまでになかったことから、これが世界初の可能性もある。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: QwithoutU1982
 この見出しは誰もが注目してしまうだろうけど、何千万の中に1人このような症状の患者が現れても、それが後遺症だと断言する専門家はいないだろう。
 ともかく、この人が全快することを願うよ。


名前: campelm
>>QwithoutU1982
 病院に行く時、この男性は医者に笑われるのではないかと心配したことだろう。
 でももっと悪い運命が待っていた。世界初のむずむず肛門症候群の患者として医学雑誌に載ってしまった。


名前: Balls_of_Adamanthium
>会陰(肛門と生殖器の間)から高さ約10cmの部分で"深い肛門の不快感"を感じるというもので、それによって"どうしても身体を動かしたい"という衝動

 うん、僕2回目のワクチン接種しに行くよ!


名前: Darryl_Lict
>>Balls_of_Adamanthium
>"どうしても身体を動かしたい"

 これって、ずっと便意があるってことなのかな。もう少し説明をしてほしい。いずれにせよ酷い話だ。


名前: sxzxnnx
>>Darryl_Lict
 まさにその通りで、この男性には、それが便意なのかむずむず肛門症候群の症状なのか知ることはできない。
 最悪は生活だろう。


名前: trez00d
 ひょっとしたら自分はこれかもしれない。
 少し生活のリズムが崩れると、尻とあそこがめちゃくちゃ熱痛くなる。


名前: Gil_V
>>trez00d
 悪いことは言わないから病院行きな


名前: BombaclotBombastic
 自分の場合豆を食いすぎるとそのむずむず肛門症候群とやらになるよ。
 夢の中でトランペットを吹いてるつもりが、妻に叩き起こされて「とんでもないおならをした」と怒られた。
 妻は銃撃されたと思ったとか。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit