にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【欧州】ドイツでは自家用車禁止運動が始まる

ヨーロッパ,環境

 環境問題に対処するためのアプローチは多様であるが、その多くは、"現在の生活水準を維持しながら、より環境に優しい代替手段を採用する"、というアプローチである。例えば、石炭発電所を減らして再生可能エネルギーに移行するとか、ガソリン車から電気自動車に移行するとか、菜食主義運動等もそうかもしれない。

 生活水準を意図的に下げるというのは、個人にとっても社会にとっても困難なことだから、代替手段の採用で済むのなら、それが最も穏便な方法だと言えるが、それだけではもはや環境の悪化に対処できないと考える人達もいる。

 そのような考えのひとつとして言えるかもしれない自家用車禁止運動がドイツで始まったようだ。

目標には電気自動車でも間に合わない

「ベルリン中心部における自家用車使用の禁止を求める市民運動は、世界最大の自家用車のない都市圏を生み出すかもしれない。キャンペーングループ”Berlin Autofrei”は、ベルリンSバーン内を自家用車使用禁止区域とすることを求める5万人以上の署名を提出した。
 このキャンペーンによると、一般的に自家用車は禁止されるが、仕事が車に依存している人、身体障害がある人は禁止が免除される。また、その他の人も年12回までレンタカーの使用が許可されるという。

 なぜこのような禁止が必要なのだろうか、電気自動車ではだめなのだろうか?
『政府が独自に設定した交通機関からのCO2排出目標の達成のためには、来年中にドイツの車の半分が電気自動車になる必要がありますが、現在ドイツの電気自動車率は1.3%にすぎず、それは明らかに不可能です。達成のための唯一の方法は、実際に運転の量を減らすことです』と、Berlin Autofreiのニック・ケストナー氏は語る。

現在と規制後のイメージの比較
引用元:こちら

 また、Berlin Autofreiの広報担当マニエル・ウィーマン氏は、『多くの共有空間が自動車に占有されていることも問題です』と、語る。ベルリン議会に提出された報告書によると、ベルリンの街路における交通量の内車は3分の1にすぎないが、交通のためのスペースの58%が自動車用に割り当てられ、自転車用は3%にすぎなかった。

『我々がどのように共に生き、呼吸し、遊ぶのかということです。我々は、窓を開けたまま眠り、子供たちが路上で遊び、高齢者の人々が自転車に安心して乗れて、一息つくためのベンチがたくさんある街を望んでいます』と、Berlin Autofrei創設者の一人ニーナ・ノーブル氏は語る。

 ベルリン州におけるイニシアティブのプロセスは、まず特定の時間内に法改正案に賛成する2万人の署名を集めること、次に17万人の署名を集めること、その後、州政府が改正法に反対する場合には住民投票が行われるというものである。今回、50,333人の署名の提出により、第一段階をクリアしたことになる。

現在と規制後のイメージの比較
引用元:こちら

 以前に、”自転車に配慮した交通法”を求めるイニシアティブが行われた時は、プロセスの二段階目で州政府が法案を採用したため、住民投票は行われなかった。特に今回は、9月の選挙で緑の党がベルリン州において躍進し、次期連立政権で大きな役割を果たすことになるため、今回のイニシアティブでも住民投票前に州政府によって採用がなされる可能性がある。

『環境省の調査によると、91%の人々は車がない方が幸せだと答えており、また、ベルリンでは自家用車所有率の3分の1ほどにすぎません。しかし、人々が必然的に支持してくれるとは思っていません。もし住民投票になれば、支持者のモチベーションを高める必要があるでしょう』と、ケストナー氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

 公共交通機関や自転車という代替手段を否定しない(むしろ促進する)し、また地域としても都心部だけであるから、今回のことで完全に生活水準が下がるわけではないようだ。とはいえ、仮にこの要求が実現すれば、より幅広い地域で同様の規制が行われていくかもしれない。この要求が実現するか、また実現した場合にどのような影響が生じるのか、要注目である。

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: ThrowRA_scentsitive
 車のない街に住みたい!


名前: skirtpost
>>ThrowRA_scentsitive
 私はよくデザインされた車のない街にすみたい。
 ベルリンがどうかはわからないけど、人々がどのように移動をするのか考えられた街であることを願うよ。


名前: ThrowRA_scentsitive
>>skirtpost
 ベルリンには公共交通機関が十分にあるし、それで街中を移動できるよ。
 ベルリンは面白いところは、これといった中心地がなく分散していることで、街の端から端までは1時間ぐらいかかるけど、その間にたくさんの楽しいスポットがあ


名前: MpVpRb
 うまくいく場所といかない場所があるんじゃないかな。
 公共交通機関が充実しているところなら良いのだろうけど、ただそれでも荷物が多いときは厄介。
 ニューヨークの地下鉄で大きな荷物を運んだことがあるけど、2度目は嫌だ。


名前: theuniverseisboring
 電気自動車は、排ガス以外の部分では従来の自動車の悪いところを受け継いでいる。
 都市の無秩序な拡大、車の依存、安全性、歩行者の邪魔その他


名前: NineteenSkylines
>>theuniverseisboring
 今後数十年で自動運転によってそのいくつかは改善されるかもしれないが、そうは言っても時間がかかるだろうね。


名前: aghicantthinkofaname
 スペインのどこかの都市で、たしか自動車を禁止してたと思うんだけど。


名前: Imnottheassman
>>aghicantthinkofaname
ガリシア州のポンテベドラ市だろう。 実際には、業務的な車の一時的な乗り入れは可能だけど、一般的に禁止されてる。いいよね。


名前: tatata7809
 ロサンゼルスに住む身としては、ベルリンの人よりよっぽどこっちの方がこの規制を必要としているんだけど。
 ここにも車禁止キャンペーンがあるといいのに。


名前: Alimbiquated
>>tatata7809
 ベルリンはすでに環境の整った都市だってことにも留意するべき。
 まずロサンゼルスの場合は、歩道や駐車場に敷石を敷くことで、雨水を流すのではなく浸透するようなことをするといい。


名前: thepokinator
>>Alimbiquated
 アメリカの歩道ってレンガじゃないの?


名前: Drop_
>>thepokinator
 ほとんどないね。あってもそのすぐ下にセメントやコンクリートが敷かれてるようなものばかりだろう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit