にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【南米】ブラジル・ボルソナロ大統領が、ナプキンやタンポンの無料支給法案に拒否権発動

中南米,生活

 現在世界的なムーブメントになっている"生理の貧困"問題。これは、経済的な理由で生理用品を購入できない女性や女の子がいる、というもので、日本でもテレビで取り上げられたり国や地方行政による取り組みが行われている。また、イギリス・スコットランドにおいては、世界初となる生理用品の無料提供法が成立している。

 ブラジルにおいても同様の問題はあるようで、議会において貧困女性・少女向けのナプキン・タンポンの無料支給法案が可決されたが、同国ボルソナロ大統領がこれに拒否権を発動したようだ。

それは特権か福祉か

ホームレス、囚人、公立学校の10代少女などに無料で生理用品を支給するという法案にボルソナロ大統領は拒否権を発動した。この法案は、560万人の女性が恩恵を得られるとして議会で承認された”月経にかかる健康促進法”の一部であった。

『大統領は、この法案について”公益に反する”と言っていますが、公益に反するのは生理のために少女達が毎年6週間ほど学校に通えなくなることでしょう』と、ブラジル社会党タバタ・アマラル議員は語る。
 ボルソナロ大統領は、貧困の処女や女性に生理用品を支給することは『特定のグループの利益になる』として拒否権の発動を正当化したが、アマラル議員らはこれに強く反発している。

 エスピリトサント州ジャクリーン・モラス副知事も『貧しい女性がタンポンを貰う権利は”特権”なのか?そうではない!それは社会政策であり、公衆衛生です!』とツイート、また、ブラジル中等教育連盟ロザナ・バローゾ会長は、『紙、新聞、パン粉を使って生理に対処している人々のことを想像したことがありますか?、これが特に若者達の現実です。パンデミックによる社会的不平等の悪化をさらに促進しています』と語る。

 国連児童基金UNICEFと国際連合人口基金UNFPAの報告書によると、ブラジルでは、約71万人の少女がトイレを利用できず、約400万人の少女が学校において十分な衛生設備を利用できず、内20万人の学校ではトイレ等の最低限の衛生設備さえないという。また、ブラジルでは、4人1人の少女が生理の貧困のために学校に通えていないと推定されている。

 政府は、この政策に必要な年8400万レアルの財源が不明瞭であると主張しているが、バローゾ氏は、それが保健省等の財源負担によることが法案に明記されていることや、法が施行されれば不衛生な生理用品の使用による合併症の治療費等について保健省の負担を軽減できることを主張する。

 バローゾ氏は、生徒達に生理用品を集めて学校で配るよう呼びかけている。
『これは我々が望む国の姿ではありません。なので、4,000万人以上の生徒達を代表するブラジル中等教育連盟を通じ、拒否権と戦い、この法案の成立を支援します』と語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

 日本でも賛否両論あるところの生理の貧困問題であるから、今後のブラジル・世界の動向が注目される。

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: lol2haha
 ブラジルの政府機能がよくわかないんだけど、大統領がそんなことできるの?


名前: busdriverbuddha2
>>lol2haha
 アメリカにとても似ているけど、いくつか重要な違いがある。

大統領が法律条項レベルの拒否権を持っている
副大統領は上院議長にならない
下院は比例代表制だからたくさんの政党がある
大統領の拒否権を無効にするには議会の絶対多数が必要
憲法改正には議会の3/5以上が必要
大統領・副大統領の弾劾には両院の2/3が必要
緊急時には暫定措置として大統領は60日間有効な法律制定が可能で、議会が無効又は恒久化の議決をしなければ、更に60日間更新可能
州や市はアメリカと比べて法制定の自由度が低く、例えば州犯罪等はなくて犯罪はすべて連邦犯罪になる
大統領は一般投票で選ばれる
大統領・副大統領であっても犯罪について免責されずに裁判を行う仕組みがある
副大統領職が空席になっても任期期間終了までそのまま空席
大統領・副大統領どちらも空席になった場合には、残りの任期期間のための新たな選挙がなされる


名前: cambeiu
>>lol2haha
 うん、大統領には議会で可決された法律の拒否権があるよ。2/3以上の議会の賛成で拒否権を覆せるけど。
 ちなみに、前の大統領選挙でボルソナロの対立候補だった左派のハダドは、サンパウロ市長時代に同じような法案に拒否権発動してたな。


名前: bigbear_mouse
>>lol2haha
 大統領は連邦政府の予算案についての拒否権も持っている。たしかこの政策には1人あたり0.25ドルぐらいの予算がかかったかと思う。
 ブラジルでは、これまでコンドームの無償提供や、性病検査、避妊薬も無料で提供されていたんだけど、ボルソナロによって予算が削られそれが一部提供されなくなった。


名前: ApocalypseYay
 まぁいつも通りのボルソナロじゃないか。こいつは人類についてコロナのような疫病、いやもっと悪いか。


名前: LVMagnus
>>ApocalypseYay
 私はコロナに対してはワクチンを打つという対処ができるが、ボルソナロに対してできることは違法なことしか思いつかないな。


名前: Blackfist01
 生理の貧困について調べてみるととても頭が痛くなってくる。
 ボルソナロがそれを推し進めようというなら非常に悪意に満ちたものだろう。


名前: PepeBabinski
>>Blackfist01
 アメリカだと女性囚人にタンポンを支給することに不満たらたらな人達もいる。
 代替案がなんであれ衛生的なもんじゃない。


名前: oddzef
>>PepeBabinski
 学校で支給されていることに怒る男性を見たことあるが、なぜ怒るのか意味がわからない。


名前: gimmethecarrots
>>PepeBabinski
 スコットランドでの生理用品無料配布が導入されるときに、”男のカミソリも無料にするべきだ”って怒っていたたくさんのアメリカ人がいたよ。
 一部の人達は生理用品を特権的アイテムのように感じるようだ。


名前: kebabsoup
 ボルソナロのような人物にとっては、女の子を学校に行かせないのはバグではなく特徴です。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit