にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【医学】幹細胞の助けを得て、骨のある尻尾を再生できるようになったトカゲ

生き物,生活

 "トカゲの尻尾切り“という言葉もあるように、トカゲは尻尾を自切すること、そしてそれを再生することができる動物として有名だ。
 ところが、この再生された尻尾、完全に元通りになるというわけではないらしい。というのは、持って生まれた尻尾には硬骨、つまり通常の骨があるのに対して、再生尾では、それが無くなってすべて軟骨になってしまうそうなのだ。

 だが、そんな気骨の無いトカゲにも朗報が!、新たな研究によって、骨のあるトカゲ(の尻尾)になる技術が開発されたようだ。

人間への応用が期待される

「トカゲは切断された尻尾を再生することができる動物だが、本来、再生された尾では元々の脊柱と神経とが不完全な軟骨管に置き換わってしまう。

 だが今回の研究による新しいトカゲの尻尾は、”背腹パターン”と呼ばれる尻尾を再生することができる。これは、背側に骨格と神経組織、腹側に軟骨組織を持っている完全な尻尾であることを意味する。
『2億5000万年を超えるトカゲの歴史の中で、背腹パターンの尾を再生できるトカゲはいませんでした』と、本研究チームリーダー、USCケック医科大学トーマス・ロジート助教授は語る。

 これを実現するためにチームは、まず胚発生の場合と成体における再生の場合での尾の形成を比較分析、その結果、どちらの場合でも神経系を構築する幹細胞である神経幹細胞(NSC)が中心的な役割を果たしていること、しかし、胚発生の場合の成体の再生の場合とでは、NSCがその振る舞いを変えてしまうこと、その結果、再生尾では、背腹パターンが生じないことが分かった。

 そこで、チームは、胚のNSCを遺伝子編集ツールを用いて編集、そして、これを成体の尾の切断面に移植したところ、背腹パターンの完全な尾を再生することに成功した。

『今回の研究は、爬虫類、鳥類、哺乳類を含めて、付属肢の再生が幹細胞治療によって顕著に向上した唯一の例であり、人間の創傷治癒にも役立つものです。トカゲの尻尾の完全な再生が可能になったことは、切断された人間の手足や脊髄等、自然に再生することができない傷の治療を改善するための青写真になります。我々は、このトカゲの研究が、医学のブレークスルーに繋がることを願っています』と、ロジート氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: pre-DrChad
 重要な部分は、成体の神経幹細胞ではなく胚性神経幹細胞を使うとことで、成体の神経幹細胞は軟骨しか再生しないが、遺伝子操作された胚性神経幹細胞は骨格や神経を再生させる、と。


名前: Montchalpere1
 ニューヨークに似たような研究をしている学者がいたよね。
 たしか、コナーズとかいう名前だったと思うけど。
 今、例のクモ野郎のせいで、ライカーズに収容されたそうだ。


名前: weissmeister420
 とても感動的な忍耐の美徳の物語だ。
 そのトカゲは尻尾を取り戻すために2億5000万年も耐えしのいだなんて。


名前: chigoonies
 僕はただ科学がいつ僕の尻尾を成長させてくれるのかを知りたいだけさ…


名前: Virulent123
>>chigoonies
 残念だけど、肥大薬はずっと前からでたらめだったんだよ・・・


名前: crackedbaseball
>>Virulent123
 うん、幹細胞を活用した巨大なあそこに思いを馳せよう・・・
 いやいや、まずそのためには切断することが必要なんだ。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit