にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【宇宙】アポロ計画以来の月面有人着陸アルテミス計画の1号機が来年2月打ち上げ予定

宇宙

 火星への有人飛行の展望が開いた今でも、なんといっても人類の宇宙への玄関口は地球の衛星月である。だが、1972年のアポロ17号以降、月面有人計画はその莫大な費用と直接的な利益が見えにくいこともあって、これまで行われてこなかった。

 しかし、昨今の宇宙開発・商業的活用の進展は、宇宙への玄関口としての月面に再び関心が向けられるのに十分な理由となった。そこでアメリカNASAでは、2017年から新月面着陸計画であるアルテミス計画を始動、ついに来年2月、その1号機が無人ながらも打ち上げられる予定となった。

 今回最も注目されている点は、スペースシャトルに代わるNASAの次世代打ち上げ機スペース・ローンチ・システム(SLS)と呼ばれるロケットが初めて使用されるという部分だ。

スペースシャトルというよりもサターンVの後継機?

「NASAは、次世代ロケット”スペース・ローンチ・システム(SLS)”の打ち上げを来年初頭に予定している。

 このSLSは、NASAが開発する次世代宇宙ロケットで、月や火星などに宇宙飛行士を運ぶことを目的としており、コアステージと呼ばれる中央部分に4基のRS-25エンジン、その外の2基の巨大ロケットブースターとにより、合計880万ポンドの推力を発生させる。

 アルテミス計画では、このSLSとオリオン宇宙船の2つがセットをなす。10月20日、ケネディ宇宙センターにおいて、SLS上にオリオンを搭載することが完了、来年2月12日にアルテミス計画の最初のミッション”アルテミス1号”として打ち上げられ、無人での月周回飛行を予定している。

SLS本体とドッキング準備中のオリオン搭載部分
画像引用元:NASA

 アルミテス1号の計画主任マイク・サラフィン氏によると、打ち上げ可能期間は2月12日から27日までで、それぞれの日に数十分から数時間の打ち上げ可能時間があり、そこで打ち上げができなかった場合、3月と4月にも2週間ずつの打ち上げ可能期間・時間があるとする。

 このように打ち上げ時期に幅があることについてサラフィン氏は、それは自転する地球と周回する月との位置関係と、オリオンの着陸条件によって生じるとし、また打ち上げ時期によって最大2週間ほどミッション期間も変わってしまうと説明した。

 アルテミス1号の目的は、2023年に有人飛行(月面着陸はしない)を予定しているアルテミス2号に先立って、SLSとオリオンが正常に作動するかチェックすることだ。さらにアルテミス計画としては、アルテミス3号として2024年にも有人での月面長期滞在を目指している。

SLS スペース・ローンチ・システム
画像引用元:NASA

 サラフィン氏によると、アルテミス1号では、月面突入の状況下からオリオンが帰還可能かもテストされ、他にも、宇宙空間での飛行中の動作データや、オリオンの宇宙での自撮り写真などが地球に送られてくるという。
 さらにアルテミス1号では、オリオンの他に10台の小型衛星もSLSによって打ち上げられ、これらの衛星は、深宇宙での放射線による酵母菌DNAへの影響調査や、太陽帆による飛行実験等を行う予定だ。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: is0lated
スペースローンチシステムにはこれまで多くの開発遅延が生じてきたが、ようやく大きな一歩を踏み出せるとよいのだが。


名前: moelini
>>]is0lated
ところで、なんでファルコンヘビーロケットを使わないのだろう?


名前: CRIPPLENCRUNCH
>>moelini
ファルコンヘビーには月低周回軌道上にオリオンを運べるほどのペイロードがないから。


名前: Chairboy
宇宙ジャーナリストのエリック・バーガーが今年始めSLSは2022年まで飛行できないだろうと言ったとき、たくさんの非難を浴びていたが、今一転彼らは沈黙している。


名前: Shrike99
>>Chairboy
バーガーは、2017年時点に2023年と予想してたね。
それはその時点では計画の6年の遅延を意味したから、やっぱりボロクソに叩かれたけど
ちょっとだけ悲観すぎただけで、彼の予想はほとんど正しかったようだ。


名前: UnluckyConstruction3
軍事予算の5%でもNASAに振り当ててくれたらなぁ…


名前: TybrosionMohito
>>UnluckyConstruction3
NASAの予算は230億ドル
軍事予算は7530億ドルで、その5%で380億ドルか
これは多いのか、少ないのか


名前: 404_Gordon_Not_Found
>>TybrosionMohito
610億ドルにもなれば2倍以上の予算ということになるけど、NASAの今の問題は予算より政治だから、どの道その90%は誰かの贅肉になるだけさ。


名前: MagicDave131
アポロ以来の月ロケットっていうけど アポロ以降にも月探査は何十回も行われているはずだがね。
それをいうとNASAの宇宙PRができないから伏せてるのかね。


名前: Kriss0612 [
>>MagicDave131   
例えばファルコン9は探査機を月に送ったかもしれないが、誰もそれを月ロケットなんて言わない。
月ロケットというためには、サターンVやSLSのように特に月にペイロードを運ぶことに焦点を当てて作られたものを言うだろう。


名前: knuckles_n_chuckles
SLSにできてスターシップにできないことが何かあるの?


名前: Infinite_Series3774
>>knuckles_n_chuckles
仮にスターシップが機能しなくなった場合、SLSが代替として機能するだろう。
もしスターシップが彼らが宣伝するようにうまく機能するのなら、SLSにしかできないことというのはあまりないかも。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit