にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【学問】多すぎる学術論文は、かえって進歩を停滞させるかもしれない

社会

 近年、学術論文の出版が爆発的に増えているということをどこかで聞かれたことがあるかもしれない。例えば、文部科学省科学技術学術政策研究所によれば、自然科学分野の論文について1981年に全世界の出版数が年399,305本だったのに対して、2019年には年1,722,607本と4倍以上に増加している。

 これは、中国を始めとした発展途上国からの出版数が増えたことのみならず、電子ジャーナルの普及により米国を始めとした先進国でも出版数が依然として増え続けていることが主な理由である。このことは、より多くの見識とより多くの機会が学術界、ひいては社会にもたらされていることになり、非常にポジティブなことのようにも思える。

 だが、この増え続ける論文が、かえって学術・技術の進歩を阻んでいるかもしれないと指摘する研究があるようだ。

学者もノスタルジーが好き?

新しい研究によると、最も大きな科学分野において、多すぎる論文のために、新しいアイディアが脚光を浴びることができなくなっているようだ。

 研究チームは、9,000万本の論文から得られる18億件の被引用を分析、その結果、分子生物学のような人気のある分野では、毎年10万本以上の論文が新たに出版されているにも関わらず、被引用数の大部分が上位1%の論文で占められていることがわかり、最高の被引用率を誇る論文は1976年に発表された論文で、1982年以来被引用率1位を保持していた。

 また、研究チームは、出版された論文がその年の内に被引用率上位0.1%に入る確率が、研究分野の規模が大きくになるにつれて急激に低下することも発見した。このことは、たとえ画期的な研究であっても、もはや新しい論文が多すぎて、論文が十分に読まれていない可能性を示唆している。

 今回の研究チームリーダーで、ノースタンウェスタン大学の戦略・組織学教授ヨハン・チュー氏は、『選択肢は山のようにありますが、多ければ多いほど良いわけではないのかもしれません』と語った。

 また、ミネソタ大学ミネアポリス校の社会学者ラッセル・ファンク氏は、この研究を評価し、定着している古い規範を塗り替えることは研究の発展に役立つだろうとする。実際、近年いくつかの研究では、イノベーションが減速してきている可能性が示唆されていると指摘した。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: Gloomy_Patience_7900
最近の論文は量産工場からのものか、著者の履歴書を埋めるために意図的に断片化されたものばかりだ。
せめて私は量より質を大事にしたい。


名前: >>Gloomy_Patience_7900
>>Gloomy_Patience_7900
残念だけど、昇進と終身雇用は質ではなく量と結びついている。


名前: Weekly-Ad353
本当に自分のアイディアに自信があるのなら自分自身でそれを展開していかないと
誰かが自分のために宣伝し発展させてくれるはずなんて期待しちゃいけない。
有名な学者を見ると、多くは自分自身で新しい領域を切り開いた人達だ。


名前: pb0316
前に見た記事に、研究分野の出版物は特定の学界の大物によって独占される傾向があるみたいな話があった。
そして、その大物が引退すると、新しいアイディアや技術がすぐに出現する傾向があるとか。


名前: Pleasegetoffmycase
>>pb0316
自分の分野では影響力をもった研究機関から最近Nature Methodsに掲載された論文があったんだけど
これが酷いもんで、たしかに主張それ自体は大胆で刺激的だったけど、論文中に示されている証拠では全く裏付けられていないものだった。
ただただネームバリューだけで掲載が決まったとしか思えない。


名前: cloverdoodles
哲学分野はまさにこれ。
毎年14,000本くらい新しい論文が出されているけど、引用されるのは20世紀半ばのビッグネームばかり。


名前: my_stupidquestions
少し違う話だけでども、自分の分野でさえついていくのが大変になってるせいか、ある分野での発見がそれとは別の分野へ波及していって、より知識が集積していくってことが、難しくなっていってる気がする。


名前: Skeptix_907
>>my_stupidquestions
そうだね、それぞれの分野が専門化していってるってのがあると思う。
ある分野で専門家と呼べるようになるまでには膨大な時間がかかりすぎる。
今やみんな自分の専門だけで精一杯、だからもうアリストテレスのような万能の博学者なんて今や存在しないのさ。


名前: urzrkymn
キャリアアップのためにはとにかく論文を発表することが重要になっている。
ゆえに、大量のゴミが出版される。籾殻の中から小麦を見つけるのは難しい。


著者抜粋翻訳・引用元:RedditReddit

サイト内関連記事