にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【健康】子供の乳歯を見れば将来の精神疾患リスクを測定できるかもしれない

生活

 歯は、人間では人生で唯一乳歯から永久歯へと一度だけ生え変わるもので、そのような仕組みになっている理由は、小さな子供の顎に最初から永久歯が生えているとバランスがおかしくなり、歯ひいては身体の健康を害するということにあるようだ。

 したがって、乳歯は永久歯が生えてくるまでの一時的な繋ぎとして永久歯よりももろく、永久歯さえ生えてこれば乳歯になにか未練を残す必要もないはずだが、研究によると乳歯に永久歯とは異なる新たな価値が発見されたようだ。それは、乳歯を調べることで将来の精神疾患リスクを測定できるというものだ。

乳歯なんて保管してないよなーたぶん…

「ハーバード大学付属マサチューセッツ総合病院の研究チームは、乳歯を調べることによって、将来の精神疾患リスクをもつ子供を発見できる可能性があると発表した。

 精神疾患の3分の1は小児期の困難の影響によるとされるが、この乳児期の困難については、記憶が曖昧であったり、それについて語ることに対して人々が抵抗を示すことがある。

『歯は、それまでの人生における経験を記録し続けています』と、研究チームリーダー、エリン・C・ダン氏は語る。
 栄養失調や病気などの身体的ストレスについては、歯のエナメル質の形成に影響を与え、歯にストレスラインと呼ばれる成長線の跡を残す。これはちょうど木の年輪のようなもので、歯についていえば母胎内や出生後の環境に応じて変化するが、通常ストレスが多い環境にあるほどストレスラインは太くなる。

 そこから、同氏は、成長線の一つである新産線を調べることによって、妊娠中及び出生後間もなくの間に母親が強い心理的ストレスを経験したかどうかを測定できるのではないかという仮説を立てた。

 そこで同氏は、他の研究者らと協力して5~7歳児の自然に抜けた乳歯(犬歯)を調べ、また、その子の母親に対する妊娠期や出生後のストレスチェックを行った。

 その結果、明確なパターンがいくつか発見された。まず、母親が重度のうつ病その他の精神疾患の既往歴がある場合、及び母親が妊娠32週時点でうつや不安を経験している場合には、その子供の新産線は他の子に比べて太くなった。一方、妊娠発覚後から、有意な社会的支援を受けることができた母親の子供では新産線が細かった。このような傾向は、その他の既に知られている新産線に与える影響(母胎の栄養状態、妊娠期間等)を調整したあとでもなお維持された。

 ダン氏は、この結果について、母親が抑うつや不安を感じると、エナメル質を生成する細胞を妨害する作用のあるストレスホルモン(コルチゾール)が多く分泌されるのではないかと推測しており、今後更に研究が進めば子供の精神疾患リスクを特定できるようになるのではないかと期待している。
『できる限り早い時期にリスクを発見し、実際に発病することを予防することができるようになるでしょう』と、ダン氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: communitytcm
原著論文へのリンク:こちら
これは、妊婦のストレスが胎児の歯の形成に影響を与えうるということを基本としている。
木の年輪のようなもので、よりよい環境では間隔が広くなり(線が細く見える)、悪い環境では狭くなる(線が太く見える)。


名前: thiscouldbemassive
一体どのタイミングでじゃあ乳歯を調べましょうってなるのか。
子供とその親の既往歴や面談で聞き取ればそれで、なにがあったか分かる話。
死体に対してうらいしか使い道ないんじゃないか。


名前: p-r-i-m-e
>>thiscouldbemassive
あなたにとっては驚くべきことかもしれないが、多くの人は自分のトラウマについて誰かに話したくない。


名前: thiscouldbemassive 1
>>p-r-i-m-e
あなたにとっては驚くべきことかもしれないが、多くの人は自分の乳歯など保存していない。


名前: p-r-i-m-e
>>thiscouldbemassive
この記事は子供を対象としているのだから、まだ乳歯を持っているか保存しているだろう。


名前: v3ritas1989
>>thiscouldbemassive
重要なのは、低所得者層、精神疾患者、ストレスの多い環境にある人などは、あまり子の主治医に対して自分の生活状況を事細かに説明したりはしないし、言った内容にも信憑性がないということ。
だから、『よし来週喉の検査をしましょうね。あぁそうだ乳歯も抜けているようだから、もし保管していればそれを持ってきてもらっても良いですか?』とかやり方を工夫すれば
『お前は毒親だよ、子供が病んでるから調べさせろ』よりよほど良いアプローチができる可能性がある。


名前: thiscouldbemassive
>>v3ritas1989
他の国ならともかく、このアメリカに、乳歯を調べさせるために何百ドルも払おうという親なんていない、ましてや虐待的な親ならなおさら。
費用の面でも動機の面でも全然現実的じゃない。それが可能だと思っていることに驚くわ。
やっぱ法医学以外では役に立たない。


名前: rsg1234
面白い記事だけど、乳歯の犬歯が5~7歳で落ちたというなら、精神疾患を心配する前に別の原因を心配したほうがいいぞ。普通それが落ちるのは9~12歳だ。


名前: alexxerth
たしかに幼少期の困難は精神疾患の重要な予測因子だし、歯は幼少期に困難があったことを示す可能性があるが
歯に影響を与えるストレスは精神的なものだけでなく、病気や栄養失調その他いくらでもありうる。


名前: NikitaSwa
>>alexxerth
記事読んでないでしょう。
記事にかかれているのは、子供自身というよりも母親のストレス状態について 妊娠期間中に母親のストレスレベルが高いと新産線が太くなるということ。
つまり、子供自身がストレスやトラウマにさらされる前から精神疾患が予測されると言っている。


名前: elpandush
>>NikitaSwa
胎児の間に母体がストレスを受けると、産まれてきた子も既にストレスを受けた状態だという前提があるということ?


名前: Standard-Ranger-1167
もし調べた乳歯が銀歯であれば、その子供がサイコパスであると断定できます。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事