にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【宇宙】小学校の授業科目に”宇宙”がある時代がくるかもしれない

宇宙

 今でも学校の授業で、理科や物理あるいは社会や歴史などに関連して宇宙について多少学ぶことはあるかもしれないが、まだまだ間接的なものであり、宇宙への関心や宇宙に関するより広い知識については、好きな人だけがそれを持つ分野といえる。

 だが、これからの宇宙時代、宇宙への旅行、宇宙での生活が当たり前になるかもしれない時代にあっては、万人が宇宙についてより深く知り関心を持つことが求められているのかもしれない。
 アメリカ宇宙軍ロジャー・タウバーマン最先任上級曹長は、宇宙についての子ども達への早期教育の必要性を訴えた。

宇宙のイメージ、ロマンとロマンとそれからロマン

「アメリカ宇宙軍のロジャー・タウバーマン最先任上級曹長は、米エアロスペース社から受けたインタビューの中で、国家教育省長官は国家宇宙評議会に参加するべきではないかと考えを示した。

『小さな子供達に対して、どのような宇宙へのイメージを与えるか、関心を持たせるためになにができるのか、そういったことを国家宇宙評議会で考えていくべきかもしれません』と、タウバーマン氏は語る。

 現在タウバーマン氏は、宇宙軍のブランド大使のような役割を担っており、才能ある人材を宇宙軍に招くことに力を注いでいる。
 その上で、今ある宇宙に関係するキャリアについてのメッセージが、ただ技術そのものに向けられており、その技術から生じる恩恵にまつわることまで伝えられていないという。

STEMといっても、それがすべての才能ある子供達を惹き付けるだけのブランドイメージを持っていないのです。例えば、医学に対しては思いやりや奉仕など人々の役に立てるというイメージがありますよね。そういったイメージが才能ある子供達を医学の道に進ませているのです』と、タウバーマン氏は語る。

 一方、例えば宇宙技術である人工衛星などにしても、それが人々の生活に大きな恩恵を与えているにも関わらず、その価値が宇宙にまつわるブランドイメージにあまり反映されていないという。

『宇宙に関わることによって世界に貢献できるということを子供達に伝えていく必要があります。これは技術開発そのものの話ではありません。その技術があるから生まれる新しい世界でできることがあるということです』と、タウバーマン氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: e2a0s1
こういう逸話もあるよ。
ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられた時、最初故障していてぼやけた画像しか送られてこなかった。
修理には数年かかるだろうということで、NASAの学者たちはぼやけた画像のほうを鮮明化させるソフトウェアを開発した。
その技術が応用されてマンモグラフィーの精度を向上させて、乳がんの早期発見に役立つようになったんだ。
宇宙の重大問題を解決することが間接的に地球上の全く別の問題を解決するっていうことはよくある。


名前: the_angry_wizard
>>e2a0s1
ソースある?疑っているわけではなく、宇宙技術が応用されて別の問題を解決する話が好きなんだ。


名前: dont_comment_
>>the_angry_wizard
これでいいかな、Hubble mammogramでググって最初に出てきた記事
https://www.mentalfloss.com/article/560387/how-hubble-space-telescope-helped-fight-against-breast-cancer


名前: starminder
>>e2a0s1
別の逸話として、自分は目が悪くてレーザー手術を受けたことがあるのだけど
そのときに使われた技術は補償光学っていう天体観測時に受ける大気のゆらぎの影響を軽減するための技術を応用したもの。


名前: condor16
>>e2a0s1
他の例としてコードレス電動工具っていうのもあるね。
あれは元々宇宙飛行士用に開発されたもので、今では建設現場のどこでも使われている。


名前: VivecWasAnInsideJob
教育者に軍の意思決定に参加してほしいと軍側から求めることは素晴らしいことだね。
教育に重きを置かないという軍の固定観念に反してよい前例になるだろう。


名前: theexile14
>>VivecWasAnInsideJob
でも軍の上層部ってみんな超高学歴だよ。だからペンタゴンはとても教育を重視しているし昇進に必須


名前: inthegarden5
>>theexile14
軍は子供への社会福祉の熱心な支持者だよ。
子供への投資がより教育を受けより健康的な若者を生み出すという形で還元されることを心得ている。


名前: ChebyshevsBeard
>>inthegarden5
健康で教育水準の高い国民というのは最も重要な安全保障のための資産だからな。


名前: Toad32
まずやるべきこことしてNASAの見学ツアーの入場料を下げてはどうだろうか。
数週間前に子供をそこに連れて行ったのだけど300ドルかかると分かって、諦めてビーチに連れて行ったわ。


名前: zombient
>>Toad32
それたぶんケネディ宇宙センターの見学ツアーでしょ。
あれは独立採算でやっているから政府からの財政支援がないんだよね。


名前: je_suis_suisse
>>Toad32
その手の観光ツアーはNASAではなく貪欲な請負業社が運営してるからな。
ワシントンDCにある航空宇宙博物館に是非来ると良い、タダだ。


名前: travy_burr
>>je_suis_suisse
自分はスミソニアン博物館が好きだね。DCでのお気に入りスポット


名前: WhiskeyWomanizer
>>Toad32
たしかにジョンソン宇宙センターと比べると随分高いけど、まぁケネディ宇宙センターのほうが色々見どころあるだろうからね。
私はジョンソン宇宙センターの見学ツアーに参加したことあるけど、アポロの管制室とか見て回れて、宇宙飛行士と一緒に昼食までとれて90ドルだったよ。


名前: jryan8064
良い提案だと思うけど逆の方がなお良くない?
つまり、教育委員会の方にNASAの人を送って宇宙カリキュラムについて説明してもらう。


名前: BeaconFae
>>jryan8064
軍が予算についてフリーハンドを持っていることを考えると、教育の場にNASAが参加するよりも
教育関係者が軍のほうに参加するほうが、予算を引き出しやすいんじゃないか。
議会は教育にもNASAにもお金を使いたくないと思っているからな。一方軍にはいくらでもだ。


名前: Tentapuss
>>BeaconFae
バカバカしい話だ。どれだけNASAが軍にも貢献しているのか議会は考えられないのかね。
弾道ミサイルや衛星ネットワークはどこが貢献してできたものか議員たちはしらないのだろうか。


名前: DeadFyre
アメリカの教育システムを批判する人が多いが、OECDによれば、アメリカは、カナダ、日本、イスラエル、韓国に次ぐ5番目の教育水準を持つ国だ。
問題はシステムじゃなくて、多くのアメリカ人が教育に価値を見出していないってこと。
議会は人々の気持ちを良くさせるために、人々のせいでなくシステムを批判する傾向があるし、今では実際にシステムまでおかしくなってきている。
最も高額の給与を受け取っている公務員は、50州の内40州で大学の部活(通常バスケかアメフト)の監督だとか。


名前: thegnuguyontheblock
>>DeadFyre
その傾向の例として、最近ではギフテッド教育を廃止しようって流れになってきているね。
誰かを成功させることよりも、成功した誰かを見た誰かが傷つかないことのほうが今は大事らしい


名前: Revanspetcat
>>DeadFyre
別の問題として、今最も才能ある層はビックテックとかに行くっていうのもある。
再生可能エネルギーや宇宙、気候変動に対応した遺伝子組み換え作物を作成とか、社会的に有益でそれでいて難しい課題にとりくむより
FacebookやTwitter、Netflixとか非生産的で倫理的にも怪しい業界に才能が消費されていくの。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事