にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【心理学】人間関係の終わらせ方であなたのサイコパス(+ナルシスト・マキャベリスト)度を判定できるかも

心理学

 サイコパシー(サイコパス)ナルシズムマキャベリズムは、その共通点から合わせてダークトライアドと呼ばれることがある。共通点とは、自分自身に夢中で他人への共感性に欠いて利己的であるということであり、そのような理由からそれらは非常に悪性な人格特性であると考えられている。

 したがって、彼らは一般的に他者を傷つけやすい傾向があると考えれているが、その手段のほとんどは非暴力的なコミュニケーションの中に存在し、誰かとの別れというもっとも感傷的になる場面でさえそれを行いがちなようだ。

相手のことを思ってすっぱりという場合も…まぁまずないか

「人間関係の終わり方の1つに“ゴースティング(ゴースト化)”がある。これは、相手との関係を、連絡に返信しない、SNSや出会いアプリで相手をブロックするなどによって終わらせることをいう。
 新たな研究によると、ダークトライアドの人々はこのゴースティングを好むことが発見されたという。

 調査はアメリカ人の男女341人を対象に行われ、まず調査におけるゴースティングの定義(“恋愛・性的関係にある相手との関係を、突然、ほとんど又は全く説明せずに終わらせる”)を説明し、その次に質問への回答によってダークトライアドの特性の有無・程度を調査、最後に、“ゴースティングは短い・長い関係の終わらせる手段として肯定される”かどうかを、そしてこれまでにゴースティングを行ったことがあるかについて回答を求めた。

 その結果、①ダークトライアドの特性をより強く持つ人ほど、短い関係の終わらせ方としてゴースティングを肯定する傾向があること、②ナルシストの男性はナルシストの女性よりもよりゴースティングを肯定する傾向があること、③ゴースティングを行った経験がある人は、そうでない人よりもサイコパス・マキャベリストの特性が強いことがわかった。
 他に、④すべての人が長い関係よりも短い関係のほうでゴースティングを肯定する傾向があること、⑤ゴースティングを行った経験がある人は、ゴースティングを肯定する傾向があること
わかった。

 研究チームはこの結果について、ダークトライアドの特性が強いほど相手への共感性が低くなり、自分のゴースティングによって生じる相手の心の痛みに無関心になるのではないかと推測している。

 ただ、ゴースティングを行ったからといって当然にダークトライアドの特性を持つとか悪意を持っているというわけではない。今後の研究で、どのように理由で人々はゴースティングを行うのかより詳細に調査されていくことだろう。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: nouslobster 3
新しいことはなにもない、それはただ共感性の低い人の特徴というにすぎない。


名前: taylordevaughn
>>nouslobster
ゴースティングをする人のほとんどが共感性の低さゆえだと思うの?


名前: nouslobster
>>taylordevaughn
うん、それがまっとうな想定だと思うよ。


名前: VeniVidiShatMyPants
>>nouslobster
不安感ゆえにゴースティングをする人もいる。


名前: Recondyt
基本的に人間関係はそれが不要になればぱっと捨てるのが一番合理的だ。
それこそダークトライアドな奴との関係を切りたければゴースティングが最善の策だし。


名前: FeministAsHeck
>>Recondyt
私もそう思う。出会い系アプリとかそうだけど、単にやることだけが目的の相手にどうして関係を維持しなければならないのか。


名前: InSilenceLikeLasagna
>>FeministAsHec
まぁ状況次第なわけで、基本的にある程度親交を結んだ相手なら、別れるときでも最低限の礼儀は必要だと思うよ。


名前: FeministAsHeck
>>InSilenceLikeLasagna
それはもちろん理解している。ただやっぱりそれは“友達”と言えた関係ならという話で
私が言っているのは、もっと薄い関係でのはなしさ。


名前: Wasthereonce
出会い系アプリによって、ダークトライアドの特徴が助長・強化されるという研究がある。
つまりこういったアプリでは、ゴースティングはむしろ非常に当たり前で日常的な行為で
最初はそれがダークトライアドの特徴を持つ人から始まったとしても、今では誰もがそうだ。 


名前: Reinheardt
ゴースティングはむしろ恐れから生じる行為だと思うけどなぁ。
例えば私がそれをしたいと思うときは、誰かを傷つけてしまうかもしれないとか、厄介な話になるかもしれないとか恐れがあってそれを避けようとするため。


名前: Amazing_Wolverine_37
>>Reinheardt
同感、特に女性の場合は男性を拒否するというのは強い恐れを抱く行為だし。


名前: JannisJanuary4
>>Amazing_Wolverine_37
どちらもだろう、恐れの場合もあるし、共感性の欠如による場合もある。


名前: RedrunGun
ゴースティングをしたことはあるけども、自分を共感性がない人間だとは思わない。
思いやりはもちろん必要だけど、時には相手に最後のチャンスさえ与えたくないケースもある。
自分の行動によって問題のある相手を変えられないと思ったときは、ただ黙って去るのが得策だ。


名前: edstatue
>>RedrunGun
この研究はゴースティングの意味をもっと縛るべきだよね。
自分にとって有害な人物を排除しようという場合には、それはダークトライアドとなんの関係もない。
特にオンラインの関係はゴースティングが起きやすいだろう。それはたしかにオンラインの性質として共感性が鈍くなるというのはあるだろうけど、イコールダークトライアドというわけでもないだろう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事