にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【教育】ただシラバスを読むだけで50ドルのチャンスも、誰も読んでいないことが判明した悲しい実験

生活

 学生が受講科目を決めるにあたって参考資料として渡されるシラバス、今は電子化されているものも多いと思うが、これを学生達は実際どれくらいしっかりチェックしているのだろうか。

 おちゃめな先生が学生達がシラバスをしっかりと読んでいるのか確認するための実験を行ったようだ、それもご褒美つきで。だが、結果はこの先生にとって少々がっかりな、そして対処の必要を感じるものなったかもしれない。

いや、それでも読まないのが学生というものだ

「シラバスを学生達はしっかりと読んでいるのだろうか?
 テネシー大学チャタヌーガ校の副学部長ケニヨン・ウィルソン教授は、音楽科目のシラバスにイースターエッグ(隠しヒント)を入れることでそれを確認することを試みた。

 “~したがって、(147番のロッカー、ロックの解除は15,25,35、最初に見つけた人にプレゼントあり)補講が行われない可能性があります。また~”、という一文を説明欄に挿入したのだ。そのロッカーに最初にたどり着いた学生には50ドルがプレゼントとして与えられる。

 そして、学生71人がこの音楽科目を受講した。しかし、学期が終わり、ウィルソン氏がロッカーをチェックしに行ったとき50ドルはまだそこに残されていた。
『学生がシラバスを読まないということは大学における常識ですよ。誰もアプリの利用規約を読まずに同意だけして読んだことにするのと同じようなものです』と、ウィルソン氏は語る。

 ロッカーの中には、”おめでとう!誰が見つけたか分かるように名前と日付を書き残してね”というウィルソン氏が置いておいたメモも何も書き残されずそのままだった。ロッカーのロックにも操作が試みられた痕跡はなかった。

ウィルソン氏がロッカーに残したメモ
画像引用元:こちら

『面白い試みだと思いました。この科目の授業形式はいつも同じなので通常学生達はわざわざシラバスを読み込みはしません。でも今回のことで例え同じ内容が予想される場合でもしっかりとシラバスを読み込む重要性を学生達も気付かされたでしょう』と、同大学を卒業したばかりでプレゼントをもらいそこねた学生の一人、ヘイリー・デッカーさんも語った。

 この一連の経緯をウィルソン氏はFacebook上に投稿、それは学生からの反響を呼び、のみならず全国の教職員達にアイディアを提供するものとなった。
『2022年の春のシラバスは、歴史上最もよく読まれたシラバスになるかもしれませんね』と、ウィルソン氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: 8lb6ozBabyJsus
😁自分はちゃんとシラバス読んでるよ。読まないとどれだけサボれるか分からないじゃないか。


名前: Crowbarmagic
>>8lb6ozBabyJsus
そうそう、その授業で単位とるのに最低限何が必要か、どの科目を優先するべきかとか重要な情報の宝庫だ。


名前: PhoenixAgent003
自分も、『出席さえしてれば試験がダメでもBは取れそうだな』とか『3日まで休めるの?じゃ休むわ』って感じで活用してる。


名前: STEELCITY1989
>>PhoenixAgent003
うん、とにかく何日出席しなくていいかはまじで大事。


名前: BigPZ
>>PhoenixAgent003
毎回の宿題(1時間ぐらいかかる)の点数割り当てが5%だったから、一度も提出せずに85%を取った男がここに。


名前: deformo
>>BigPZ
高校大学時代の自分もそんな状態だったね。宿題を提出しないことの説明を求められたら
“期末で90点以上取っているんだから、私がちゃんと勉強してることは明らかですよね?”で論破
大学2年の時にはある先生から“宿題も出さないし講義にも出席しないんだから単位を渡せない”と言われた。
でもその分野の初歩の初歩のような科目だったから、私は“期末でトップの成績をとりますから”と言い張り
期末では1問だけミスったけど先生は単位をくれた。


名前: Woolagaroo
妻がオンライン非常勤講師をしてて期末試験のときに必ず『この講義の先生の名前は?』という問題をいれてた。
何ヶ月もの授業のあと、それも資料持ち込みありの試験だからね。でも毎回数人の生徒がそれで落ちるんだそうだ。


名前: mynameisethan182
>>Woolagaroo
歴史の科目で似たようなのがあったよ。その先生は講義のときにしばしば飼い猫の話をしていたんだよね。
それで口頭試験方式の期末試験のとき、普通なら『天安門事件とはどのようなものでしたか?なぜそれが歴史上重要なのですか?』みたいな質問があるわけだけど
私の前の生徒が受けた質問は『私の飼い猫の名前は?』
その生徒はそれに完璧に答えてそれで試験終わり。次に私の番
ホーチミンルートとはなんですか?その目的などを答えてください』
私は先生に『まじですか?だって前の生徒には猫の名前を聞くだけで私にはホーチミンルートを説明しろと?そりゃ答えられますけど…ちょっと納得いかないんですけど…』と言ったら
先生は笑いだして、合格にしてくれた。
あれのお陰なのか今でもホーチミンルートのことはよく覚えている。決して忘れることはないだろう。


名前: Dyslexic_Llama
>>mynameisethan182
ある男性教授が話してくれた話しなんだけど、昔同じ学科内に同じ名字を持つ女性教授がいたそうで
その男性教授が受け持ってる科目の単位を落とした生徒が、自分は最低でもCは取れているはずだと女性教授に抗議にしに行ったってことがあったらしい。
もちろん性別も違えば、年齢も違うし、外見の特徴に何も一致するところがないにもかかわらずだ。
自分の先生の顔さえ知らない生徒も実際にいるんだよねぇ。


名前: nofftastic
これ読んだ上でロッカーまで行かなかっただけじゃないかな。
たぶん自分ならそのヒントに気付いてもどうでもいいと思って読み飛ばす。


名前: LadyManchineel
>>nofftastic
“最初の見つけた人”なんて書かれているのを見たら、まぁもう誰かが先に見つけてるだろうと思って気にしないよね。


名前: DrMonkeyLove
>>LadyManchineel
それにたとえヒントに気付いても自分のでもないロッカーを探りに行くのは中々に億劫な話だ。


名前: cerevant
多くの大学においてシラバスは契約書のようなもので、成績認定について争いがあるときは必ず証拠となるものだ。だから、読まない奴はアホ。


名前: merlin401
>>cerevant
学校側としても別に学生がしっかりと全部ちゃんと読むなんて期待してないよ。
そして学生も、課題、成績、教科書とか自分にとって重要なところだけを読む。
まさしく利用規約とおんなじだね。


名前: 180secondideas
>>cerevant
シラバスが全部同じようなものならそうかもしれなけど、でもそうじゃない。
私も教授で私のシラバスは大体1.5~2.5ページぐらいだけど、同僚の中には両面9ページに渡るシラバスを作る奴もいる。
そんなの私なら読まないし、それをアホだというならしょうがない。


名前: TromboneSlideLube
>>180secondideas
6ページに渡る“シラバスの紹介”と、10ページに渡る本当の“シラバス”をもつ有機化学の授業があったなぁ。


名前: 180secondideas
>>TromboneSlideLube
そこまでいくともうオナニー以外のなにものでもないな。


名前: Traevia
シラバスを見ないってのは科目によってはそうなのかもしれないけど
私についていえばシラバスはきっちり全部目を通すし、工学、化学、数学の授業を受けてる学生はみんな読んでる。
成績評価の基準や、授業の進行方針その他の講義に必要なことが載ってるわけだからね。


名前: Rawkynn
>>Traevia
重要な部分はもちろん読むんだけど、自分の大学のシラバスだと、多様性がどうだとか、学生のケアがどうだとか
どのシラバスにも必ず記載されてるから、その中にヒントが隠されてても絶対読み飛ばしてるわ。


名前: LadyManchinee
>>Traevia
うちの方だとシラバスについての小テストをする先生や、初回授業が全部シラバスの説明なんて先生もいた。
1月中にあと4冊はシラバス読まないとなぁ。ようやく次の春に35歳にして学位が取れそうだ。遅れたけど取らないよりはいいだろう。


名前: ThePfeiff
>>LadyManchineel
同じく!自分も35際で来年学位の取得予定。遅れたんじゃなくて景色を楽しみながら歩いてきただけさ。


名前: mpfritz
>>LadyManchineel
大学教授をしているけど、年配の学生こそ熱心さと他の生徒にはない視点をクラスに提供してくれるから特に好意を抱ける生徒になる。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit