にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【犯罪】あるトラックドライバーに懲役110年が科され、その減刑を求めて430万以上の署名が集まる

生活

 2019年4月、米コロラド州の高速道路上、トラックが大幅な速度超過とブレーキ故障により他の複数の車輌と衝突、炎上して4名の死者と10名の負傷者を出す事故が発生した。そして先日、そのトラックのドライバーに懲役110年の判決が下った。

その事故後の消防中の写真
画像引用元:YouTube

 彼のこの事故についての罪は、日本でいうところの危険運転致死傷罪にあたり、殺人罪などではないことを考えると懲役110年というのは過大なように思われる。だが、この懲役110年というのはどうやらその罪だけに基づくものではないらしく、コロラド州法によりその他に彼が行った様々な別個の罪について合算した刑期となっているようで、この判決の妥当性を疑問視した減刑を求める署名が現在行われており、その署名者の数が430万人を超えたそうだ。

余罪多いなぁ…

「2019年に起きた死傷者を出したトラックの衝突事故について、そのドライバーに懲役110年が科せられたことに人々の怒りが高まっている。

 change.org上では、ロゲリオ・アギレラ=メドロス被告(26)の減刑または恩赦を求める請願署名活動が行われており、月曜朝の時点までに430万人以上の署名が集まった。
 また、全米中のトラックドライバーが彼との団結を表明し、コロラド州における輸送を止めるぞと警告する“#NoTrucksColorado”、“#DontDriveColorado”などのSNSハッシュタグキャンペーンを行っている。

ロゲリオ・アギレラ=メドロス被告と事故の写真
画像引用元:YouTube

 彼は、トラックを時速85マイル(約137キロ)で走行させているときにブレーキの故障に気付き、車を路肩に寄せたようとしたところで既にそこに停車していた車と衝突したと証言している。
 そして、その結果、28台の車両の玉突き事故を起こし4人の死者を出した。

 先週、この事故及びその他23件の罪により彼に懲役110年の有罪判決が下された。その他の23件の罪は、第一級暴行罪6件、その未遂10件、危険運転致死傷罪2件、無謀運転1件、過失運転罪4件である。

 デンバー大学ロースクール、イアン・ファレル教授によると、コロラドでは死刑が廃止されたため、現在は長い懲役が最も重い刑罰となっているという。
『23件の重罪があるわけですから、それらが最低刑でも重畳的に加算されればその懲役の長さは膨大になります』と、彼は語った。

 change.orgでの署名活動は、アギレラ=メドロス氏とは個人的に無関係であるとするコロラドの女性によって行われているもので、彼女はサイト上に『署名を募集する理由は、私がコロラド出身で、今回の件は純粋な事故でありアギレラ=メドロス氏が罪人であるとは思わないからです』と、請願の趣旨を載せている。

 他方、亡くなった人々の遺族は、自分達こそが真の犠牲者であり、今回の判決が法に基づく適切なものであるとしている。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: dalenar
記事に書かれていない部分について補足したいと思う。
今回の判決は、特定の犯罪について合算して併科するというコロラド州法の結果であり、その点について裁判所には裁量がないから彼らに落ち度はなかった。
また一方で、その法律は“特別な情状酌量の事情”がある場合には判決後に再審理をする権限を裁判所に与えているから、今後裁量的減刑がなされる可能性もあるし、検察官もそれを促しているようだ。
合算の対象になったのは第一級暴行罪と未遂だが、それぞれ1件あたり懲役10年または5年の刑が科せられ
それらは量刑上の最低刑だが、先の合算の結果として懲役110年に及ぶこととなった。


名前: IAm-The-Lawn
>>dalenar
検察官も110年はばかげていると分かっていることには少し安心だな。
より短い刑期となることは期待しているが、それでも20年を超えている必要はあると思うねこの件は。


名前: Rawrfiend
>>IAm-The-Lawn
この男は、訓練を受け免許を受けたトラックドライバーであるにもかかわらず、事故を起こすまでにいくつもあったスピードを落とす方法をなに一つとらなかった。
彼はたしかに混乱していたのだろうが、その結果何人もの命を奪った事実を軽視するべきじゃない。
まぁとはいえ110年は長すぎるだろうけどね。


名前: moleratical
>>Rawrfiend
免許は持っていたのかもしれないが、十分な訓練を受けていたとは思えない。


名前: IAm-The-Lawn
>>moleratical
訓練不足で不測の事態にパニック起こしてフリーズしたって感じだよな。
彼にCDL(商用運転免許証)を認めた奴も罪に問われるべきだわ。
運送業界について詳しくわからないからあれだけど、CDLの取得にトラック会社が関係しているならその会社も。


名前: angiosperms-
量刑下限義務は廃止されるべきだと私も思っている。
ただ、この署名に関して言えば寄せられているコメントを見るに、これを純粋な事故で彼は無罪だみたいな量刑下限の問題とは全然別方向の話にいってしまっているようだな。
この事故は彼の度重なる間違いに起因するもので、たしかに彼は計画的殺人犯ではないが、だからといって無実でもない。
それに、不可避の事故であったとすることは、彼を雇っていたトラック会社にとっても責任を免れる理由にもなる。
運送会社が利益のためにめちゃくちゃやってるのは有名なんだから、彼らもまた無実にさせてはいけない。
著者注:量刑下限義務は、量刑について裁判官の裁量によっては下げられない限度(最低刑)があることを意味し、今回の事件について言えば、第一級暴行罪既遂10年未遂5年などがそれであり、それらの罪の最低刑を合算していった結果懲役110年に至ったというのが今回の判決である。


名前: DarkSideMoon
>>angiosperms
どこかにちゃんとこの事故についてちゃんと書かれている記事ないかな?どれ見てもなんか漠然とした解説ばかり。
ブレーキの点検を怠った?速度超過?坂を下っているときにパニックになった?
個人的にもしパニックだけだったのなら、その罪は刑務所に入るには値しないと思う。逆に、前の2つなら重い刑が科せられても文句言えない。
もちろん110年ではなく、ドライバー達が義務を履行しなければならないと感じられる程度の妥当な刑期という意味で。


名前: reeper147
>>DarkSideMoon
たしかこの事故では、ドライバーがランナウェイランプをいくつも素通りしてたんだよね。
ランナウェイランプってのは、高速道路の脇にあってトラックとかが減速停止できるように砂利が敷き詰められている場所のこと。
でも彼はブレーキが効かなくなっていることに気付いてからもいくつかのランナウェイランプを無視して走ったことがわかっている。
彼がそれを知らないほど無知であったのか、自分でブレーキを直せると思うほど愚かであったのか
あるいは急ぐために他人の命を犠牲にすることを厭わないほど傲慢だったのか
さぁどれか、私にはわからない。


名前: IGG99
>>DarkSideMoon
この男は
・自分の資格を偽っていた
・全く経験のない運送ルートを希望した
・必要なエンジンブレーキ訓練を受けておらず、故にそれを使うことができなかった
・資格を偽っていたためにトラックのコントロールを失った
・制限速度を30~50マイル(約50~80キロ)オーバーしていた
・ランナウェイランプを2,3つ無視した
・彼が意図的にランナウェイランプを避けたことを示す動画が残っている


名前: troglodyte
>>IGG99
この事故についての経緯の詳細を隠す記事が多くて困惑してるよ。
この判決の問題は、冤罪で有罪となった男がいるということではなく、量刑下限義務の結果非常識に長い懲役になっているということなのに。
減刑自体には賛成しているけど、多数のミスをおかした結果4人を亡くす事故を起こしたことの責任を彼は負わなければならない。


名前: Sinister-Lines
誰もこの男が無実だと思っているわけではなく、ただ刑期が長すぎると考えている。
検察官は考えうるすべての罪を合算して起訴し、裁判官は泣く泣く110年の判決を下すに至った。
量刑下限義務のあほらしさをよく示す象徴的判決だよ。


名前: ViciousNakedMoleRat
>>Sinister-Lines
量刑下限義務自体というよりも、量刑下限義務と合算併科主義が同時に行われるときにでたらめな判決が誕生してしまう。
誰か1人をレイプして捕まっても、そいつは数年もすれば刑務所から出てくるだろう。
一方、不注意でガス漏れを起こして20人を死亡させた奴には懲役150年が科せられる可能性がある。
たしかに後者のほうがより多くの被害者を出しているのはその通りだけど、その後の社会にとって前者と後者どっちのほうが危険な存在だろうか。


名前: Todesfaelle
>>Sinister-Lines
>誰もこの男が無実だと思っているわけではなく
しかし、この署名の募集している人は彼を無実だと主張しているように思える。


名前: derf82
>>Todesfaelle
そうだね、だからこれには署名していない。
彼は正当にCDLを持っていなかったし、速度超過しブレーキの問題に気付きながらするべき措置をとらなかった。
これは不可避の事故とはほど遠い。


名前: Zeta2020
同じような事故がカナダでも数年前にあったよ。
過労状態のドライバーが車に衝突して4人死亡、裁判では彼の5つの罪が問題となり懲役8年の判決が下った。


名前: rush22
>>Zeta2020
犯罪についてカナダではイギリス由来の“トータリティーの原理”を採用しているからね。
これは、“単に刑を併科することに裁判所は満足してはならず、犯罪全体をみて適切な刑罰を科す努力をせねばならない”、というもので
合算自体は可能ではあるけど裁判所はそうする場合の説明責任を負うことになる。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit