にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【社会】世界の出生率の不均衡はどのような影響をもたらすだろうか

2021年8月23日社会

 Redditの「Change My View (CMV)」サブは、投稿主がある問題について自分の主張を提示し、その主張について反論を募集、その反論に納得したり、あるいは再反論するなどして、問題についての自分の考えをより深めていくとても建設的な場所だ。

各国の出生率の差は世界を変えるか

 そんなCMVに、「今後世界は出生率の高い文化に飲み込まれいく」という主張をする人物が現れた。
 この人物曰く「18、19世紀に西洋諸国が世界を席巻したのは、医学の進歩による人口の増加と出生率の高さのおかげだ。今、西欧諸国では出生率がマイナスとなって、移民に頼っている。
 今後世界の人口増加は、中東やアフリカからもたらされると考えられているが、イスラム文化のように出生率の高い文化によって世界は政治的に支配されていくのではないだろうか。」
著者抜粋翻訳・引用元:こちら

 日本でも、近年出生率の低下が深刻で、移民の必要性などが主張されるところだが、ヨーロッパ諸国の多くも似たような状況にあり、移民についての意見も賛否分かれているところだが、この投稿主の主張は、ある国についてみた移民の是非というよりも、より世界全体を見たときのマンパワーによる支配の可能性についてのようだ。

以下、この主張についてのレディター達の反応

名前:Thoth_the_5th_of_Tho
 その主張には2つ問題がある。
 まず、前提条件が間違ってる。現代では、人口の多さはそれほど助けにはならない。イスラエルは、中東諸国の総力を挙げた戦いを阻止し、屈辱を与えた。たとえ10対1でも100対1でも、最新兵器(特に核)を持っていれば勝つ。
 更に、中東アフリカは気候変動の影響を最も受けやすい。今後100年の間に飢饉を避けることができるだろうか。


名前:Yu-piter(投稿主)
>> Thoth_the_5th_of_Tho
 たしかに現代テクノロジーの世界では、複雑さが増して色々な要素を考慮しないとね。


名前 MartiniJelly
 西洋による支配を単一の要因で語るのは話を単純化しすぎ。ヨーロッパの帝国主義が頂点に達した19世紀でも中国やインドはヨーロッパのどの国よりも人口が多かった。
 人口という要素は政治的優位性のために重要な要素だけど決定的じゃない。


名前:Yu-piter(投稿主)
>> MartiniJelly
 その通りだけど、植民地主義は高い出生率なしではありえない。
 未来は、出生率の高い文化に支配されるのでは?


名前:MartiniJelly
>> Yu-piter(投稿主
 可能性はあるけど、出生率の高い国が世界の政治的リーダーになることを否定する理由は他にもたくさんあるよ。例えば、20世紀の傾向として、社会が豊かになるにつれて出生率は低下していること、気候変動は発展途上国に最も大きな悪影響を及ぼしててマンパワーによって得られる力を弱めてしまうかも。


名前:iwfan53
 高い出生率は2つの要因によって下がっていく。
1:乳児死亡率が低い
2:女性の社会進出
 これらが西洋諸国の出生率を下げた要因だけど、他の場所でも同じことが起きるんじゃない?子供の死ぬ可能性が低くなると、子供を多く産まなくなる。
 国が発展するとつれ高い出生率を維持できなくなる。


名前:Yu-piter(投稿主)
>> iwfan53
そうだね、技術や経済の変化によって変わるだろうね。


著者抜粋翻訳・引用元:こちら

 Redditでは、人口と世界の支配力はそれほど強く関係がないと考えている人が多いようだ。とはいえ、例えばアメリカや中国の人口がそれぞれ10分の1なら今の世界は全く異なるものになるだろうし、今のアフリカの人口はまさに爆発的だ。

引用元:wiki

 100年後の世界がどうなっているのか。今から楽しみで仕方がない。