Thumbnail of post image 127

生き物,生活

"トカゲの尻尾切り"という言葉もあるように、トカゲは尻尾を自切すること、そしてそれを再生することができる動物として有名だ。ところが、この再生された尻尾、完全に元通りになるというわけではないらしい。というのは、持って生まれた尻尾には硬骨、つまり通常の骨があるのに対して、再生尾では、それが無くなってすべて軟骨になってしまう ...

Thumbnail of post image 082

生き物

先日、ある研究グループが、生後19日以内と推定されるアルビノのチンパンジーの赤ん坊を野生下において初めて発見した。  だが、その最初の発見から4日後、赤ん坊は群れのリーダーである雄によって担いで運ばれてゆき、赤ん坊の母親が追い払われたあと、群れの複数の大人達によって噛み殺されてしまった。研究者によると、この群れにおいて ...

Thumbnail of post image 075

生き物

動物は種によって瞳孔の形が著しく違う場合がある。みんな違ってみんな良いのはもちろんだけど、なぜ違うのかはそれはそれで気になるもので、今回は7種類の瞳孔の形の違いが、それぞれどのようなメリットをその種にもたらしているのか、解説している画像があったので紹介したい。

Thumbnail of post image 095

生き物

すべての犬が狼の子孫であることは知られているが、それぞれの犬がどれほど狼から遺伝的に遠いかには違いがあるようだ。 犬のように家畜化されている動物の場合、ある望ましい性質・表現型を突然変異によって獲得した個体は、人為的に繁殖されて多くの子孫を残すことができる。それは自然に生じる種の進化よりはるかに速い速度で新しい遺伝子が ...

Thumbnail of post image 144

北米,環境,生き物

この3頭のシャチは、研究者が"Jポッド"と呼んでいる南部定住型シャチグループのメンバーで、それぞれJ19、J36、J37と呼ばれている。ブリティッシュ・コロンビア大学のジョシュ・マクインズ研究員は、3頭の妊娠が絶滅危機からの復活に役立つのではないか、と述べる。シャチの子供の新生児死亡率は、流産の危険と同様に非常に高い。 ...

Thumbnail of post image 159

生き物

蜘蛛は、一般的に子煩悩な生き物で、母グモの多くは産んだ卵を抱えて、あるいは背負って守り、孵化した子グモもしばらく母グモに守られながら共に生活する習性をもつものが多い。とはいえ、その期間はそれほど長くはない。ある程度大きくなった子グモ達は、彼らの本来の生活スタイルである単独生活を送るために母グモから離れていく。最後まで生 ...

Thumbnail of post image 119

生き物

猫は生まれ持った捕食動物であり、そのため小さくそして素早く動くものに対して本能的に反応してしまう。猫の遊び道具は、この本能を利用したものが多く、ねこじゃらしタイプやボールタイプ等と合わせて、この種のおもちゃの一つにレーザーポインターがある。 猫を飼っているので分かるが、猫との遊びは中々に重労働で、彼らを満足させるために ...

Thumbnail of post image 009

アフリカ,生き物

 これほど殺る気に満ちている植物は他にないのではないだろうか。  ヒドラノアフリカーナは、アフリカの南部に分布するヒドラノ科の植物なのだが、植物というわりには葉をつけないし、そもそも葉緑体も持たない、つまり自ら光合成は一切しない。栄養素をもっぱら寄生された植物に依存する全寄生植物で、寄生した植物の根につぼみをつけ花を咲 ...