Thumbnail of post image 074

未来

AIばかり話題になる昨今だが、ロボット技術の方も日進月歩で進化を続けており、人型ロボットでさえ飛んだり跳ねたりバク転したりと、そう遠くない将来においてもはや外見上本物の人間と区別がつかないような人型ロボットの誕生しそうな兆しを見せる一方で、人間に近づけば近づくほど違和感が強くなっていく現象である不気味の谷の克服が問題に ...

Thumbnail of post image 200

未来,生き物

ゼノボットは、歪に成長したアフリカツメガエルの体の一部といえるかもしれない。それは、アフリカツメガエルの幹細胞を取り出し人工的な培養環境に置き、その過程の中で幹細胞から発展していく細胞の増殖を、ある部分では促進し、ある部分では抑制することで、設計図通りの完成形を作ることができるというもので、この完成形がゼノボットである ...

Thumbnail of post image 092

北米,未来

現在アメリカでは、”大辞職”と呼ばれる解雇ではない労働者の自発的な仕事離れが進んでいる。これは、コロナ禍の中で一気に落ち込んだ労働・生産需要を取り戻すために企業が積極的な求人を行っていることに起因するもので、労働者が現在の仕事を辞めて、よりよい労働条件の企業(あるいは自営業)に再就職を求めているということであり、実際、 ...

Thumbnail of post image 077

未来

今回の調査により、AIを日常生活に取り入れることに前向きな人々が増えていることがわかった。一方で、AIの普及についてリスクへの疑念や懸念はなお伴っている。調査の中で特に目を引く最も興味深いトレンドを紹介する。大卒者の69%近くが、AIにより数年以内に仕事が奪われるか重要性を失うと考えている。学歴の高い人々ほどAIにより ...