Thumbnail of post image 105

心理学

 日本において長年に渡り少子化が叫ばれているが、結婚した夫婦間にあっては極端に出生率が下がっているわけではない。また、夫婦の間の平均的な子の数についても、やはりこれも極端に少なくなっているわけでもない。つまり、全体として子供は減っているが依然として一人っ子はなお少数派(1/4ほど)にとどまっている。(ソース:こちら) ...