Thumbnail of post image 046

ヨーロッパ

オミクロン株の影響もあり今また欧米においてコロナ感染の爆発的増加と、それに付随する医療逼迫が生じている。このようなすべての患者に対して必要十分な医療を提供できない場合に、治療について患者に優先順位をつけるのがトリアージである。より回復の見込みの高い患者を優先的に治療し、見込みの低い患者を悪く言えば見捨てるわけだが、障害 ...

Thumbnail of post image 196

歴史

赤ん坊を大切に育てていたと言われても、そんなの当たり前じゃないかと思われるだろうが、古代ギリシャ人にはこれまで”赤ん坊を大切にしていなかったのでは?”という疑いをかけられていたそうだ。そんな悪評の原因は、スパルタ教育の語源でもあるスパルタ人であり、彼らは赤ん坊が生まれるとその健康状態をチェックし、もしそこに問題があると ...

Thumbnail of post image 199

ヨーロッパ,未来

2000年代に入ってから、ヨーロッパを中心に安楽死を積極的に認める国が増えつつある。今年だけでもスペインとニュージーランドが安楽死を認める国に加わった。これは、自らの命についての自己決定権を認められるべきだという”死ぬ権利”についての理解が広まっているということなのか、あるいはむしろ他人に冷たくなっているのか、道徳や倫 ...

Thumbnail of post image 109

ヨーロッパ

子供を持ったことがないのでたしかなことは分からないが、推測としていくつか親が子を持ったことを後悔する理由は思いつく。ただそのほとんどは、産んだあとに『思ったようにいかなかった』というタイプの後悔で、はなから『産みたくなかった』というタイプの後悔は、日本ではそれほど多くないのではないかと予想する。しかし、それが多数ありう ...

Thumbnail of post image 086

生活

酔うと判断能力が鈍くなるというのは、酒を飲んだことがある人ならおよそ誰でもわかることだと思われる。あるいは酔うと本性が現れると表現される場合もあるように、酔いは一般的に論理的よりも感情的な方向に思考を誘導していく作用があるようだ。では、そんな酔っ払った時に倫理的問題、具体的にはあの有名なトロッコ問題と歩道橋問題に答える ...

Thumbnail of post image 006

アフリカ,心理学

あなたは朝、外出する家族を何気なく見送ったが、その家族が外出先で事故にあい大きな怪我をしてしまった場合に「どうしてあの時止めなかったんだ」と自分を責めてしまう。これは、生存者の罪悪感の1例である。このような感情はなぜ生じるのだろうか?どのように向き合うべきだろうか?それをアフリカの哲学Ubuntuは教えてくれる。

Thumbnail of post image 144

歴史,生活

社会的混沌の時代に生きた孔子は、より良い社会を生み出すにはどうすればよいかを考えた。彼の答えはこうだ。必要なのは厳格な規律ではない。本当に必要なのは人々が良い人格、”徳”を持つことだ。特にリーダーとなる者が徳を持つことだ、と。それは誰かが命じるものではなく、自らの人格を磨いて徳のある者に成長させることだ。その徳のある者 ...

Thumbnail of post image 132

心理学,環境

西洋社会における動物由来食品の大量消費は、環境における持続可能性や、動物達の苦しみ、私達自身の健康への害など、今現在最も緊急で深刻な道徳的問題ではないでしょうか。そして、植物由来食品への移行を推進するべき強い証拠があるにもかかわらず、未だベジタリアンやビーガンは少数派であり、植物由来食品への移行が強い抵抗にあうのか疑問 ...