Thumbnail of post image 148

生活

テストステロンは、女性でも分泌されるが男性のほうがよい多く分泌されることから男性ホルモンの1つとされる。その作用については男性ホルモンの名にふさわしく、筋肉・骨格の強化作用など肉体的男性らしさを強調する方向に働くとされ、のみならず心理的な影響、例えば、行動力や攻撃性の増加を生み、ひいては犯罪性を増加させる可能性も示唆さ ...

Thumbnail of post image 094

ヨーロッパ,生活

世界的にタバコ価格が上がり続けている。日本について言えば1985年に200円であったメビウス(マイルドセブン)は、2020年10月時点で540円になっているという。主たる要因はたばこ税の増税であり、健康志向で喫煙者が減少している中、値上げによる禁煙政策と一方でたばこ税の税収を確保するための税率の上昇が続いている。具体的 ...

Thumbnail of post image 133

生活

匂いに対する身体的・心理的反応は様々であり、例えば腐敗臭は防御反応を誘発し、こうばしい香りは唾液を分泌させ、森の香りはストレスを抑制するなど、本能と学習が合わさってなんとも合理的な反応をするようにプログラムされている。何れにしてもそれは空気中に飛び交う分子を嗅覚受容神経がつかまえて、脳に電気信号によってその分子の情報を ...

Thumbnail of post image 118

文化,生活

単に好きだからとか、あるいは人生の重要なタイミングで聴いたからなど、誰にでもある自分にとって大切な思い出の曲。1年いや10年聴いていなくても、そのメロディーと歌詞を口ずさむのが簡単だと思えるほどの曲は、たとえ認知症になっても自分の脳に働きかける作用があるようだ。新しい研究によると、軽度認知症、初期アルツハイマー病の患者 ...

Thumbnail of post image 182

生活

歯は、人間では人生で唯一乳歯から永久歯へと一度だけ生え変わるもので、そのような仕組みになっている理由は、小さな子供の顎に最初から永久歯が生えているとバランスがおかしくなり、歯ひいては身体の健康を害するということにあるようだ。したがって、乳歯は永久歯が生えてくるまでの一時的な繋ぎとして永久歯よりももろく、永久歯さえ生えて ...

Thumbnail of post image 018

生活

過敏性腸症候群は、腸そのものに異常がないにも関わらず、下痢腹痛便秘等の症状が長期間持続する病気で、ストレス的な刺激によって脳と内臓神経から誤った指令が出ているというプロセスは理解されている反面、誰もがストレスからそうなるわけではなく未だに根本的な原因が不明の病気である。

Thumbnail of post image 045

心理学,生活

睡眠不足は、ありとあらゆる不健康の元凶ともいえるもので、それは身体だけではなく心をも蝕むというのは、誰でも経験的に知っているのではないだろうか。そうは言っても自分が睡眠不足だからといって、誰か他人の人生を大きく歪めてしまうような状況に出くわすことは通常はない。しかし、特定の状況や職業、例えば救急医療に携わる人々が患者を ...

Thumbnail of post image 155

宇宙

前の投稿で宇宙へ進出した人類の進化の可能性についての記事を紹介したが、その進化の結果について、あまり人類にとって良くないものになってしまう可能性を示唆する研究報告もあるようだ。宇宙での、特に微小重力環境での長期滞在について、筋萎縮・骨密度の低下等の悪影響が生じることは既に有名であるが、どうやら人類が人類たる最大の要因で ...