Thumbnail of post image 024

アフリカ,心理学

あなたは朝、外出する家族を何気なく見送ったが、その家族が外出先で事故にあい大きな怪我をしてしまった場合に「どうしてあの時止めなかったんだ」と自分を責めてしまう。これは、生存者の罪悪感の1例である。このような感情はなぜ生じるのだろうか?どのように向き合うべきだろうか?それをアフリカの哲学Ubuntuは教えてくれる。

Thumbnail of post image 030

歴史,生活

社会的混沌の時代に生きた孔子は、より良い社会を生み出すにはどうすればよいかを考えた。彼の答えはこうだ。必要なのは厳格な規律ではない。本当に必要なのは人々が良い人格、”徳”を持つことだ。特にリーダーとなる者が徳を持つことだ、と。それは誰かが命じるものではなく、自らの人格を磨いて徳のある者に成長させることだ。その徳のある者 ...