Thumbnail of post image 058

社会

近年、学術論文の出版が爆発的に増えているということをどこかで聞かれたことがあるかもしれない。例えば、自然科学分野の論文については1981年から2019年の間に4倍以上に増加している。この増え続ける論文が、かえって学術・技術の進歩を阻んでいるかもしれないと指摘する研究があるようだ。

Thumbnail of post image 066

心理学,生活

学者は、通常勉強・仕事熱心である。そうでなければ学者になることも、続けることもできないだろう。さらに推測すると、自分の専門分野に対する無限の知的好奇心こそが彼らが学者になり、また続けられる理由ではないかと思われる。つまり、"好きでやってる"のではないか、と。あるいは、好き故なのか、自分自身を追い込みすぎてしまっている人 ...