Thumbnail of post image 142

宇宙

アメリカ連邦航空局(FAA)では、2004年以降、国内の民間宇宙事業の促進とパイロットの認証プロセスの一環として、アメリカの民間宇宙事業によって宇宙を旅した人々に対して一定の要件の下で”Commercial Astronaut Wings(民間宇宙飛行士記章)”を授与してきたそうだ。この栄誉を受けたのはこれまでに22人 ...

Thumbnail of post image 112

ヨーロッパ,宇宙

ヨーロッパ(ロシアを除く)の宇宙事業については、EU諸国を中心とした連合機関である欧州宇宙機関(ESA)が大きな役割を担っているが、そのESAの最大の出資者はフランスであり、その本部や発射場、研究開発の中心もフランスに置かれている。そのフランスでは、諸外国、特にアメリカの民間企業による宇宙開発に対して自国が立ち遅れてし ...

Thumbnail of post image 195

宇宙

宇宙への植民が行われている時代を背景としたSF作品では、人類同士の、特に地球政府と宇宙植民者との紛争というのはとても人気のある題材といえる。その題材が多様される理由には、宇宙植民者がどれだけ独立性を持てるのか持つべきなのかということについて、今の時点でこれといった答えがないからではないだろうか。今回、この宇宙植民者達の ...

Thumbnail of post image 115

宇宙

SLSはとにかく高い、一度の打ち上げに20億ドル以上かかるそうなのだ。例えば、スペースXのファルコン9なら5,000万~6,200万ドルほどとその差は極めて大きい。もちろん、ファルコン9は、SLSと比べて小型でペイロードも小さいのだが、低軌道へのペイロードは、SLSで130トン、ファルコン9で22.8トンと、SLSは費 ...

Thumbnail of post image 083

宇宙

いつその時が来るのか日々待ち遠しい地球外生命体発見のニュース、だが、その風潮に迷惑さを感じている組織がある。NASAだ。なぜ迷惑なのか。どうやら、私達がハードルをあげすぎということのようだ。つまり、勝手に期待して、勝手に妄想膨らませて、勝手に失望するのをいい加減にやめてほしいということらしい。そんなこと言われても…とい ...

Thumbnail of post image 121

北米,宇宙

アメリカ宇宙軍司令官ジェイ・レモンド元帥のロジスティクス部門主席顧問ジョン・オルソン准将は、中国が国際法を無視してその”縄張り”を月にまで拡大する意思を持つとし、この野望を阻止するために、米国は”先行者利益”を得るために迅速に行動しなければならないと、国防輸送協会(NDTA)の会議で主張した。

Thumbnail of post image 200

宇宙,歴史

もちろんそれは一部の人間の頭の中にある火星の話であったわけだが、地球表面から観測する限りは、そのような火星をイメージすることには十分な理由があったのである。火星の自転周期は24.66時間と地球によく似ているし、天体望遠鏡で観測すると運河があるように見えた、また最初の"科学者"ウィリアム・ヒューウェルも、火星の海、陸、そ ...

Thumbnail of post image 093

宇宙

前の投稿で宇宙へ進出した人類の進化の可能性についての記事を紹介したが、その進化の結果について、あまり人類にとって良くないものになってしまう可能性を示唆する研究報告もあるようだ。宇宙での、特に微小重力環境での長期滞在について、筋萎縮・骨密度の低下等の悪影響が生じることは既に有名であるが、どうやら人類が人類たる最大の要因で ...