Thumbnail of post image 051

心理学

孤立と孤独の関係はややこしい。コトバンクによると、孤立は『他から離れて一つだけ立っていること』で、孤独は『精神的なよりどころとなる人、心の通じあう人などがなく、さびしいこと』だそうで、つまり、状況と感情の違いである。何かの出来事・状況に対して、どのように反応を示すかは人それぞれだが、大きくはポジティブ思考とネガティブ思 ...

Thumbnail of post image 161

インターネット,心理学

インターネット、特に検索機能は素晴らしい。大概の疑問は少し調べるだけで答えが出てくる。例えば、今たまたまyahooのIT・科学のトップニュースに、”米の探査機 太陽コロナに初到達”という記事があったのだが、これについて少しググるだけで、その探査機が人工物として史上最高速度記録を持っているという情報を手に入れることができ ...

Thumbnail of post image 055

心理学

性同一性障害(性別違和感)は、生物学的性別と心理的な自己認識上の性別との不一致をいうが、突発性性同一性障害(ROGD)とは、その心身の不一致が”突然”現れた場合の1つをいい、2018年に研究者であるリサ・リットマン氏から研究が発表されたのだが、それが論争の的となった。この研究では、トランスジェンダーの子を持つ親を対象と ...

Thumbnail of post image 192

心理学

もとより人間関係は互恵的な関係を前提としているが、夫婦関係にあっては特にそれが求められることだろう。生活を共有することは利益を共有することであり、互いのサポートを行うことは利益の最大化をはかることになるからだ。そのような互恵的な関係がうまくいかなくなった時には、その関係の亀裂は友情よりも夫婦の間のほうがより深いものとな ...

Thumbnail of post image 193

心理学

コミュニケーションの中で様々な”正しさ”が求められる時代、例えば、鬱であるという人に”頑張れ”は禁句、いじめを受けているという人に”立ち向かえ”は禁句、あるいは政治的妥当性(ポリコレ)、さらにはそもそもそれをお題とするのは望ましくないとされる題材(政治・宗教等)、会話のマナーなど、今の時代のコミュニケーションには、単に ...

Thumbnail of post image 013

心理学,生き物

猫、世界中で約6.3億匹が飼われているとされ、ペットとしては犬(約4.3億頭)を抜いて最大であり、哺乳類として見ると人間、牛、羊、豚、ヤギの次に生息数が多い。そんな猫であるが新たな研究によると、なんと恐ろしいことにそのすべてがサイコパスであるかもしれないという。たしかに猫を飼っている身として思い当たる節はある。撫でろと ...

Thumbnail of post image 176

心理学

ここ数年、特にコロナ禍に入ってからますます旬なワードになっているフェイクニュース。フェイクニュース自体はおそらく人類史の中で常に存在しているものだろうが、ネット、特にSNSの普及がその悪影響に拍車をかけているという見方が強まり、Facebookが猛烈なバッシングを受けている理由の1つにもなっていることをご存知の方も多い ...

Thumbnail of post image 025

心理学

疑似科学、フェイクニュース、陰謀論、それらは一見すると科学的・社会的に筋が通っているように思わせるものが多くそこに厄介さがある、しかし、そもそもを言えば何かの理論的な正しさを判断するためには専門知識と分析する時間・材料が必要で、多くの人が多くの問題に対してそれらを具備していない以上、そういったものが蔓延らないほうがむし ...