Thumbnail of post image 176

生活

特殊な性嗜好を持っている人は、それを日常生活の中で処理することが場合によっては困難であり、SMプレイが好きならSMクラブに行くなど特別な性的サービスを利用することが多いと思われる。赤ちゃんプレイもそんな特殊な性嗜好の1つだと思うが、ある調査によればそれを好む人々が日本では人口の0.9%いるそうで、それだけいればビジネス ...

Thumbnail of post image 126

生活

2019年4月、米コロラド州の高速道路上、トラックが大幅な速度超過とブレーキ故障により他の複数の車輌と衝突、炎上して4名の死者と10名の負傷者を出す事故が発生した。そして先日、そのトラックのドライバーに懲役110年の判決が下った。彼のこの事故についての罪は、日本でいうところの危険運転致死傷罪にあたり、故意の殺人などでは ...

Thumbnail of post image 114

北米

カリフォルニア州は以前より、少額窃盗についての軽罪化など、一般的に進歩的といわれる刑事政策を推し進めてきた地域であるが、その歪がでてきているのだろうか。同州サンフランシスコ市の市長は、積極的な取り締まりへの意思を示している。進歩的な刑事政策を求める流れの中の1つにディファンド・ザ・ポリスがある。これは、『警察から資金を ...

Thumbnail of post image 174

生活

顔、網膜、指紋など100人いれば100人異なるパーソナルな生体情報を利用したセキュリティを生体認証というが、その安全性については様々な疑問が投げかけられている。個人情報の流出、その個人情報から認証を突破される可能性、さらに偽装した情報で突破される可能性などであるが、もっと古典的でアナログな方法にも心配する必要があるかも ...

Thumbnail of post image 073

北米

ニューヨーク州ニューヨーク市においては、現在までに同地域内でのヘイトクライムが前年度比で大幅に増加しており、特にアジア人に対するそれが急増しているようだ。この原因について、ニューヨーク州の”保釈改革”の影響を指摘するレディターが多かったのでそれについて先に簡単に説明する。保釈は、勾留されている被告人について、裁判期間中 ...

Thumbnail of post image 182

北米,生活

若く見られたいと願望は誰にでもあるものだろうし、実際それで若く見られたとしてそれが何かの罪になることも、誰かに損害を与えることも通常はないだろう。だが、横領等の容疑で逮捕され、その罪を認めたアメリカ・ミズーリ州在住の48歳の女についてはそうでもなかったのかもしれない。もちろん年齢を詐称したというだけで捕まったわけではな ...

Thumbnail of post image 181

南アジア

再犯をどのように防止するかは、刑事司法において最重要課題の1つである。その方策の1つとしての厳罰化は、犯罪抑止効果を期待できる一方で社会復帰を困難にさせて再犯可能性を高める可能性があるし、その反対は、社会復帰が容易になる一方で犯罪抑止効果が後退する可能性がある。日本の再犯率について見ると、2019年時点で48.8%で、 ...

Thumbnail of post image 052

北米,生活

まず、この記事自体を紹介する前に、カリフォルニア州における現在の窃盗問題と切っても切り離せない提案47について、長くなるが先に紹介したい。2014年、カリフォルニア州において成立した提案47(Prop 47)は、950ドル以下の盗難、詐欺、小切手の偽造等を軽罪化すること、及び、麻薬の少量所持もまた軽罪化すること等を内容 ...