Thumbnail of post image 044

未来,環境

太陽光発電コストがますます下がっており、経済産業省の試算でも2030年には日本でも最安価な発電方法になるとの見通しが発表された。ただ、日本の場合には傾斜の多い土地柄で新たな大規模太陽光発電所を設置する平地に不足しており、一方で傾斜地への設置には、先の熱海の件でも疑われているように土砂崩れ等のリスクが存在する。