にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【社会】携帯・スマホの位置情報産業は今では100億ドルを超えて拡大している

社会

 スマホで何か新しいアプリをインストールして起動すると必ずと言ってよいほど、なにかしらの"許可"を求められる。カメラ撮影の許可だ、連絡先へのアクセスの許可だ、あるいはストレージへのアクセスの許可だなどと、このアプリにそれ必要?、と思ってしまうものも多い。

 そんな中で位置情報へのアクセスの許可を求めるアプリも非常に多い。ひょっとしたらこれが一番多いかもしれない。その位置情報を何に使っているのだろうか?、地図アプリやお天気アプリなら使用目的は分かりやすいかもしれないが、はたして本当にその目的だけのために使っているだろうか?

 そうではないかもしれない。あなたの位置情報は、それ自体がとても収益性の高い商品となるからだ。

用途はよりどりみどり

「あなたが耳にしたことのないような企業が、あなたの携帯電話の位置情報履歴を売買している。位置情報の収集、提供、分析等を行う企業は多数あり、今や位置情報産業は推定120億ドル規模になっている。

 Near社は、自らを"44カ国16億人の人々の行動に関する世界最大のデータセット"であると謳い、Mobilewalla社は、"40カ国、19億を超えるデバイス、1日50億のモバイル情報、5年以上のデータ履歴"と宣伝し、X-Mode社は、"毎月、米国の成人人口の25%以上のデータをカバー"していると主張する。
 今回特定した47社の位置情報関係企業の内、6社は"10億以上のデバイスのデータ"、4社は"最も信頼できるデータ"であると自らを誇示している。

 デューク大学テック・ポリシー研究所研究員ジャスティン・シャーマン氏は、『これら企業間には、複雑で透明性のないネットワークが存在し、それを解き明かすのは困難です。しかし、政府も大衆も彼らの活動にほとんど注意を向けていません』、と語る。

 この業界の危険性を示すいくつかの逸話がある。
 位置情報収集企業であるX-Mode社は、イスラム教徒の礼拝関係アプリからデータを収集し、これを軍の契約企業に提供していたことが報じられた。また、位置情報提供会社Venntel社が、移民取締りのために位置情報を政府関係機関に提供していたことも報じられている
 さらに、カトリック系報道機関が、ゲイバーに出入りする神父を特定して報じるために位置情報提供会社の情報を利用したとされる。

 これらの企業のほとんどは、プライバシーを尊重し、個人を特定できるような情報を販売していないと主張しているが、実際のところ、私達の行動がどう記録され、どう取引されてるのか、把握することは困難だ。どのアプリで情報収集しているのか、その情報はどのようなものだ、その情報が取引されているのか、多くの企業は公開していない。

 ひとたび位置情報が市場に投げ込まれると、何度も転売、拡散されていき、位置情報企業に情報が集約されていく。位置情報には、投資家、政治家、小売店、警察など多種多様な買い手が存在する。
 バーガーキングでは、潜在的顧客のスマートフォンが競合他社であるマクドナルドの店舗に近づくと、アプリで自社商品を1セントで買えるようにしたし、政治集会に集まった人々の位置情報はターゲット広告に利用できる。
 Advan Research社は、位置情報は履歴情報を利用して、小売店の訪問客の出身地、収入、人種、関心等をアルゴリズムで推測して店に提供している。

 現在、データ購入を妨げる規制はほとんどないに等しい。
『ロシア政府のフロント企業に、米軍200万人のデータを販売することだって可能です』と、シャーマン氏は述べた。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: Emble12
 私達がどこどこにいるっていう情報がどう企業に価値があるの?


名前: civilvamp
>>Emble12
 理由はいくらでもあるし、データを購入しているのは企業だけじゃない(研究機関や行政などもある)。
 通常言われるのは、人々の行動を理解すれば、将来の人々の行動も予測できるということで、これが広告、インフラ計画、料金計画の策定に役立つ。


名前: Buttpounder90
>>civilvamp
 広告業界で働いてるけど、データによってターゲットと広告内容を決める。
 例えば、データが小学校から朝と午後に、スーパーから週2回、ヨガスタジオから週3回とか来れば、そのデバイスの持ち主が学齢期の子供をもつ健康志向の成人女性の可能性が高いと推測できる。
 多くのデバイスの情報を集めることで、効果的な広告を見せることができるようになる。


名前: mjociv
>>Emble12
 あなたがキャンプ用品についてググって、ウォルマートのアウトドアセクションを歩いた情報があれば、あなたにキャンプ用品の広告を見せる。
 GPSによってあなたが家のどこにいるかも特定することが可能だから、あなたが夕飯時にキッチンにほとんどいなければ、出前をとる可能性が高いからそういう広告を見せる。


名前: Dr_Tacopus
 私の情報はどこに売ったら金になるの?


名前: Penderyn
>>Dr_Tacopus
 個人単位の情報にほとんど価値はない。
 そして、あなたは無料…のサービスを受けることで既に支払いを受けている。


名前: CelerySlime
 多くの人が「隠し事なんてなにもない」という態度をとるせいで、この手の情報セキュリティの重要性を説明することが非常に困難になってる。
 それがプライバシーだという認識さえない人もいる。 だけど、誰だって寝室を覗かれたいと思っていない。それは物理的だからプライバシーだと認識しやすいのだろうが、位置情報も同じプライバシーだ。


名前: cowtipper256
>>CelerySlime
 より良い例えはトイレだろう。あなたがそこでうんこやおしっこをしていることを誰でも知っているが、それを誰かに見られたいとも、写真を撮られて企業で取引されてほしいと願う人はいまい。


名前: Poison_Anal_Gas
>>CelerySlime
 一般的な人々は、15年遅れの技術認識の世界で生きている。


名前: Kthulu666
>>CelerySlime
 特に若い子ほど、15~25ぐらいの子は本当にプライバシーを気にしないね。
 彼らを責める気はないけど、存在を認識してないもののために戦えるわけもない。


名前: wackywavingarmgumby
>>Kthulu666
 それよりさらに若い子供達は、生まれた瞬間から親によってFacebookで写真や日々の生活を垂れ流されているから尚更酷い。


名前: Reyox
>>CelerySlime
 隠すべきことが何もないなんて言うやつには、スマホのパスワード教えろといえばいい。
 理由は?写真やメッセージを見たいから。
 見ず知らずのしかも悪意があるかもしれない数百万人に自分のスマホの中身を公開するのがOKだと思う連中なら、きっとOKしてくれるだろう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit