にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【生き物】アルビノ個体のチンパンジーの子供が仲間によって殺される

生き物

 動物におけるアルビノとは、メラニン色素を十分に作り出せないことから肌や髪(毛)が極端に脱色されていたり、瞳孔が血液により赤く見えたりする先天的な遺伝性疾患を持った動物の個体である。

 人間社会においてアルビノとして生まれた人々は、大変な苦労を背負って生活をしなければならない。メラニンの不足は紫外線からの保護能力が脆弱であることを意味し、肌の疾患に常に気をつけなればならないし、多くの人に何らかの視覚障害が生じる。そして、その特徴的な外見故の偏見や差別がある。特にアフリカの一部では、アルビノの人の身体が呪術的な薬として効用があるという迷信があり、時に命さえ奪われかねない事態が生じている。

 では、人間以外の動物はどうだろうか。どうやらアルビノが生き辛いのは人間社会だけではないようだ。

恐怖か獲物か

「先日、ある研究グループが、生後19日以内と推定されるアルビノのチンパンジーの赤ん坊を野生下において初めて発見した。
 だが、その最初の発見から4日後、赤ん坊は群れのリーダーである雄によって担いで運ばれてゆき、赤ん坊の母親が追い払われたあと、群れの複数の大人達によって噛み殺されてしまった。

 研究者によると、この群れにおいては子殺しはそれほど珍しいことではないが、この赤ん坊に対する大人達の反応には異常なところがあった。一部を除いた大人達がこの赤ん坊に対して恐怖を抱き、ヘビやイノシシ、あるいは見知らぬ人間を見たときに発する警報を発したという。

 研究者らは、この反応の理由について2つの可能性が考えられるという。
 1つは、その外見ゆえに赤ん坊を異常な個体あるいは物体として認識した可能性であり、赤ん坊が死んだあとに大人達が見せた死体への近づき方(好奇心と警戒心の発露)は、これを示唆するものであった。
 もう1つは、アルビノの赤ん坊の体色が、この地域のチンパンジーがよく捕食するアビシニアコロブスの子供に似ていることから、赤ん坊に”獲物”としての関心を持ったかもしれないというものである。

 検死の結果、赤ん坊の死についてメスの大人のチンパンジーによる頭部への噛みつきが致命傷になったことが確認され、また、耳と数本の指が食いちぎられていることも確認された。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: woebegonemonkMS
 元の論文


名前: Aspie_Astrologer
>>woebegonemonkMS
 死んだチンパンジーの赤ん坊の写真:( (注意)


名前: Rexbex
 おそらく群れのためじゃないかな?
 アルビノのチンパンジーは目立ち、捕食動物をひきつけ、問題が生じる可能性がある。


名前: ]DNAisjustneuteredRNA
 チンパンジーは私達とより密接に関係しているボノボより一般的に暴力的であることが知られている。


名前: ZionPelican
>>DNAisjustneuteredRNA
 人間ってチンパンジーよりボノボに近いの?でも、チンパンジーとボノボって同じ時期に分岐してるよね。
 たしかに学者はボノボのほうがより人間に近いと考えているようだけど、それは遺伝的なものじゃないだろう。


名前: pilypi
>>DNAisjustneuteredRNA
 ボノボもかなり暴力的だよ。ただあなたにとって大丈夫な暴力ってだけで。


名前: bigpappahope
 アルビノの赤ん坊が初めて発見された理由がわかったね。


名前: kartu3
 あまりに外見が異なって見える個体を排除するというのは、(ホモサピエンスと呼ばれている霊長類も含めて)動物界では普通のことだろう


名前: TizardPaperclip
>>kartu3
 グループのメンバーの1人が著しく外見が異なる場合、なにかのまずい病気である可能性があり、伝染するかもしれないから、それは効果的な生存戦略だ。
 仮に感染しなくても、アルビノ個体の存在は捕食者や獲物に見つかりやすくなってしまうかもしれない。


名前: tampering
>>kartu3
 赤ちゃんは人種差別をしないと言われるが、実際には赤ちゃんも自分の親や親に似た人を認識し、より”馴染みのある人”になつくそういう相手のほうが脅威を感じないのは動物の本能だろう。
 だからこそ親は、身近な人達とは違う外見や価値観、文化や生活、食べ物や娯楽を持つ人々とも安心して付き合いをもつことができることを子供達に伝えなければならない。


名前: pilypi
>>tampering
 それはホモフィリーっていう動物の一般的な本能だね。
 たしかに誰にでもあるけど、それが唯一絶対の指導原理ってわけでもない。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit