アクセスランキング
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

韓国人「ジャンボリーのトイレのレベルに海外に絶句されてしまった…ブルブル」

17日、オンラインコミュニティなどで海外のYouTubeチャンネル「パティオスカウト( Patio Scout)」が公開したジャンボリーの現場映像が話題になった。

この映像では、ジャンボリー大会で使われた従来のトイレの様子が公開されたが、チャンネル運営者がジャンボリー隊員たちにトイレを紹介してもらうと、キャンプ場に設置された移動式トイレが公開された。

窓のない窮屈なトイレには、水洗式でもない在来式便器が設置され、下には下水道がそのまま見える構造だった。トイレを紹介したチリの隊員は「刑務所の便器のようだ」と目をぎゅっと閉じて困惑を見せた。

このような映像が公開されると、国内ネットユーザーからの批判も殺到した。

あるオンラインコミュニティで「このような便器は2000年代初頭まであったが、すべて水洗式や便器に変わったのに、このようなものを2023年の国際イベントに置いておくなんて」と指摘した。

「韓国に初めて来た子供たちがほとんどだろうに、韓国のレベルがその程度だと思ってしまっただろう」「韓国の子供たちもこのような便器は使わないだろう」などの批判的な意見も続出した。

ジャンボリーの運営費はたっぷりあったのに、施設とか管理もできてなければ、そのお金はどこに行ったのだろうか

最近の移動式トイレもこんな感じではなく、便器もとても良いものなのに、国際大会になぜこんなことに?