にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【心理学】気を紛らわすための酒は、気を紛らわせないかもしれないとの研究報告

心理学

 不安や落ちこんだりした時などネガティブな感情で頭がいっぱいになった時、多くの人が酒に逃げた経験を持っているはずである。酒自体がその問題を解決する方法ではないと分かっていても、とりあえずその時の気は紛らわしてくれる。

 だが、紛らわしてくれているはずの酒に、実際には紛らわしてくれていない疑惑が浮上した。場合によっては、むしろますますネガティブさを引き上げかねないとさえ言う。どういうことだろうか。

効果を感じるが効果がない

「アルコールがネガティブな感情を実際に和らげるものであるのかどうか、これまでほとんど研究されてこなかった。これについて研究を行ったミズーリ大学コンビア校のチームによると、”対処するために飲む”ことは、かえって状態を悪化させることさえあると報告する。

 実験は、110人を対象として行われ、内52人は境界性パーソナリティ障害(BPD)の人である。
 BPDの人は、飲酒に絡んだ問題を起こしやすく、また感情の起伏が激しいことで知られており、アルコールがネガティブな感情に対処する方法であると考えている可能性が高い。そのため研究チームは、感情の状態や飲酒傾向に多様性をもたせるために、BPDの人の参加が必要であると考えた。

 参加者は、様々なアンケートに答えた後で、その後3週間、飲酒の有無の他に、緊張、不安、落ち込んでいる、孤独などのネガティブな感情のレベルを自己評価し毎日チームに報告した。
 また、飲酒する際には、”罪悪感や抑うつ気分が軽くするため”、”落ち着いた気分になるため”など、飲酒の理由も評価してもらい、さらに、飲酒から3時間の間の複数のタイミングで、実際に期待した効果がどの程度あったかも評価してもらい、ネガティブな感情のレベルを更新してもらった。

 その結果、参加者が、不安、あるいは抑うつ気分に対処するために飲酒をした場合、飲酒後それらが効果があったと報告する傾向がある一方で、ネガティブな感情そのものが低下しているわけではないことが分かった。更に、”うつ病に対処するため”に飲酒した参加者においては、うつ病に関係するネガティブな感情レベルが高まった。

 参加者が”飲酒が役に立った”と考えることと、一方で感情レベルが一致しない原因はなんなのだろうか。研究チームは、飲酒が助けになると期待している人は、実際に効果がなく、又は悪化している場合でも、飲酒が助けになっていると信じるようになるのではないかと推測している。

 チームは、今回は、女性参加者及びBPDの人が多かったことから今回の研究だけで一般化はできないとするが、もし飲酒が不安や抑うつ的感情に対処するのに役立たないとすれば、運動を増やすなど、他の方法に目も向ける必要があるかもしれない。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: ngerTheCat
別に何かに対処したいから飲んでるわけじゃなく、ただ考えるをやめて強制的に眠るために飲んでる。


名前: Manapauze
>>ngerTheCat
たしかに飲酒には気持ちを落ち着かせる効果もあるが、本当の意味での睡眠のプロセスを開始させるわけじゃない。
アルコールは強烈なレム睡眠遮断作用もあって、翌日の感情をますます不安定にさせる。
これについて詳しく知りたいならこの動画を見てくれ。 


名前: enzio901
>>ngerTheCat
セラピーや瞑想を試してみたら?


名前: FingerTheCat
>>enzio901
セラピーは金がかかるし、マインドフルネスに関しては試してはみたけど自分にはあわなかった。


名前: CacknBullz
今14週間飲酒を断っているよ。自分がこれまでにした最も素晴らしい偉業。


名前: pharmamess
>>CacknBullz
がんばってるね、その調子。私も酒を飲まないほうが気分が良い。


名前: CacknBullz
>>pharmamess
これまで毎日のようにウォッカを飲んでいたけど何も楽しくなかったからね。
自分自身を心の中に閉じ込めてしまってて、アルコールだけがそこから少し抜け出せる手段だと思ってた。
飲酒をやめて、最初から鍵が開いていたことに気づけたよ。


名前: RSGK
この酒の神話をみんなが信じている理由は、映画やテレビの登場人物たちが、ストレスのかかる状態になると酒を飲む場面が多いからじゃないか。


名前: kratomdabbler
>>RSGK
ようするにそれが人間の一般的なストレスに対する反応だってことで、それを反映しているんだろう。


名前: potmakesyouparanoid
>>kratomdabbler
でもさぁ、メディアの中でストレスに対処するために、ゲームしたり、音楽聴きながら寝て夢を見たり、そんな対処方をどれだけ見る?
いっつも酒ばっか、陳腐だ。


名前: kratomdabbler
>>potmakesyouparanoid
言ってることは分かるよ。でもそれが人間の普遍的なストレス解消法なんだろうってこと。
フォードバックループなのかもしれない。つまり、ストレスを酒で対処しようとし、他の人(メディア)でも同じ用なことをしているのを見て、この酒で対処というアイディアが強化されていくループ。


名前: dbzmm1
自分ルールで、お酒が”必要!!”って思った時には酒を飲んではいけないって決めてる。
まぁあんまり誰にでも通用する方法ではないと思うけど、厳しい教育とルールは絶対っていう強迫観念にここでは助けられているよ。
たしかに酒で寝付きがよくなったこともあるが、ほとんどの場合には悪くなる。
ときおりウイスキーやラム酒を飲むけど、あくまでもルールの中だけ。


名前: RMBRX
別に不安だから鬱だからってわけじゃなく、暇だから飲んでる。
暇に”対処”するには、頭の中ぼんやりさせる酒が一番楽だしね。
ゲームでも音楽でも誰かと話すでも別にいいけど、今ならマリファナでもいいかもね。
安全にぼんやりしたいのさ。


名前: Creative_Response593
じゃあ酒は人生の問題を気をそらすのに使えないってこと?
他に健康的な対処法を身に着けろってこと?
めんどくさい・・・アルコール依存症のままでいいさ。


名前: potmakesyouparanoid
>>Creative_Response593
本当にそれで問題が解決する? 酒を飲んでもますます悪化するだけだ。
妄想の穴に落ちていくだけで、薬だっていうほど効かないし。


名前: Creative_Response593
>>potmakesyouparanoid
ごめんジョークを言っただけ。 アルコールも麻薬も私にとっては何の役にも経たないことを知ってるさ。
それどころか、自分がまともな知的能力を維持して物事を楽しめることを愛しているし。
うちの家族には、薬中やアル中が多い、それでみんな刑務所に行ったか、健康に深刻な問題を抱えている。
酒を飲む人の気持ちは分かる。わかるけど、私には合わないし、それが問題に対処する方法だとも思わないさ。


名前: GreyFox
苦しみを減らすのでなく、喜びを増すために飲む


名前: GeminiLife
依存症は非常に遺伝性が強い。親がアル中なら、高確率で子もアル中になる。
人間はあらゆる時代で酒を飲んで来たが、もしあなたが酒好きならあなたの先祖も酒好きだったということだ。
人間とアルコールは手と手を繋いで忘却の彼方へ向かうのさ。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit