にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【生活】砂糖税は、トリッキーな方法を用いないと砂糖入り飲料の消費を抑制しない

生活

 国によっては商品に含まれる砂糖の量によって消費者が税金を負担しなければならない"砂糖税“というものがある。これは税収を期待してというよりも、価格を上昇させることによって砂糖を使ったジュースなどの消費を抑制しようという健康増進目的であることが多い。

 そうすると重要なのは実際にその消費抑制効果が得られているのか、ということになるが、単に価格が高くなっただけでは意味がなく、"やり方"を工夫しなければその効果が得られないようだ。

C値札の結果が悲しい

「アメリカのいくつかの都市では、消費抑制目的で砂糖入り飲料(以下、ジュース)に砂糖税を課している。新たな研究によると、この政策には重大な欠陥あることがわかった。

 サンフランシスコでは、現在、ジュースについて12オンス(約350ml)あたり12セントの砂糖税が課せられている。そこで研究者達は、同地域のコンビニを使った調査を実施した。

 調査は、同じジュースについて8週間の調査期間中にジュースに貼る値札を変えていくというもので、"『1.52ドル』とだけ書かれた値札"(A値札)、"そこに『砂糖税12セント含』と記載が加えられた値札"(B値札)、"そこからさらに『この税収は地元大学の助成に使われる』と記載が加えられた値札"(C値札)の3つを用意し売上を調べるという方法で行われた。

 まず先に調査開始前の2週間(この期間は値札自体が貼られていない)と、砂糖税が施行される前の期間の売上を比較したところ、ジュースの売上は減少しておらず、砂糖税による消費抑制効果が認められなかった。

 次に調査の結果について、A値札では調査開始前の2週間と比べて売上に有意な差がなかった一方で、B・C値札の場合には売上がわずかに減少し、消費者は砂糖税の存在が値札に明示されている場合には購入を控えることを示唆した。なお、B値札とC値札との間には売上に有意な差はなかった。

 また、別の調査では、人々は砂糖税が実際(12セント)よりも高い(平均40セント)と誤解していることも分かり、実際の砂糖税が12セントにすぎないと分かった場合には、ジュースの消費意欲が非常に高まるということも判明した。

『誰もが税金を嫌います。しかし、実際に負担しているよりも税額を過大評価しており、実際の額を知った場合には購入意欲を減少させる効果がなくなります。したがって、ジュースの消費を抑制したいなら砂糖税が上乗せされている事実のみを値札に記載し、その額は記載しない方法をとる必要があるでしょう』と、研究チームリーダーのグラント・ドネリー助教授は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: FlowAffect
ドイツに住んでいる身としては、そもそも表示価格と実際の支払額に差があるっていう仕組み自体が理解できないんだよね。
ここでは、値札に書かれた額をそのままレジで支払うだけ。
アメリカではみんな電卓片手に買い物してるの?


名前: byerss
>>FlowAffect
自分も消費税のない州に住んでいるからわかる。
旅行で消費税のかかる州に行くと、99セントの商品を買ったはずなのにレジには1.09ドルと表示されてなんか混乱する。
小さな頃にレジの人に『99セントって書いてあるじゃないか!』って抗議したことを今でも覚えてる


名前: thomasg86
>>byerss
私も8歳の頃に同じ経験があるよ。
1ドル片手に空港で99セントのガムを買おうとしたら1.08ドルだって言われて買えないの。
おかげで消費税という仕組みを学べたよ。


名前: TheSensation19
実際の額が問題ではなく、そこに税金が含まれていると分かると購入意思に影響を与えるってのが面白いね。
自分はトレーナーって立場もあって、肥満や生活習慣病の温床になってる何を食おうが自由だみたいな信念が嫌いなんだよね。
だから砂糖についても何かしら規制されるべきだとは思うけど、課税がよい方法でないならもっと教育でしっかりやるべきじゃないかな。


名前: someguy3
>>TheSensation19
根本的な問題は、売っている商品ほとんどに砂糖が含まれているってことだと思う。
砂糖が嫌いなら、材料から集めて自分で作るしかないけどみんながそんな時間やエネルギーをもっているわけじゃないから
教育でどうにかなるものじゃない。結局メーカー側が砂糖の量を減らすしかないと思うyp。
他のコメントにあったけど、ポルトガルでは、砂糖税によって企業が砂糖の量を減らすように努力して結果砂糖の量が実際に減ったそうだ。


名前: LampLanguage
>>TheSensation19
国はトウモロコシ農家に助成金をつぎ込むけど、コーンシロップをたくさん作ってほしいからそうしてるわけじゃないだろ。
誰がコーンシロップをたくさん作るために税金を負担したいと思うんだ?しかし実際そうなってる。
自分達で自分達の肥満の原因を作ってるんじゃどうしようもないよ。


名前: AnEngineer2018
>>LampLanguage
国がトウモロコシその他の作物に助成をするのは、100万トン不足するよりは100万トン過剰に生産されたほうがはるかにマシだからだ。


名前: Daruzao
ポルトガルにも砂糖税があり、そのお陰でメーカーは砂糖入り飲料に入れる砂糖を大幅に減らしたよ。
ゼロカロリー飲料もあるにしても、そうでないのを飲みたい人にとってはありがたいことだろう。


名前: NeedsMoreSpaceships
>>Daruzao
アメリカとの違いは、アメリカではレジで消費税が加算されてようやく最終的に支払う額が分かるってところだと思う。
だから、みんな値札になんて書かれているか関心がなくて、実際に支払う額だけにみんな関心がある。
そのせいで砂糖税の効果も他の国とは違ってくるのかも。


名前: tjeulink
>>NeedsMoreSpaceships
そもそもなんでアメリカは税込み表示にしないの?


名前: kyleclements
>>tjeulink
税込表示に対する反対意見としてよくあるのが、アメリカは州によって消費税率が違うから
税込み表示にすると全国的な広告に使えなくなるってこと。


名前: PERSONA916
>>kyleclements
州どころか市や郡単位でも独自の消費税が課せられることがあるからね。
1つ隣のマクドナルドと値段が違うなんてこともままあること。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit