にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【医学】特別な思い出の曲を聴くと、認知症・アルツハイマー患者の脳が活性化する

文化,生活

 単に好きだからとか、あるいは人生の重要なタイミングで聴いたからなど、誰にでもある自分にとって大切な思い出の曲。1年いや10年聴いていなくても、そのメロディーと歌詞を口ずさむのが簡単だと思えるほどの曲は、たとえ認知症になっても自分の脳に働きかける作用があるようだ。

 新しい研究によると、軽度認知症、初期アルツハイマー病の患者がその人にとって特別の思い入れのある曲を聴くと脳が活性化し、脳の可塑性に寄与するかもしれないという。

そういえば認知症のバレリーナが音楽を聴いて踊りだすというニュースがあったね

「研究チームは、初期認知症患者が、その本人にとって思い出の曲を聴くと多様な脳領域をまたいで構成される神経ネットワークが活性化されることを見つけた。特に脳のコントロールセンターともいえる前頭前野での活発化が見つかったことが重要である。

『例えば結婚式で踊った曲のように個人的に特別な意味をもった音楽は、認知症患者の脳を刺激し、その健全性を改善するという証拠を得ました。これは音楽を用いた療法への道を開くことになるかもしれないということです。』
それはとても簡単なことです。これまで自分が愛した曲を聴き続けるというだけです。それが脳をトレーニングすることになります』と、研究チームのトロント大学医学部教授マイケル・タウト氏は語る。

 今回の研究は、非音楽家8人と音楽家6人を対象に3週間かけて行われた。この期間、被験者は、毎日1時間自分にとって特別で長い期間親しんだ曲を集めたプレイリストを聴き、その前後に脳をMRIで調べることでその機能と構造の変化を観察した。またMRIのスキャン中には、その特別な曲と、被験者にとって特別な意味を持たないが特別な曲とスタイルが似ている新しい曲を聴いてもらった。

 その結果、新しい曲を聴いている時には聴覚野で脳活動が生じた一方、特別な曲では、前頭前野の深部ネットワークにおいて顕著な活性化が確認され、実行的な認知活動が行われていることが発見された。また、アルイハイマー病においてはほとんど病理的変化が生じない皮質下領域に対しても強い関与を示していることが発見された。
 そして、音楽家・非音楽家問わずすべての被験者において認知機能が改善したことが報告された。

 なお、研究チームは、脳の構造的、機能的変化について、音楽家と非音楽家には微妙だが明確な違いがあったとするが、より大規模なサンプルを用いた検証が必要であるとする。

 研究チームリーダーのセント・マイケル病院高齢者精神医学部長コリーヌ・フィッシャー氏は、『より大規模な症例対照研究が必要ではありますが、音楽療法が初期認知症患者にとって費用対効果に優れ、かつすぐに実行可能な方法となるかもしれません』と、語った。

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: liquid_at
音楽というのは不思議だね…
もうしばらく何年も聴いていない曲が頭の中で流れ出すときがある。
それがリズムや音楽と結びついているから単に言葉だけのものよりもより深く脳に刻まれるということなのか
なんにせよ音楽には何か特別な力がある。


名前: GoddessOfRoadAndSky
>>liquid_at
音楽は実際に特別なんだよ。音楽は言葉とは違う脳領域で処理されるんだ。
だから、怪我や病気で脳に障害が残ってうまく喋ることができなくなった人が歌は上手に歌うことができるなんてこともある。


名前: SiddharthaSuburbia
>>GoddessOfRoadAndSky
失礼な話だが、オジー・オズボーンは、まさしくそうじゃないかな。
ここ数十年彼の会話能力は著しく低下して不明瞭になっているけど、歌はあいかわらずだ。


名前: LostWoodsInTheField
>>SiddharthaSuburbia
吃音の人が喋るのは苦手だけど曲は堂々と歌えたなんて話もあるね。


名前: MaxChaplin
>>LostWoodsInTheField
それがスキャットマン・ジョン


名前: vezokpiraka
>>SiddharthaSuburbia
オジーは、病気の処方薬のせいであーなっていたらしいよ。
最近はその薬を止めたか変えたかで流暢に喋れるようになった。


名前: IMIndyJones
>>GoddessOfRoadAndSky
うちの娘が自閉症で、長い間言葉を発することができなかったから、今でもうまくしゃべることができない。
どうやら、脳の中で思考をうまく言葉に翻訳できないようなのだけど、歌はうまく歌えるんだよね。


名前: nuorigin
新しい体験とそれと新しい音楽に関連付けて学ぶことは、精神疾患を持つ人の認知機能を高める方法になるんじゃないかな。


名前: NeverNeverSometimes
>>nuorigin
ただここでは逆だね。
ここでの話は、特別に思い入れがある音楽を聴くことで、かつてその音楽のために使われていた脳経路を再び活性化させ、それによって明晰さを得ようというもの。


名前: Wrongdoer-Great
ミラーニューロンについての研究がもっと進んで欲しい。
アルツハイマー病のダンサーが、昔自分が踊っていたダンスを見ると、踊る時に活性化するはずの脳領域がただ映像を見ているだけでも活性化するんだって。
ダンス療法や音楽療法にもっと支援が行われると良いのだけど、かつて私は高齢者向けのダンス療法士を目指したが、まだまだ到底ビジネスとしてやっていけるものじゃなかった。


名前: BassLB
特別な曲ってなんだろうか?
自分が好きな曲ってこと?誰か他人の結婚式のときに流れた曲でもいいのかな?


名前: persephjones
>>BassLB
これまでの人生の中での特定のタイミングを思い出すような曲のリストがない?
なんか聴くと感傷的になって、古い友だちに連絡を取りたくなってしまうようなさ。
まさしくそれが私にとって特別な曲なのだろう。


名前: TheDakoe
>>persephjones
自分はこれっていうほどには思い出が蘇ってくるような曲はないなぁ。
聴くとなんとなく安心感や不安感があったりする曲はあるんだけど、なぜそう感じるのか記憶にはないんだよね。


名前: Krynnadin
>>persephjones
誰でもそういう意味の思い出の曲ってあるものなのかな?
自分には無いから羨ましい。


名前: Felix_Lovecraft
誰にとっても同じ意味がある曲を作れたりすれば面白い治療法になるかもね。


名前: CausticSofa
>>Felix_Lovecraft
QUEENWe Will Rock Youは、まさしく集団的記憶になっているんじゃないかな。
はるか40年前のあのズンズンチャが流れると誰もがそれを理解し参加してくる。
きっとこれからもあの曲は愛され続けるだろう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit