にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【環境】メタンを利用した気候変動対策と魚の養殖用飼料生産の一挙両得アイディアが提案される

環境

 メタンは、それを作りだすことができる生物であるメタン菌がいる一方で、それ栄養とする生物であるメチル栄養細菌がいるなど中々に二面性をもった面白い物質である。人間目線でもメタンは、天然ガスの主成分として強力なエネルギー源として有用である一方で、強力な温室効果ガスとして有害な側面ももつからやはり二面性を持っている。

 そんなメタンだが、今回紹介するのは有用な側面に関する記事で、それは上にも書いたメチル栄養細菌を利用した方法だという。

ビジネスとして成立することは重要です

「スタンフォード大学における新たな研究によると、メタンを原材料として作る魚の養殖用飼料は、既存の飼料よりも安く作ることができるという。

 メタンは、地球温暖化係数(二酸化炭素と比べてどれだけ温室効果があるかを示す)が20年スパンで約85倍、100年スパンでも25倍にのぼるとされ、また対流圏オゾンを増加させる働きのために大気の質を悪化させるなど有害な作用をもっている。

 この解決策として、メチル栄養細菌を活用するアイディアがある。この細菌は、バイオリアクターの中でメタンその他の栄養を与えられることにより増殖し、それを魚の養殖用飼料として利用することができるというもので、現在の植物・動物由来の飼料に代わるものとなりうる。

『一部の企業では、天然ガスを購入して既にこれを行っていますが、埋立地、排水処理施設、石油・ガス施設から排出されるメタンを利用するのがより良いでしょう。メタンの大気中への放出を減らし、生態系を安定させ、経済的なメリットももたらします』と、研究者は語る。

 魚介類の消費は1960年以降4倍に増えており、現在我々が食する魚介類の約半分が養殖ものである。その上、魚介類需要は2050年までに更に倍になると予想されており、大きな課題となっている。

 そこで、研究チームは、メチル栄養細菌が飼料となることは知られていたが、未だその経済性が明らかになっていないことから、メタンの供給源ごとにその生産価格を調査することにした。

 その結果、埋立地、石油・ガス施設からメタンを回収する生産方法が最も安く、それぞれ飼料1トンあたり1,546ドルと1,531ドルで、それは過去10年の既存飼料の平均市場価格1,600ドルよりも安かった。一方で、排水処理施設からの場合では1,645ドル、天然ガスからの場合では1,783ドルと、既存飼料よりも高くなった。

 何れの場合でも、電気代が一番のコスト増大要因であり、キサス州など電気代の安い地域を利用すれば、最大で飼料1トン当たり1,214ドルまで安くすることが可能になることも分かった。研究者たちは、さらなる技術革新により電気代をさらに削減することも可能だという。

 このように、低価格で飼料生産ができるようになれば、米国内で回収したメタンだけで世界中の飼料需要を満たすことも可能であり、植物・動物由来の飼料に取って代わる可能性がある。

『エネルギー産業では、放置された天然ガスの利用方法を何十年も模索し続けてきました。エネルギーと食料システムを並行的に考えることで、両方の問題を同時に解決することが可能であることが明らかになったと思います』と、研究者は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: Carbulon
解決策はそもそもメタンを採取しないことだ。
もし魚の餌になんてすれば炭素循環の一部になるだけだ。


名前: nikov
>>Carbulon
埋立地や排水処理施設はメタンを回収しなければただ漏れ出し続けるだけだが。


名前: Ok_Umpire_8108
>>Carbulon
メタンをCO2に変えるというのであれば、むしろ問題はより穏やかになる。
メタンは温室効果が高いというだけで量それ自体は大したものではない。


名前: ragunyen
良いことだ。
ベトナムの農民が海面上昇による塩分の浸透によって農業から養殖業に移行し始めている。
未来は不安定であり、これは少しは食料安定性に寄与するだろう。


名前: ESB1812 –
1ヶ月前は如何にメタンが悪いか書かれていたのに、今度は良いメタンの話?
メタンを作ってる大企業にとってはそりゃメタンは良い奴だろうな。


名前: LordBrandon
>>ESB1812
メタンは単なる分子だ。どう使うか次第だ。


名前: luminenkettu
良いニュースだね。
牛がオナラとして排出するメタンの問題を解決することになるだろう、


名前: wren337
>>luminenkettu
牛のオナラからどうやってメタンを回収するんだ?


名前: luminenkettu
>>wren337
それが記事で紹介されているもので、そのメタンを養殖魚用の飼料に変換するというもの。


名前: StilleQuestioning
>>luminenkettu
この記事は牛のオナラを回収する方法についてなにも示唆していない。


名前: NieuwsAlt
>>luminenkettu
そもそもメタンを活用すること自体は難しい話ではなく、この記事は活用方法の1つが書かれているにすぎない。
メタンの問題で難しいのは回収する方法であり、牛のオナラや天然ガスからの放出などによる大気への流出をどう防ぐかということ。


名前: Clevercapybara
これは持続可能な方法ではない。“持続可能性”を謳う記事を読むたびに心底うんざりさせられている。
人間は、海を川を囲ってそこで大量の魚を育て、薬を投与し、生態系に悪影響を与え続け、今回は科学農場で作った廃棄物を魚に食べさせようとしている。
私は真に持続可能性に関心を持ったことから海洋生物研究には決して進まないと決めた。
指導教官は藻類を飼料とした牛の作成するメタンについて研究を進めてきたが、それのどこが持続可能なんだ?
養殖藻類を家畜牛に与え、その牛のオナラで飼料を作り養殖魚に与える?
あほらしい。


名前: rydoca
>>Clevercapybara
でもそれを研究することがあなたが本当に欲しているものを得るのに必要なことじゃないの?
それが無価値であると証明できなければ反証のしようもないじゃないか。
価値あるものしか見つけたくないといって勉強をやめる理由がある?
なにが無駄かを見つけるのも価値のあることだろう。


名前: invaidusername
もしも経済性を考えなければ、人類がどれだけのことをなし得るのだろうか。


名前: francis2559
>>invaidusername
言い方を変えれば、お金こそが人間がなにを成しうるかの尺度ということだろう。
欲があればこそ、人々が資源を使い続けることに躊躇も生まれているのだろう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事