Thumbnail of post image 089

生き物

 通常ペットと聞いて連想するのは犬や猫だが、虫を愛する人たちもたしかに存在する。もっと言えば、誰しもが子供時代に虫を飼ったことがあるのではないだろうか。 基本的に帰ってくることを期待できない虫  個人的な経験として、小学校の理科の授業で青虫を育てて蛹にし羽化までを観察するというものがあった。青虫や蛹の間は小さなカゴの中 ...

Thumbnail of post image 138

歴史

 RedditのAskHistoriansサブは、歴史にかかわる質問について誰かが投稿し、そのことに詳しい誰かが回答するとても勉強になる場所だ。 そんなAskHistoriansに昨日投稿された質問は、「携帯やノートパソコンが今の子供達をめちゃくちゃにしているという人達がいるけど、1700年代のご老人達も同じように何か ...

Thumbnail of post image 119

生き物,生活

 インド洋の島国スリランカには野生の象7400頭、人間に飼育されている象が200頭ほどいる。この内、人間に飼育されている象は、観光事業、宗教儀式、木の伐採などの労働使役目的、更に富裕層のステータスシンボルとして飼われている。 そんなスリランカの象について、 今週、 スリランカ政府が新たな象飼育についての規制法を制定した ...

Thumbnail of post image 098

宇宙

 欧州宇宙機構のロゼッタ宇宙探査機は、彼の訪れた彗星・小惑星から不思議な写真や映像をたくさん届けてくれた。その中でもチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の映像が、最も人々を驚かすものだったようだ。 ロゼッタ宇宙探査機と、小型着陸探査機フィラエ 引用元:wiki ロゼッタ宇宙探査機の軌跡  ロゼッタは、フランス領ギアナの宇宙セ ...

Thumbnail of post image 163

インフォグラフィック,歴史

 世界一の権力者になるのはどんな気分だろうか?そもそも、今現在の世界一の権力者は誰なのだろうか。 アメリカ大統領?ジェフ・ベゾス?国連事務総長?どれも到底揺るぎない力というわけではない。ひょっとしたら今この時代には世界一の権力者などというもの自体が考えられないのかもしれない。  しかし、過去に遡ればその時代の世界一の権 ...

Thumbnail of post image 173

インフォグラフィック,北米

 一般的に先進国の人々ほど宗教への関心度が下がり、逆に発展途上国の人々ほど宗教への関心度が高いことで知られている。先進国においては、信仰そのものを捨てないにしても、日常的に教会に通うことや、教義を守りながら生活することは難しいことなのかもしれない。 しかし、アメリカは、最も先進的な国の1つであると同時に、一方では非常に ...

Thumbnail of post image 119

社会

 Redditの「Change My View (CMV)」サブは、投稿主がある問題について自分の主張を提示し、その主張について反論を募集、その反論に納得したり、あるいは再反論するなどして、問題についての自分の考えをより深めていくとても建設的な場所だ。 各国の出生率の差は世界を変えるか  そんなCMVに、「今後世界は出 ...

Thumbnail of post image 067

インフォグラフィック,国際ランキング,社会

 人間というものはなんにでも数字をつけてランキングにするのがどうにも好きなようだ。特に世界の国々という存在はあらゆる指標でもって多種多様なランキング付けがされている。国土面積、人口、GDP等など挙げていけばキリがない。 今日はその1つを紹介したい。世界各国の道徳における自由指数なるものだ。どうやら道徳についての自由とい ...