にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【米国】アメリカの無政府主義者”ソブリン市民”とは

北米,社会

 アメリカの政党といえば民主党や共和党がすぐに思い浮かぶが他にも政党は存在する。昨年行われた大統領選挙の焦点は、バイデンかトランプか、というものであったかもしれないが、バイデン、トランプに次ぐ投票率(選挙人は獲得できなかったが)を得たのはリバタリアン党の候補者であった。

 このリバタリアン党は、とにもかくにも市民の"自由"あるいは"自己決定権"を重んじる。例えば、教育や老人福祉、労働者保護など、現代国家の多くが国家に大きな責任があると考えていることも、社会の自由市場で処理されるべき問題であると考える。だから、公立学校も、公的年金も、労働法のようなものも原則認めない。銃や麻薬の規制も自由に対する規制であるとして認めない。

 ただ、それでも彼らはアメリカという国家の存在を認めている。国家の存在と役割を認めた上で、それが最小限度であるべきだと考えているにすぎない。しかし、国家の存在を認めない人々もこの世にいる。それが無政府主義者と呼ばれる人々であり、ソブリン市民運動は、アメリカの無政府主義グループの1つだ。

 このソブリン市民運動、源流は反ユダヤ的白人至上主義活動であったと言われる。現在においては、人種を問うものではなく、また、必ずしも全体として組織化されてるとは言えず、それゆえにそのイデオロギーにも幅があるのだが、彼らの共通点としては、「現在のアメリカ政府は非合法な存在で、書面手続きによってそのアメリカ市民としての地位を脱することができ、脱したときにアメリカ人ではないソブリン(主権者)となり、ソブリンはアメリカ法に従う必要がない」と、いうような歴史観あるいは社会観を持っていることである。

 よくわからないだろうが、重要(厄介)なところは、彼らがアメリカの法に従う意思を持っていないという部分で、それ故ソブリン市民は、FBIやCIAによって国内テロ組織に認定されている。ただ、実際のところ彼らの活動は通常暴力的ではない。上に書いた彼らの思考にあるように、どうにも彼らは書面というものを信仰している。そこで彼らの行うことは、訴訟や手続き等の乱発によって司法・行政の遅滞や市民活動の妨害を引き起こす"ペーパーテロ"だ。

 長々と説明したが、ソブリン市民というものがどういう人達であるのか具体例となるニュース記事があったのでそれを紹介したい。

文字通りの無法者

「シャネッタ・リトルさんが新しい家を購入してすぐに、ある手紙が届いた。それは、金色の紋章、法的な文章によってさも"公的"書類に見えるもので、18世紀の曖昧な条約を根拠として彼女の新しい家が手紙の差出人の所有物であると主張するものであった。

 彼女はそれをいたずらだと一蹴したが、今年の6月、彼女の家を不法占拠し鍵を勝手に替え、窓に赤と緑の旗を掲げる男が警察の特殊部隊と交渉している姿を見た時には驚くしかなかった。男は、自身を実在しない国の市民であると名乗り、自分には米国法が適用されないと主張する。
 この男は逮捕されたが、すでに釈放されており、リトルさんにはまだ同様の手紙が届いているという。男がリトルさんを標的にした理由はわからない。全く面識がないという。

 これは、過激派グループとして急成長している"ムーアのソブリン市民運動“と呼ばれるグループのお気に入りの手口だ。このグループは、黒人はアメリカにおいて外国人であり、アメリカの法に縛られないとし、また、力をつけるためとして率先して法を破ることをメンバーに奨励している。

 今年の夏、この運動に世間の注目が集まった。ムーアのソブリン市民運動の分派である"Rise of the Moors"と呼ばれるグループが、高速道路を9時間以上に渡って占拠した。彼らは自分達はソブリンであり警察には取り締まる権限がないと主張するも、11人が逮捕された。
 それだけではなく、同運動の活動家が、自分たちには法律が適用されないとして、税金の未納、自動車の速度違反などを起こして行政と衝突する事態が全国各地で増加している。
 南部貧困法律センターによれば、ムーアのソブリン市民運動のメンバーは、インターネット上において数十万にものぼるという。 」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: The oTUGrad
 それは単に泥棒というべきだ。


名前: Terminator_Puppy
 自分が米国に属さないという主張が、米国法から免除されるどのような根拠になるのだろうか。
 私がオランダ人だからといって、アメリカでPCを盗めば犯罪だろう。


名前: Emeraldminer299
>>Terminator_Puppy
 あるいは、カナダ人がノースカロライナに行って、カナダでは合法だとマリファナを吸っても同じだね。
 そのときにそいつに適用されるのはカナダの法ではなくノースカロライナの法だ。


名前: psychothumbs
 偽造された法的文書を作ったところで、それは人々を多少困惑させる以上のものにはならないだろう。
 それならいっそそんなものを作らずに、ただ不法占拠するだけのほうがよほど合理的に思えるが。


名前: Blenderx06
>>psychothumbs
 こういう文書は彼らがやりたいことをやるための自己正当化理由を与えてくれるんだよ。
 人間ってのは想像上の権利やあるいは被害妄想を叫ぶことで脳に快感を生じさせられるのだろう。


名前: MercutiaShiva
 トルコ系移民のアメリカ人の自分は、道端で「ムーア人協会」という看板を見て、てっきりモロッコ人やアルジェリア人が集まってるのかと思って、覗いたのだけどそうではなかった。
 彼らは褐色の肌の私達を好きではないし、中東文化にも興味をもってなかった。この記事を読んでそれがどういう組織だったのか分かったよ。


名前: culus_ambitiosa
 ムーア人のソブリン市民運動のメンバーが数十万にもいるってのは疑わしい。
 ソブリン市民全体が数十万いたとしても、そのうちムーア人のソブリン市民運動のメンバーは10万さえいないだろう。


名前: AvisCaput
>>culus_ambitiosa
 全体でも数十万にもいないだろうね。本当にそうならソブリン市民のニュースだらけになる。
 結局のところそれは、好奇心を煽るための文章だろう。


名前: TheSystem_IsDown
 彼らはこれによって何を得るのかわからない。警察を呼ばれて逮捕されるだけじゃ。


名前: Korrocks
>>TheSystem_IsDown
 たしかに彼らは警察に捕まるだけなのが通常だけど、狂気と執着をもっている相手に、被害者が戦うための時間・お金等のリソースをもっていない場合には、問題が長引くことになる。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit