にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【宇宙】ニュータイプは愚かかもしれない、宇宙での長期滞在が脳に悪影響を及ぼす可能性

宇宙

 直前の投稿で宇宙へ進出した人類の進化の可能性についての記事を紹介したが、その進化の結果について、あまり人類にとって良くないものになってしまう可能性を示唆する研究報告もあるようだ。

 宇宙での、特に微小重力環境での長期滞在について、筋萎縮・骨密度の低下等の悪影響が生じることは既に有名であるが、どうやら人類が人類たる最大の要因である"脳"に対しても悪い影響があるかもしれないとのことだ。

あまり宇宙に長居してはいけない

「ミュンヘン大学の研究チームによる研究は、宇宙での長期滞在が脳への損傷と老化を促進することを示唆している。

 ミュンヘン大学ピーター・オイレンブルグ教授その他の研究チームは、宇宙での長期滞在ミッションから帰還した宇宙飛行士を対象に、血液検査を通して脳組織の健全性を評価した。具体的には、国際宇宙ステーションに平均169日滞在した宇宙飛行士5名につき、ミッション開始直前と帰還直後、更に帰還後1週間後と3週間後に血液検査をするというものである。

 その結果、ミッション開始前と比較して帰還後、特に帰還直後から1週間の間に、脳特有のタンパク質が大幅な増加が確認された。このタンパク質の大幅な増加は、脳の白質部分の神経細胞、及びグリア細胞が損傷を受けていることを示唆している。
 また、アミロイド前駆体タンパク質についての2つの変異体ではさらに大幅な増加が確認され、この増加は帰還後の3週間の観測期間持続しており、また増加とミッション期間には相関関係が見られた。
 他方、脳の灰白質と関連するタウタンパク質については帰還後3週間時点でかなりの減少を示した。

 研究チームは、これら性質の異なるタンパク質の増減につき時間との相関関係が観察されることは、脳の一部ではなく、全体が何らかの影響を受けている可能性があると考えている。
『今回の研究について総合すると、それは、軽度ながらの持続的な脳の損傷と神経変成の促進する可能性を示唆するものです。それも脳全体に対する影響のようです』と、オイレンブルク教授は語る

 この原因については、微小重力の影響によって頭部静脈出血が生じているためと考えられ、これによって脳脊髄液のコンパートメントが増加し、経時的に、白質と灰白質に圧力が加わっていくことによると見られる。
 オイレンブルク教授は、『宇宙での長期ミッション、及び火星旅行を計画する前に、微小重力下の脳に対する影響と対策を研究することが必要です』と、語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: xynix_ie
 うん、長期滞在には重力が必要になるだろうね。
 今は限界ラインがどこかをテストしている段階だろうけど、何れにせよ無重力に人間は対応できないだろうな。


名前: DeepSpaceNebulae
>>xynix_ie
 生命の始まり以来現在に至るまで生物の進化は1Gとの戦いが前提だからね。それ故に、それがないときは数多の問題が生じてしまう。
 上半身の血圧の上昇(重力との戦いがなくなるため)、心臓も含めて筋肉の萎縮、骨密度の低下、血液の減少(微小重力下では血圧を上げようとしなくなるため)、むくみ、眼球の変形、消化器系の問題(実は宇宙ではげっぷしなかたりする)その他諸々、生じる問題には限度がない。
 つまるところ私達は、地球外環境向けには”設計”されてない。


名前: electrojesus9000
>>xynix_ie
『進化の歴史が教えてくれることがあるなら、それは生命は抑え込めないということだ。生命は束縛されず、たとえどんな障害があろうとも新たなテリトリーに広がっていくということだ』ーイアン・マルコム


名前: lilrabbitfoofoo
>>electrojesus9000
 うん、それは架空の人物だ。


名前: Let_me_taste_it
 このニュースによって全く新しいジャンルのSFが生まれるかもね。


名前: Zettinator
 この悪い影響を避けるためにはどれぐらいの重力が必要か、1Gに近くないといけないか、それとも0.1Gでも良いのだろうか。


名前: hi_me_here
>>Zettinator
 0.1Gでは足りないだろう。長期滞在を考えると0.8Gぐらいは必要なんじゃないかな。
 それは結局のところ人間は1Gに適応するように作られており、例えば1.2Gを超えると直ちに強い不快感を感じ、2Gが数時間続くだけで心不全を引き起こしてしまうほどだ。
 だから、今回の記事の研究はそりゃそうだという話。地球ではありえない状況だから、それに対処する機能を人間は持ってない。


名前: MetricVeil
 人間の生理機能は地球の重力に逆らうという形で環境に適応してる。
 内蔵も循環器系も重力の存在を前提として機能するのだから、微小重力では当然うまく機能しなくなる。
 それは、深海でのブロブフィッシュ海面でのブロブフィッシュの違いのようなもんだ。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事