アクセスランキング
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

BBC「日本の水産物が心配なら世界のすべての水産物が食べられないぞ」=韓国の反応

福島の原子力発電所の汚染水放流が始まった後、韓国と中国で水産物敬遠現象が広がっている中、英BBC記者が「とんでもない懸念」と主張している。

ルーファーズ・ウィングフィールド・ヘイズBBC記者は25日、X(旧ツイッター)を通じて「もし福島の汚染水放出のために日本産水産物を食べることが心配なら、どのような場所から出た水産物でも全く食べないほうがいいだろう」と却下した。

ルパート氏は2000年に北京特派員を始め、モスクワ、東京、フィリピン、北朝鮮、中東などでアジアのニュースを専門的に伝えており、現在は台湾で活動している。

彼は日本の福島第1原発と中国の原発のトリチウム放出量を比較した資料を共有した。これによると、2020年に中国浙江省秦山原発が放出したトリチウムは約143テラベクレル(T㏃)である。福島第1原発が年間排出するトリチウムの総量である22T㏃の6.5倍に達する。

公開された資料によると、2021年に中国広東省陽江原発が放出したトリチウムは約112T㏃、福建省寧徳原発は102T㏃、遼寧省洪延河原発は90T㏃だ。いずれも福島原発の汚染水として排出予定のトリチウムより量が多い。

ルパート氏は、自分が公開した資料が日本政府の宣伝資料だと思うなら、フランス北部のリアグ再処理施設がイギリス海峡に放出する三重水素量を見てほしいと言及した。ルパート氏は「そこは福島の450倍に達する年間1万t㏃を排出する」と明らかにした。

東京電力は先月24日午後1時3分に福島原発の汚染水を希釈して計200t水準を太平洋に放流した。東京電力が放流初日に原発半径3㎞以内の10ヵ所で海水を採取して分析した結果、トリチウム濃度は1リットル(L)当たり10ベクレル(㏃)を下回り、正常範囲内であることが分かった。

世界保健機関(WHO)が提示した飲料水水質ガイド上のトリチウム濃度基準値は1リットル当たり1万㏃だ。もし原発からそれぞれ3㎞以内の地点で1リットル当たり700㏃、それより遠い地点で1リットル当たり30㏃を超えるトリチウムの数値が確認されれば、汚染水の放流は中止される。

東京電力は今後、毎日海洋排出の影響をモニタリングし、基準値を超える濃度が出たら直ちに排出を中止する計画だ。国際原子力機関(IAEA)は別の現地事務所を開設し、福島の汚染水排出が海に及ぼす影響を観察する。

東京電力は今後、1日に約460tの汚染水を海水で希釈して放流する予定だ。この作業は一次的に17日間行われ、合計7800tの汚染水が放流される。東京電力はこのようにして今後30年間、汚染水合計134万tを放流する予定だと明らかにした。

これについてはなぜ誰も何も言わないのか。

BBCオフィシャルじゃない。多数の特派員の一人の個人的な意見をツイッターに投稿した内容だ