にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【生き物】キツネの種類、22タイプ(+5)

2021年10月20日インフォグラフィック,生き物

 キツネ、最近その可愛さに気付かれた方がますます増えている印象だが、このキツネは、そもそもどのような動物なのだろうか、またどのような種類があるのだろうか。

 ということで、その参考になる画像があったのでそれを紹介しつつ、さらには、"キツネとはなにか"、についても探求していきたい。

22種類のキツネ、そしてその他のキツネ

クリックで拡大
著者翻訳・画像引用元:Reddit

 
 ここでは、キツネには広義、狭義、そして最狭義の意味があるとして、説明させて頂きたい。

 まず、狭義のキツネは、イヌ科キツネ属のことをいい、これが一番純粋な意味でのキツネだ。
 キツネ属は全12種である。なぜか上の画像からオジロスナギツネだけが忘れられている。⑲オグロスナギツネと名前(も見た目も分布域も)が似ているが別種のキツネである。

オジロスナギツネ

 一方、広義のキツネは、キツネ属のみならず、世間一般でキツネだと考えられているような種を合わせて言った意味だ。つまり、かつてはキツネの一種だと考えられ、それゆえ"~ギツネ"という名前で呼ばれていたが、調べていく内に実際にはキツネ属とは結構遠い種であることが分かったものの、"でも似てるじゃん"、ということで今でもキツネとして広く一般に認識されている種、という話である。

 この非キツネ属の広義のキツネは全12種。上の画像では、⑤ハイイロギツネ、⑦オオミミギツネ、⑧シマハイイロギツネ、⑩カニクイギツネ、⑮ダーウィンギツネ、⑱パンパスギツネ、⑳クルペオギツネ、㉑スジオイヌ、㉒セチュラギツネがそうである。また、この画像内にない種として、チコハイイロギツネフォークランドギツネ(絶滅種)アビシニアジャッカルコズメルギツネ(恐らく絶滅種)がある。

チコハイイロギツネ

 さらに最狭義の意味のキツネは、アカギツネである。これは、日本や地域ローカルな話で、日本人にとって最も身近なキツネがアカギツネだから、キツネと言われれば頭の中で一番連想しやすいのがアカギツネである、という程度の話である。

 ちなみに、③マーブルギツネと④ギンギツネは、どちらもアカギツネでもある。マーブル(大理石)ギツネは人為下での突然変異で、ギンギツネは自然下でも一定確立で生まれるアカギツネの毛色違いの個体だ。

マーブルギツネ
画像引用元:Reddit

 狭義でも広義でも、そこに含まれる種はすべてイヌ科であることには違いがない。これは、他のイヌ科の種と彼らがそう遠くない先祖を共有していることを意味し、実際に分類学上の重要な要素である、歯の数・種類や脚の骨の形、(可愛さ、)等を広く共有しているグループだからだ。

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: juulpunk
面白い事実として、キツネはすべて完璧だ


名前: Manticore_007
キツネはイヌのハードウェアの上で猫のソフトウェアを動かしたような存在


名前: carbon6595
Firefoxはないの?


名前: Dirtyeyespeeled
この画像がだめだよ、サイズ感がわからないもん フェネックとアカギツネじゃ、ちょうどトイフォックステリアと柴犬ぐらい大きさが違う


名前: MrCommentor69
スターフォックスは?


名前: aRandomForeigner
チベットスナギツネ…なんか親近感あるなぁ…


名前: Jules_Lupus
エルウィン・ロンメルを忘れてないかい


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事