にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【歴史】古代の遺産は誰のもの?イギリスは他国に遺物を返還するべきか悩んでいる

2021年11月1日歴史

 大英博物館は、間違いなく世界最大の博物館であり、過去から現在に至るまでの世界中の人類史をその中に保管しているといってもいい。したがって、それ自体人類の財産なのだが、なぜそれだけの価値を築けたかについては批判を受けることが多い。つまり、"盗品だらけじゃないか"ということである。

 これは、文化財返還問題として知られている問題で、大英博物館に限らずだが、素晴らしい収蔵品を持っている博物館ほど、その収蔵品を保持する正当性に疑いがかけられているということだ。特に19,20世紀に巨大な植民地をもつ帝国主義であった国々の博物館には、その旧植民地の遺物の多くが収蔵されており、その返還が必要ではないかと批判されているのである。

 そして、その批判の対象の筆頭が大英帝国の下で広く世界中の遺物を集めたイギリスであり、そして一番苦悩しているのもまたイギリスのようである。

正当な所有者は誰ですか?

「水曜、ケンブリッジ大学では、ナイジェリアにオクコールのブロンズ像を返還する式典が行われた。この像は、1905年に大学に寄贈されたものであったが、そもそもは1897年に英国がベニン王国に侵攻した際に同地から略奪されたものである。木曜には、アバディーン大学でもナイジェリアに彫刻が返還された。

 ヨーロッパでは他にもフランスやドイツなどでも同様に、ナイジェリアへのベニン王国時代の遺物の返還が進められている。
 このような動きは、900点を超えるブロンズ像のコレクションや、パルテノン神殿のエルギン・マーブル等の世界的に有名な盗まれた芸術品を所蔵する大英博物館によっては不愉快な問題である。

 イギリス政府は、大英博物館は世界有数のグローバル都市に存在し、多くの人が訪れる一流の博物館であり、最高の設備を整えているから美術品の保管場所として最適であると主張する。
 しかし、このような論法は多くの人にとって侮辱的であり、『ナイジェリアにも最新の博物館があるにも関わらず、盗まれた遺物を管理する能力がない貧しい国だと言っているようなもので、昔と変わらぬ人種差別的発想です』とバーミンガム市立大学の黒人研究学の教授ケヒンデ・アンドリュース氏は語る。

 ジョージ・フロイド氏の殺害を発端としたBLM運動は、植民地主義や奴隷売買などの自国の歴史や大英帝国による残虐行為について、イギリスの人々に難しい議論をすることを余儀なくさせた。
 昨年夏には、17世紀の奴隷商人のエドワード・コルストンの像が解体され、さらにウィンストン・チャーチルの像までもが破壊されたとき、同国ボリス・ジョンソン首相は、像の破壊を『不合理で不名誉』と非難し、その後に像を傷つける行為を犯罪とする法案を提出した。

 ベニンのブロンズ像についていえば、同国政府広報担当者は、『博物館は、政府から独立して運営されており、収蔵品の管理や運営についての決定は、各施設の担当者が行っています』とし、私有物であるとする。また、現在のところ、大英博物館は法律によって遺物の返還が禁じられており、貸し出しの形でナイジェリアの美術館に送られる可能性が検討されているという。

 今後遺物が返還されるかどうかは、怒りと分裂の時代にあって、イギリスによる過去の歴史への取り組みついて、一方の側への象徴的勝利をもたらすことになりそうだ。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: ghrayfahx
古いジョークを思い出した。

“なぜエジプトにはピラミッドがあるの?”
“大英博物館に収まりきらなかったから”


名前: Snoo65810
>>ghrayfahx
つい2000年代以前まで、ヨーロッパからの”探検家”が、好き勝手に墓を彫りあさり、多くの遺跡を破壊していたからね。


名前: TailRudder
>>Snoo65810
公平を期すために言えば、エジプト人もまた同じことをしていた。
Netflixにそのドキュメンタリーがあったが気分が悪くなったよ。


名前: pretentious_couch
イギリスにおいては略奪は文化そのものだ。
それを返還しろだなんて、それはそれで別の文化遺産を奪うことだ。


名前: UrielVentris4th
>>pretentious_couch
笑ってしまった自分が嫌い。


名前: DirtOnYourShirt
>>pretentious_couch
返還すればもう一回奪えてお得じゃん


名前: Boo_Diddleys
どこに送り返すか次第だけど、通常あまりよい答えにはならない。
イスラム以前のメソポタミアの遺物が大英博物館には多く収蔵されているけど、これを返還すれば、略奪され破壊されるだろう。
多くの遺物は人類の共有財産であって、安全な場所に保管されるべきだ。


名前: bobonga
>>Boo_Diddleys
多くの人はそれを理解していない。まだまだ多くの場所が紛争地帯だ。イギリスは石一つ返すべきではない。


名前: DoomedApe
>>bobonga
ブラジルの国立博物館が消失したときに自分も意見を変えたよ。 今後の研究のためにも、遺物はちゃんと保存されることが最重要だ。


名前: BluddGorr
>>DoomedApe
数年前にノートルダム大聖堂が炎上したけど、どこか別の場所に移すべきだったかな?


名前: DoomedApe
>>BluddGorr
うん、フランスが現代的な消化方法を行えないならそうするべきだ。歴史的遺品の喪失は国の恥だ。


名前: castlite
大英博物館から奪われた収蔵品を返還したら、もうほとんど何も残らないだろう。


名前: Dermutt100
>>castlite
なら、アメリカの博物館にあるヨーロッパの美術品は”奪われた”ものなのか?


名前: thelastevergreen
>>Dermutt100
いくつかは借りているもの、いくつかはナチスの略奪のあと元の所有者に戻らなかったものだろう。


名前: Dermutt100
>>thelastevergreen
イギリスにある多くの美術品と同様に、アメリカも優位な地位からそれを安値で買いたたいた。
戦後にイギリスが破産したあとに、米国に売られた多くの美術品を誰も”奪われた”とは言わないのと同じ。
もしイギリスが勝ち続けていたら、大英博物館はあと10個必要だったろう。


名前: drax514
返却は非常に慎重に行うべきだと思う。
例えば、宗教の狂信者によってたちまち破壊されるようなケースが考えられる場合返還するべきではないし
不安定な国で闇市に流れてしまう可能性がある場合も返還するべきではない。


名前: Calavant
>>drax514
今現在は、宗教よりむしろ政治的な理由で歴史を消したり書き直したりしたいと思っている国がある。
例えばかつての中国やナチスは、芸術の多くを退廃的であるとして、タブー視するまではないにしても
”都合の悪い”時代、人物、作品として日の目を見なくなることはありえるだろう。
検閲や焚書の対象にならない限り返還は基本的に良いことだとは思うけど
これらの遺産は全人類の遺産であって、それぞれの国はその管理者にすぎないというのを忘れないで欲しい。


名前: Ameisen
>>Calavant
さらに言えば、現代の多くの文化は、ただ同じ場所にあるというだけで古代の文化と特別な繋がりをもっていない場合があるという問題もある。
その場合に彼ら”正当な”所有者たるのだろうか?
例えば、ミケーネ文明と今のギリシャは言語的にしか関連性がなく、その他の文化においては全く連続性がない。


名前: LeonOnit
バチカンは?


名前: millionreddit617
>>LeonOnit
イギリスの悪い話は人気のトピックだが
バチカンの悪い話は、神々がそれをするのを禁じている。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit