にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【教育】アメリカでは学校図書館から特定の本を禁止する運動が活発化している

2021年11月26日北米

 日本において学校の図書館というのは、学校教育をより充実させるものとして位置づけられ、小中高においてその設置が義務づけられている(学校図書館法参照)。おそらくその趣旨は世界的に普遍であると思われるが、言い換えれば図書館は学校教育の場の1つである以上、そこは単に一般的な図書館の小型版というよりも生徒達の教育ニーズに則したものであることが求められる。

 そうすると、明らかに教育的ではない本というわけではなくても、教育ニーズに対する価値観の違いにより、ある本について、”学校図書館の蔵書にふさわしい/ふさわしくない”と意見が相違する場合も出てくるだろう。そしてどうやらアメリカでは今その意見の相違が激化しているようなのだ。

アメリカの子供達はどれぐらい図書館を利用するものなのだろうか

アメリカ図書館協会(ALA)は、学校図書館における特定図書を追放しようという試みがかつてないほど増加していることを報告する。

 例えば、ノーベル賞作家トニ・モリソン氏の“青い眼が欲しい“がユタ州において『露骨に性的』であるとして学校図書館から撤去され、バージニア州においては同氏の”ビラヴド“も同様の理由で撤去の申立てがある。

 他にも、カンザス州北部ではLGBTQをテーマにしたアリソン・ベクダル氏の“ファン・ホーム:ある家族の悲喜劇”が、ペンシルベニア州南部ではジャクリーン・ウッドソン氏イジェオマ・オルオ氏イブラム・X・ケンディ氏などの著名な有色人種作家による書籍が全面的に撤去された。

 また、バージニア州ではLGBQIAをテーマとした小説が子供達に提供されていることについて保護者グループが抗議しており、教育委員会のあるメンバーは、『あの本は火の中に投げ入れられるべきです。それとも子供達が公立学校でキリストよりもゲイポルノを学んでほしいと願う社会になってしまったのでしょうか』と語った。なお、その後その小説について教育委員会は、『露骨に性的』であるとして地区の学校図書館から撤去することを命じた。

 このような状況について、ALAのデボラ・コールドウェル・ストーン氏は、ヘリテージアクションヘリテージ財団といった保守系政治団体が、人種差別、黒人の歴史やLGBTQIAをテーマとする書籍や資料を検閲する組織的キャンペーンを展開していると指摘する。
『これらの組織が、学校・公立図書館の蔵書について異議を申し立てる方法を保護者達に教示する資料を配布しています』と、同氏は語る。

 また、同氏は、それらの市民活動よりも政治家による同種の活動を特に懸念しているとし、『憲法修正第一条により検閲は禁止されていますが、テキサス州やサウスカロライナ州の知事は、学校図書館からその定義も明らかにしないままポルノを一掃すると宣言しています』と語る。

 ALAでは、このような撤去や異議申立てについて昨年273件以上確認しているが、2021年はこの数が更に増えることが予想されている。

 この動きに対する反撃もあり、バージニア州スポットシルベニ学区教育委員会では、一旦『露骨に性的』であるとした書籍についての撤去命令を取り消した。また、ペンシルバニア州セントラルヨーク学区でも大規模な抗議のあとに撤去命令を取り消した。

『本の中のいくつかの単語、段落、画像だけをつまみあげて卑猥であるとかポルノであると主張するのは簡単なことです。しかし作品全体を通して評価する必要があます』と、コールドウェル・ストーン氏は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: popfer87
人種問題やLGBTQIAをテーマとした本を禁止することによって、如何に自分が道徳的で知的であるかを示そうとするのはどういう了見なのか。


名前: baphosam
>>popfer87
IとAはいつ加えられたの?私自身Bだけど、LGBTQIAなんて初めて聞いた。


名前: Sparklynewusername
>>baphosam
Lesbian、 Gay、 Bisexual、 Transgender、 Queer/Questioning、 Intersex、 Asexual/Agender(無性愛/ジェンダーレス)
たしか2年ほど前から見始めたかな?LGBTQIAの後に“+”が付けられることもある。
それはLGBTQIAのそれぞれの定義に合致しない人も排除されているわけではないというのを強調する趣旨だ。


名前: SilentFiend
イラスト付きでオーラルセックスやアナルセックスの手ほどき本なんてのは流石に学校図書館に置くのはやめたほうがいいと思うね。
お上品な方々はそれを気にされないようだけど。


名前: Bedbouncer
>>SilentFiend
うん、誇張されていると考える人は、問題になっている本について文章やストーリーではなくそこに載せられているイラストについてググってみるといい。
え、それはまずいんじゃってなるから


名前: entwined_Rhino
>>Bedbouncer
それを教材として使っているというならたしかに不適切な場合もあるかもしれないが
今問題になっているのは図書館で禁止するというものだろ。そこの違いはわかるよね?
そもそもさ、思春期の子供だって実際問題セックスしてんだよ、さらにはまともな性知識があるほど初体験は遅れる傾向があるなんて研究報告もある。
子供を性から遠ざけようとするよりも、ちゃんとした性知識を子どもたちは得たほうがいいんだよ。


名前: 7point7
>>Bedbouncer
具体的にあなたはどの本について言っているの?The Bluest Eye(青い眼が欲しい)でググっても別に何もまずいものは出てこないけど。


名前: jovialpineapple
>>point7
例えばよく問題になるマイア・コバベの“ジェンダー・クィア”の画像を貼ろう。
別に生々しいものでもないし、本の中でこれらが唯一のセックス描写だけどね。
https://imgur.com/a/Sg0bwfu(18禁注意)


名前: Silverseren
共和党のマット・クラウスが禁止するべきと主張する800を超える書籍のリストがめちゃくちゃおもしろい。
そのうち特に面白いのをいくつか紹介しよう。
ナット・ターナーの告白
ブラック・スワン
生命倫理学 :人の生死は誰が決めるのか? (これは学術書なのにね)
We the students :学生に関する最高裁判例集 (弁護士でもある彼がこれを入れるってことが面白い)
彼らはKKKを名乗った (うーん、どうしてそれを読まれたくないのだろうかね)
・キンセアニェーラ (…読んで字のごとくラテン文化についての本)
The offenders:囚人が地球を救う!(この本は超能力少年達の物語で、如何にいじめがいけないことか伝えるものだが、クラウスの道徳心には反したのだろう)
ネイティブアメリカンとジェノサイドの問題(おお、アメリカが先住民に何したかなんて知る必要ないよね)
ウィル・グレイソン,ウィル・グレイソン(あぁジョン・グリーンの本がここにあったか、むしろ彼は誇りに思うことだろう)
医学百科事典 (…え?ちょ…)
侍女の物語(うーんなるほど)
Vフォー・ヴェンデッタ(ほほー)


名前: Dizno311
>>Silverseren
いいね。そのままうちの図書館のトップに飾りたいわ。完全なリストはあるの?


名前: Silverseren
>>Dizno311
はいここに。
リストを見て貰えればわかるが、マイノリティ、LGBT、10代の妊娠中絶に関する本でほとんど占めている。
また性や思春期に関する本もあるね。10代に向かないどころかまさしく10代向けの本なわけだが
リストは時系列だから、ここ2年ぐらいのリストを見ればBLMに関する本が多く占めているよ。 


名前: LilShaver
未成年者に猥褻なものを見せるのは犯罪だ。
でも保護者が学校から猥褻なものを撤去しようとすると批判される。


名前: BooksAreLuv
>>LilShaver
それは撤去しようという本の多くが、実際に“露骨に性的”ではないからだ。
LGBT+を扱っているというだけで、なんらポルノ描写がなくても“露骨に性的”のレッテルがたくさん貼られている。


名前: ConnorXChloe
>>BooksAreLuv
数週間前にある本が禁止されたというニュースについてのスレを読んだが
その本はオーラルセックスしている描写を詳細に説明するようなものだった。あれが露骨に性的ではないというんだな。


名前: BooksAreLuv
>>ConnorXChloe
だから“多くが”って書いただろ。ちゃんと読んでくれ。
もちろん実際に露骨に性的な場合もあるだろう。しかしそっちのほうがまれなんだよ。
彼ら活動家達は、撤去するべき本と、撤去するべきでないが彼らが撤去したい本をまぜこぜにしてるのさ。


名前: raoulmduke
この活動家達は一方ではキャンセルカルチャーに不満を言っている人達でもあろう。


名前: VesperLynd-
>>raoulmduke
彼らの考えに反するときはそれはキャンセルカルチャーであり
彼らの考えに沿うものはそれは正義だ。


名前: TRauck
>>raoulmduke
どこもかしこも偽善ばかり、良識のある政党がほしいもんだ。


名前: Octarine_
>>TRauck
だから私は自分を中道でありたいと思っている。
この世には味方と敵しかいないと喚き散らす連中の誰とも関わりたくない。


名前: TRauck
>>Octarine_
でも極右だから極左だからといって、彼らの主張のすべてが完全に間違っているというわけではない。
問題なのは主張それ自体よりも、なにか1つの問題について同意しない相手に対してただちに敵認定してくるという人々が多すぎるという点だ。
正直なところ、今こうしてアメリカがある理由がわからないよ。だって国を作るって意見の相違を乗り越え 道徳的政治的に納得行かないことでも妥協し同意していかないといけないだろ。
今なら絶対ムリだな。


名前: ShelfordPrefect
・神経質すぎる人
・キャンセルカルチャー
・個人の選択や責任に対する反対者
・権威主義的政府
・反言論の自由

一体彼らは政治的スペクトルのどこにいる人達なんだろうね。


名前: gusterfell
>>ShelfordPrefect
右派は投影大好きだからな。彼らが左派を非難するとき、その内容は大概彼ら自身のやっていることだ。


名前: entwined_Rhino
>>gusterfell
右だけじゃない左も同じ、誰もが己を以て人を量る。


名前: andreaswpv
この活動に対する抵抗運動としてなにかできることはあるのだろうか?


名前: Alcohol_Intolerant
>>andreaswpv
それは図書館に様々なテーマの本を置いてくれていることについて感謝のメッセージを送ることだ。
利用者からのフィードバックは重要で、それが彼らの自立性や予算を保護する機能を発揮する。
さらに最善の支援は資金を援助することだが。


名前: khaleesibitchborn
>>andreaswpv
投票することだ。教育委員会であれ図書館委員会であれ、あるいは更に小さな選挙であれ。
結局生殺与奪はそれらの委員が握っているのだから。
それから、図書館を利用してそこの責任者達と図書館について話し合い、彼らに感謝を伝えよう。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

サイト内関連記事