にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【米国】アメリカの若者の1/3以上が将来の内戦の可能性を懸念する

北米

 アメリカは、今でも戦争といえば内戦である南北戦争をいの一番に思い浮かべる人も多いとされるほど、大きな内戦を経験している国である。そのアメリカでは、再び内戦が生じる可能性が十分にあるのではないかと考える若者が増えてきているそうだ。

 昨今、アメリカの政治的分裂が指摘されることが多いが、とはいえ二大政党制は昔からのことであるし、時に民主党が時に共和党が政権を担いながら切磋琢磨している状況に今も変わりはない。若者は一体どこに内戦に至るほどの病をアメリカが抱えていると考えているのだろう。

内戦で解決できるというよりも、解決できずに内戦に向かうのではないかという危惧のようだ

「ハーバード大学公共政策大学院政治研究所の発表によると、世論調査によりアメリカの若者の多くが自国の民主主義と内戦の危機を懸念していることがわかったという。この調査は春と秋の年2回、20年以上にわたって続けられているもので、今回は全米の18~29歳の2,109人を対象としてアンケートに答えてもらった。

 調査では、アメリカの民主主義について“健全である”と答えたのはわずか7%で、“問題がある”又は“失敗している”と答えた人は52%にのぼった。また、35%が自分達の生きている内に内戦が起きるかもしれないと考えていることがわかった。

 バイデン政権の支持率については、前回春の調査から民主党支持層で-10%の75%、共和党支持層で-13%の9%、無党派層で-14%の39%と軒並み低下した(全体で-13%の46%)。他にも回答者の過半数が、コロナの影響、気候変動を懸念しており、また、メンタルヘルスについての悩みを報告している。

 回答者は、バイデン政権が重点的に取り組むべき問題として、経済対策、国の結束、医療の改善、気候変動対策の順で挙げた。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: hcdvrwxvomtbe
市民vs市民的な意味の内戦が起きるとは思わない。
それよりも大規模な市民的暴動とそれに対する権威主義的な抑圧政権という構図になる可能性の方が高いだろう。
二極化を煽り立てるアルゴリズムを止めない限り何れその日はくるだろう。


名前: ET-GoesByCatfish
>>hcdvrwxvomtbe
でもRedditを見てみろよ。
もはや自分と違う意見をひたすら軽蔑し左右の間に議論さえ生じず、中道でさえ彼らから敵視される。


名前: mcdandynuggetz
>>ET-GoesByCatfish 1
Redditの人間がみんな自分の素性と意見を正直に語っているとでも思っているのか。
ボットもあればロシア中国の諜報機関かもしれないし、ただのトロールかもしれない。
Redditの愚かなコメントの数々やそれを投稿する人々の多さを過小評価もしないがとはいえ話半分に聞いとかないと。


名前: davisjaron
SNSによって誰でも自由に自分の主張を発信できるようになったがから、そのせいで昔より今日が悪く見えているんだと思うぞ。
もちろん実際に悪化している部分もあるのだろうが、ほとんどはそうではない。
ネットの酷いメッセージの影響を受けて暴動だ略奪だバカなことをする奴もいるが
大方の人間はただ平穏にまともな暮らしを願っているのは今も昔も変わらずそうだろう。


名前: reddituseranyonymous
南北戦争のときは火種が生じてから実際にそれが起きるまでには何十年とかかった。
おそらく1820年のミズーリ妥協からそれを始まるが、1854年のカンザス・ネブラスカ法まではわりかしゆっくりと進展していった。
そして各州が離脱を宣言してからでさえ、1861年4月の最初の砲火にまで半年ぐらいはかかっている。
もし今同じようになっていくのならそれは遥かにスピーディーに進むだろうが、それは一方で組織化の進まぬまま生じることにもなろう。


名前: AnDrEwlastname374
>>reddituseranyonymous
選挙のたびに悪い方向に向かっていくし、自分は長くても12年後までには起きるだろうと思っている。


名前: atari-2600_
>>AnDrEwlastname374
楽観的だなぁ、自分は10年以内だと思う。
2年前の時点でもあと10年後ぐらいにはなっているだろうというレベルの分裂が今もう起きている。
もはや6年後さえどうなるかわからない。


名前: AlbertVonMagnus
>>atari-2600_ 639
ただ手をこまねいてはいればそうなるかもしれないが、今では多くの人が問題の根本が広告収入に依存するメディアにあるということに気付き始めている。
議会でもこの問題が取り沙汰される状況になってきているし、私達の行動次第で未来は変わりうる。
ハーバード・ビジネス・レビューの記事では、扇動的なジャーナリズムが真面目なジャーナリズムを
どうしていともたやすく上回り、ひいてはそれが四権を蝕んできたかが書かれている。
その問題への対処として、彼らは市民ジャーナリズムを提案しているが
個人的にはジャーナリズムが広告収入を得ることを禁止することのほうがより直接的で手っ取り早い解決になると思っているが。


名前: Thaall
>>AlbertVonMagnus
それはジャーナリストの多くが心の底で望んでいることである一方で、そうはいっても収入源は必要だ。
そこに政府出資という選択肢はない。それじゃ広告主が政府に代わるだけだから。


名前: GlassCannon67
心配し過ぎだよ。
むしろ臨界点を超えるまえに中国と戦争になると思うが…


名前: aliokatan
>>GlassCannon67
中国との戦争はアメリカにとって内戦のようになるだろう。


名前: deliberateandconquer
>>aliokatan
国内で意見が別れて内戦になるっていう話?


名前: johnlifts
>>deliberateandconquer
たぶん彼が言いたかったのは、中国は直接的に攻撃してくるよりもアメリカの不安定化を煽って内戦に誘い込もうとしてくるだろうということじゃないかな。


名前: ManagementSevere378
若者はこれまで民主主義を見たことがなく、金権政治しか見たことないんだからそりゃ


名前: RedPandaRedGuard
>>ManagementSevere378
金権政治よりも寡頭政治だと思う。金権政治だと金がすべてになるけど
寡頭政治なら、最富裕層だけでなく将軍でも有名人でも影響力さえあればその仲間に加えられる。


名前: ManagementSevere378
>>RedPandaRedGuard
その影響力のある人物を作るのも消すの上位1%の金持ちの自由なんだよ。


名前: dbadefense1990
内戦?違うね。
この10年の間で西側“民主主義”諸国のナショナリズムが高揚しているのを見るに、むしろ第三次世界大戦と核兵器の使用のほうが早くくるだろう。


名前: fotografamerika
>>dbadefense1990
うん、今では右も左も意見の異なる自国民よりも、意見の一致する外国人に連帯感を持つようになっている。
したがって、どこかの国の1つの動きが世界的な動きになることが考えられる。


名前: csthrowawayquestion
歴史的な先例に基づくと内戦の主因は食糧費だ。
大多数の人々の食糧費が収入の40%を超えるほどインフレが進行したとき、暴動、騒乱、内戦のきっかけになる。
ほかの部分ではうまく行っていてもそれだけで十分内戦の原因になるし、今のアメリカが文化的政治的にも混乱しているからますますやばい。
そして今食料のインフレが進んでいるし、結構まずいんじゃないかと思っている。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit