にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【欧州】ポーランド首相は、EUとの”第三次世界大戦”の開始を警告する

ヨーロッパ

 ポーランドとEUの関係が現在こじれまくっている。言うまでもなくポーランドはEU加盟国であるが、先日ポーランド憲法裁判所が、EU法に対して国内法が優位するとの判決をしたことから、これに対して欧州議会・欧州委員会が対ポーランドEU予算凍結の制裁を予定している、という状況である。

 そもそもポーランドは、政府が反LGBT等のEUの基本理念に基づかない政策を推進する一方で、国民レベルではEU諸国の中で最も高いEU支持率を持っている等、かなり混乱に満ちている。

 この高支持率だが、ポーランドはEU予算から毎年約1兆円程度の割当を受け最大の受益国になっているというのも大きいだろう。だが、先に述べたように今回EU側はそれを凍結しようとしているため、ポーランド側が大反発を見せているようだ。

互いに"法の支配に反する"と非難しあう

「ポーランド憲法裁判所が国内法がEU法に優位するという判決を下したのに対して、欧州委員会が同国への何十億ドルもの補助金や融資を凍結すると表明した。これに対して、ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、EUへの警告の声明を発表した。

 同首相は、『欧州委員会が第三次世界大戦を始めたらどうなるのでしょうか、我々はあらゆる武器を使って自らの権利を守るでしょう』とし、EUの気候変動対策法案への拒否権発動の可能性についても、『これ以上悪化するのであれば、我々としても方策を考えなければなりません』と、匂わせた。
 また、コロナ復興補助金として360億ユーロを欧州委員会が留保していることに対して、『法の支配に反する』とした上で、『ポーランドは屈しない』と述べる。

 さらに、ポーランドが欧州司法裁判所の判決を履行するまで、ポーランドに対して毎日罰金を科すというEUの決定を覆すべきだとし、『私達の頭に銃を突きつけるまねをやめてほしい。このような方法は、私達から行動に移そうという意欲を失わせるだけです』と、述べた。

 だが一方で同首相は、最近行われたドイツ・メルケル首相や、フランス・マクロン大統領らとの会談について『非常に満足できるもの』と総括し、”ポレクシット”のリスクはないとした。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: EuropeaballSaxony
なにがしたいのだろう?彼らはEUに宣戦布告したいの?


名前: stirochrisp
(ポーランドのww1,2の結果を考慮すると)まぁそりゃ抵抗するわな


名前: Dark_plightUnited States
>>stirochrisp
WW1の後、ポーランドは独立を回復し東に拡大、WW2の後、ポーランドは西に拡大
ということ?


名前: Culaio
>>stirochrisp
ポーランドは今もそこにあるが、ナチスやソ連は消えた。


名前: collectiveindividualIreland
ポーランドの言っていることは、自分達はEU諸国の中で最も優位でなければならないということだ。
自分自身の狂気に気付かないのだろうか?


名前: shamieurope
>>collectiveindividualIreland 8
それはドイツの立場のようだね。
もしEUが真に”平等”なら、懸命に働くギリシャ人の医師や専門家の税金がドイツに奪われて
ドイツ人の失業者のためのプログラムに使われるのではなく、ギリシャ人のために使われているだろう EUに平等なんてどこにもない。
現在の黒字国と赤字国が分かれる状況では、EUのどこに平等があるのだろう。


名前: MaximumPositive6471
ポーランドはミニロシアのようなものだ。


名前: ChiliMT
>>MaximumPositive6471
それはポーランド政府であって、ポーランド国民の意思ではない。私達はこのような政府の行動を嫌っている。


名前: KefengGermany
>>ChiliMT
ああ、私の祖父も熱心な社会民主主義者でナチス嫌いだったよ


名前: Sir-Knollte
>>ChiliMT
国民の意見や希望を無視することはとてもロシアらしいことでもある…


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit

 ペイウォール問題のため、今回は同じニュースを扱っているものの、記事とRedditのスレッドが別のものになっています。ご理解下さい。