にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【SNS】利用するSNSによって異なるパンデミック中の幸福度の違い

インターネット,心理学

 コロナパンデミックによるロックダウンや外出制限は、SNSの利用を促進したと言われているが、その目的は、せめてオンライン上では人と繋がろうとする社会性をもった動物としての人間の本能であろう。

 だが、人との繋がりを求めてSNSを活発に利用した結果、かえって不幸になっては本末転倒。今回、フランス・ベルギーで行われた調査は、利用するSNSの違いは幸福度の違いを生むかというものだ。

つまり見下す対象がいると人はポジティブになれるってこと?

「コロナによるロックダウン中、SNSを用いて人々と連絡を取り合うことが推奨された。新しい研究は、より具体的にそれぞれのSNS利用による影響を調査するものだ。

 この研究論文著者アレクサンドラ・マッシャントニオ氏は、研究の動機について『パンデミックを通じてSNSの利用が爆発的に増えました。これが個人の幸福に影響を及ぼすのか、もし影響があるとすれば、それをどのように調整できるか理解することが必要だと考えました』と、述べる。

 調査は、主としてフランス人とベルギー人の18~77歳までの793人を対象に、2020年4月から始まり、ロックダウン前後のFacebook、Instagram、Twitter、TikTokの使用頻度、能動的(投稿等を行う)な利用か、受動的(見るだけ)な利用かを尋ねた。
 また、SNSを通じてソーシャルサポートを受けられたかどうか、SNS上で他者と自分とを比較する傾向の程度、そして、ネガティブな感情、ポジティブな感情、生活の満足度の3つの幸福度評価の調査も行った。

 その結果、パンデミック中のSNSの利用の増加、そして利用するSNSの違いが幸福度への影響の違いも生むことがわかった。
 まず、TikTokの積極的な利用は、能動的受動的何れであっても幸福度に影響を与えなかった。

 次に、Instagramの積極的な利用は、ソーシャルサポートの増加と関連し、生活の満足度が向上する一方で、ネガティブな感情も増加した。
 このネガティブな感情の増加について研究者は、『ネガティブな事実であるコロナパンデミックという状況で、社会的支援を受けたという事実がネガティブな感情を再活性化させたのではないか』と、分析している。

 最後にTwitterの積極的な利用は、これもソーシャルサポートの増加と関連し、生活の満足度が向上した。特に受動的な利用にも有利な効果があるようで、自分より優位な他者との比較を行う傾向が少なく、それによりネガティブな感情が低下とポジティブな感情の増加、ひいては生活の満足度が向上した。
 このことについて研究者は、Facebook等が一般的に自己表現についてポジティブな投稿が多い反面、Twitterはネガティブな傾向があることに理由があるのではないかと分析している。つまり、『Twitterユーザーは、ネガティブな投稿を頻繁に目にするため、そのような優位ではない他者と自分との比較を行う傾向が強いからではないでしょうか』と、マッシャントニオ氏は説明する。

 そして、『この研究により、ロックダウンとSNSの幸福度に与える影響が、SNSの種類と利用方法に関係していることがわかりました。ただし、これは相関関係であり、因果関係を確立するものではありません』と、マッシャントニオ氏は注意を促した。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: Voxination
TwitterやInstagramを見ていると、自分とは別世界に生きている人々の姿を見て落ち込み、毎日画面を濡らしているよ。


名前: certain_random_guy
>>Voxination
うん、自分はそれを避けるために、1日1回とか、隔日とかだけTwitter見るようにしている。


名前: discount_rosa_diaz
>>certain_random_guy
賛成だな。ずっとTwitterみてると世の中が嫌になってくる。だから少ししか見ない。


名前: chillford-brimley
4年以上前にFacebookやめてよかった。


名前: tkenben
>>chillford-brimley
自分は最初からFacebookやらなかった。
オンラインでの自己主張みたいなのが気持ち悪くて、単に人との繋がりならメールで十分だし。
Facebookをだめだとは言わないけど、自分はやらなくてよかったよ。


名前: chillford-brimley
>>tkenben
ハイキングにでかけた時に、それをどう楽しむかよりも、どうSNSに投稿するかを考えてしまっている自分に気がついた。
それが自分の精神衛生状態の赤信号だと思ったよ。


名前: leaky_eddie
インスタのフィード好きだよ。ハイキングコースに、キノコ、虫、アート、写真家
自分が好きなものだけがそこには映っている。


名前: TheMightyMegalodon
>>leaky_eddie
そうそう結局何をフォローするか次第なんだよな。
自分のTwitterに流れてくるのは、宇宙の話、日本建築、NBA、テクノロジーの話、ロボットの話がほとんど。
もし自分で選んでもないものを押し付けられて文句言うならわかるけど、自分で選んだ上で文句言ってもねぇ。


名前: Mrsololego9595
最近、特に高齢者によるFacebookが酷いことになってる。
なぜか知らんが高齢者達はネガティブな情報を共有するのに夢中になってて、ひたすら論争している。


名前: _DeanRiding
逆に自分はツイッターで鬱になったからスマホから消した。
Facebookではシンプソンズのミームを見るだけだから、今の所大丈夫。


名前: allboolshite
>>DeanRiding
自分もツイッターで最初苦労したよ。
まず、“おすすめ”された有名人を切って、そして本当に自分の関心の持てる人だけフォローした。


名前: squeevey
InstagramもFacebookも頭が同じじゃん。


名前: PM_ME_KITTIES_N_TITS
>>squeevey
そうはいっても機能的には違う。
特にInstagramに関してはユーザー層によって影響が違うんじゃないかな。
若い女の子は自分の外見にネガティブになり、若い男の子は物理的にありえない加工された女の子に夢中になる。
でも、自分で見るべきものを制限すれば十分にポジティブに使えると思うがね。
特にInstagramはコメントがアルゴリズムに影響を与えないという点で、Facebookのように荒れればますます人が集まって荒れていくようなことにはならない。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit