にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【生活】社交不安障害(≒対人恐怖症)の人々は教育的達成が困難で顕著に学歴が低くなる傾向がある

生活

 俗語としてコミュ障という言葉があるが、もしそれを精神医学上の病名・症状名を当てはめていけば、その内の1つには対人恐怖症があるだろう。この対人恐怖症は、社交不安障害と密接に関連し非常に似通ったものであると説明されている。何れにせよそれらは、他者と接する状況において正常な範囲の緊張を超えて強い心理的不安あるいは身体異常が生じる症状・障害である。

 この社交不安障害あるいは対人恐怖症を持つ人が苦労する場面というのは、現代社会において非常に多いことは容易に想像できるところではあるが、その1つに教育があり、その苦労が低学歴という形で反映されてしまっているかもしれないという研究が発表された。

さらに負の連鎖が…

「社交不安障害(SAD)の患者は、義務教育から大学での学位取得まで、広範に教育的達成が困難になっている状況が明らかとなった。このSADは、非常に一般的な精神疾患の1つであると同時に、なかなか治療が行われにくい病気でもある。

 研究チームは、1973年から1997年の間にスウェーデンで産まれた人から、知的障害等の一定の条件に該当する者を除いた約2,238,837人を抽出、この対象グループの中には15,755人のSAD患者が含まれ、彼らの教育的達成の程度が分析された。

 その結果について、まず、SAD患者はスウェーデンの学校制度における16の義務教育科目すべてに合格している可能性が有意に低かった。また、高校に進学するための条件を具備している率も低かった。
 さらに、高校を卒業する可能性についてSAD患者はそうでない人と比べて81%低く、大学進学率が53%、大学卒業率が65%、大学院卒業率が42%それぞれ低かった。

 家庭的要因を考慮してもなおSAD患者は教育的達成度は低く、例えば、兄弟の一方がSAD、もう一方が非SADである場合、SADの兄弟はそうでない兄弟よりも教育レベルが大幅に低い傾向がある。さらに、女性は男性よりもSADであることによる教育的達成の困難傾向がより強まることが分かった。

 今回の結果は、SADの若者についての学校における医学的アプローチの必要性を示唆するものであり、『SADは、シャイな性格だという話ではなく、人生に広範な影響を与える可能性があることを示しています』と、研究者は語った。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: StephaniGrace
私は今小学校4年の教師をしているが、ここにもSADの生徒がいる。
今の所彼らは勉強がよくできているが、彼らの年齢が上がるにつれて、授業や学校をさぼるなど状況が悪化していくことを知っている。
コロナによるオンライン授業がこの問題にどういう影響を与えることになるのか気になるところだ。


名前: rocket_beer 3
>>StephaniGrace
教育モデルは一般的に外向的な人向けに作られているよね。
教師自体が通常外向的だから、内向的な人々に対してある種の偏見があるのかもしれない。
教育者は外向的であるべきだという固定観念は危険で、教育改革の必要性があると思う。
外向的な人にもそうでない人にもすべての子供達のニーズを満たす教育が必要だ。


名前: StephaniGrace
>>rocket_beer
そうだね。ただ、場所にもよると思うよ。私のところでは、みんなそれをちゃんと意識しながらやっている。
子供達がどんな性格であろうと、それぞれに合った場所、それぞれに合った教えられ方を享受できることが必要だよね。


名前: Paul_Ostert
SADの人々は自分の問題を誰かに知られるのを極度に恐れるという点から、この研究は理にかなっていると思う。
これは誰か(例えば教師)に助けを求めるということが彼らにとって非常に難しいことを意味し、学校以上に社会でますます苦労する理由になる。


名前: theslyder
自分は社交不安のために大学の授業にほとんど出られず、それで成績は下がっていったし、奨学金もなくなってついには中退してしまった。
もしこんな障害がなければ、自分にはどんな人生があったのだろうと考えてしまうよ。


名前: kogeliz
社交不安といじめのために高校を中退してGED(アメリカにおける高卒認定試験のようなもの)を取ったよ。
とにかく授業に出るのが怖くて9年生を2回も留年した。母親も同じような経験をしたとか。


名前: TheGeekstor
>>kogeliz
おぉ自分にそっくりだ。
自分の場合は治療を受けたお陰で今は大学にも通えているけど、当時のことを思い出すと今でも苦しくなる。


名前: ButtonholePhotophile
SADであることは、本来特別支援教育を受けるべき事情となるような他の障害などである可能性もあるから
成績の問題は単に不安だからという以外の理由もあるかもしれない。


名前: szatanna
面白い研究だね。これまで内向的な人やSADの人達は、他の人よりもより勉強に集中できて成績が高くなるものかと思っていたよ。
自分自身もSADを持っているけれど成績は優秀で通ってきた。というのは、もし成績が悪くなると先生達になぜだって問い詰められるのが怖かったし恥ずかしかったから。
他のSADの人もみんなそういうものなのかと思っていた。


名前: SnooLentils3008
>>szatanna
私もそのタイプではあるが、ただ頻繁に欠席したり、質問すべきことを質問できなかったり
SADでなければもっと良かったんじゃないかと思ってしまう。


名前: melochroma_
>>szatanna
自分も授業に遅れるのが恥ずかしくて嫌々でもちゃんと学校には行っている。
他の生徒を見るに、別に遅れたからってちゃんと理由さえ説明すればさしたる罰はないんだけど
ただ先生と一対一で話すということ自体が嫌だ。


名前: psychitsjones
オンライン授業が広まっていることを喜ばしく思っている。
自分は高校生活の間ずっとぼっちで、今は修士課程をオンラインで行っている。
そしてこの方法によって今まで生きてきた中で最も成績が良くなった。


著者抜粋翻訳・引用元:Reddit