アクセスランキング
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

韓国人「動物カフェが禁止に…餌やり・触るのも禁止…ブルブル」

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

アライグマやミーアキャットなど珍しい動物を都心で見ることができ、人気の野生動物カフェが今日(14日)から違法になります。

動物虐待の論議が起き、動物園として許可された施設でのみ展示できるように法律が変わったのですが、店主たちの生計の打撃など、解決すべき課題が残っています。

イム・イェジン記者が報道します。

[記者]
ワラビーがぴょんぴょん飛び回り、手のひらにある餌を冷たく受け止めます。

普段接することが難しい動物を都心で体験できることで人気を集めた野生動物カフェです。

しかし、現在、このような施設はすべて違法です。

野生動物カフェなど動物園として登録されていない施設で野生動物を展示すると、2年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金を科せられます。

ただし、既存の動物カフェ運営者は申告をすれば、4年間は取り締まりが猶予されます。

その場合でも、野生動物に餌をあげたり、触ったりするなどの体験活動は禁止されています。

一角から野生動物体験が動物虐待であるという主張が絶えず、一部の業者が動物たちを劣悪な環境に放置していることが話題になり、規制が強化されたのです。

事業主たちは、当面の生計に打撃を受けることになったと訴えています。

今後運営を続けるには動物園として許可を受けなければならないのですが、獣医師など必要な要件が多く、閉鎖するしかないというのです。

[野生動物カフェ運営者:カフェなので、もっと近くで動物と触れ合うことができる空間なのに、それが完全に遮断されるので、とても残念です。 もししなければならないなら、動物園に変えるか、田舎に土地を買ってでも最後まで責任を持って….]

犬や猫のようなペットは許可され、同じ野生動物でもオウムや毒のないヘビなどは禁止対象ではないことも反発する理由の一つです。

感染症伝播の可能性が低いか、人に害を及ぼす可能性が低い種が判断基準なのに、公平ではないということです。

カフェが閉店しても、残った動物が捨てられたり、放置されたりしないように管理することも残された宿題です。

[イ・ヒョンジュ/動物福祉問題研究所アウェア代表:今、最も重要なことは、自治体が行政を適切に行うことです。 管理監督に出向き、申告せずに営業している施設は違法営業なので、取り締まる必要があります….。4年間、保護施設をさらに建設する方法も検討しなければなりません].

環境省は猶予期間4年が過ぎたら、動物たちを保護施設に移動させる計画です。

しかし、未申告の野生動物カフェが全国に多いため、どの種の野生動物がどの程度分布しているかは把握できていません。

法律の趣旨とかには賛成はするが、一部の店主は野生に放流する可能性が高そうだ。生態系を乱さないように、あのカフェの動物たちを追跡管理してほしい。

人間の遊び道具で動物を苦しめてはいけない