にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【教育】貧しいが優秀な成績をあげる子供は、特殊な脳の使い方をしているかもしれない

生活

 人間の知性を形作るのは遺伝と環境であるが、単によく学べば様々な知識が身につくという以上に、環境の違いは脳の使い方そのものを変える可能性があることを示唆する研究があったので紹介したい。

 新しい調査によると、貧困家庭で育ったが優秀な子供は、裕福な家庭で育った優秀な子供とは異なる脳の使い方をする傾向があるという。

学び方は人それぞれ

「一般的な固定観念として、社会的経済的に貧しい環境で育つことは脳の発達を妨げる、というものがある。だが、カリフォルニア大学バークレー校による新たな研究は、子供達の脳は、そのような状態にも適応して優れた力を発揮することを示唆している。

 この研究は、アメリカの6,000人以上の9歳から11歳の子供を対象としてその脳スキャンデータを分析することによって、様々な社会経済的状況にある子供達を比較することを目的として行われたものだった。

 その結果、推論、集中力、柔軟性などの認知機能についてのテストの得点と、世帯の所得の間には正の相関があることが分かったが、テストの得点が高くかつ低所得家庭の子供にあっては、通常と異なる脳活動のパターンが発見された

 具体的には、高所得家庭の子供の場合、難しい課題に直面した時に活性化する脳領域と、ぼんやりしている時に活性化する脳領域との間の接続性について、テストの得点が高い子ほど低く、低い子ほど高い傾向があったが、低所得家庭の子供の場合にはこれが真逆であった。

『今回の結果は既存の研究と相容れないものです。高いテストの得点と脳活動パターンに関するこれまでの常識が、低所得層の子供達には通用しないことを示しています』と、同大学神経科学シルビア・バンジ教授は語る。

 今回の結果は、発達途上にある脳の可塑性を明らかにするものであり、社会経済的困難の中でも子供達の脳は物事に対処するための方法を見つけて学業に励むことができることを意味している。

 また、今回の研究は、学校における既存の教育ノウハウにも疑問を投げかけるものであるとして、研究者らは低所得家庭の子供や若者により良い教育成果を施すためにも、さらなる研究を行っていく予定であるとした。」

著者抜粋翻訳・引用元:こちら

以下、この記事についてのレディターの反応

名前: This_is_me_cubed
悲観的すぎるかもしれないけど、この知識を使って裕福な子とは異なる適応を示す低所得層の子供達が学力競争できないようなテストに変えていくのはないだろうか。


名前: brberg
>>This_is_me_cubed
むしろ実際にはその真逆で、現在熱心に行われているのは、人種や親の所得と相関しない結果になるような学力テストを作ることであり
もしそれに成功すればETSはあなたに何百万ドルでも贈呈していくれるだろうし、大学はSATACTを放棄してそのテストを使うようになるだろう。


名前: elppaenip
お金持ちはどうして賢いの?


名前: I_will_remember_that
>>elppaenip
裕福だから賢くなるということでなく、貧乏だとたくさんの落とし穴が待っているということ。
貧しい家庭では、健康的な食事がとれず、本のような知的刺激が少なく、よりストレスを感じる原因が多くなり
虐待にあう可能性も、薬物汚染に陥る可能性もはるかにたかまるなど、貧しさと負の因子は相関している。
そしてこのようなことは子供の発達を妨げ学業に問題をもたらすだろう。


名前: CostAquahomeBarreler
>>I_will_remember_that
それにお金についての知識も
貧しい家庭では、投資やクレジットスコアについては教えられないだろう。


名前: st4n13
>>CostAquahomeBarreler
いや、さすがにそれは裕福な家庭だろうが9-11歳の子に普通は教えないだろうし
仮に教えたとしてその年齢の子の学力テストの結果に反映されるような知識じゃない。


名前: ronchalant
>>st4n13
子供は親の行動から学ぶ。 親がより良く金銭管理をし、節制し、必要に応じて投資する姿を子供に見せることはそうでない場合と大きな違いを生むだろう。


名前: Choogly
興味深いけれども、ちょっと解釈が極端にすぎると思う。
そもそも貧しいコミュニティで良い成績をとる子というのは本当に少ない話で、レジリエンスが特別に高い子である可能性を示唆している。
貧困が精神機能、衝動性、感情コントロールについて悪影響を与える証拠はごまんとある。ステレオタイプの脅威や貧困による自尊心への悪影響もある。
そのような状況にあってもなお成果を残す子供の存在は、脳の可塑性と高いレジリエンスを示している。


名前: CaptYzerman
>>Choogly
低所得出身ながら学校では良い成績でやってきた者としてあなたの意見に同意する。
本当に貧困っていうのは人をすさませるもので、ここでは真面目に勉強する人間はださくて愚かな不良がかっこいいとされる。


名前: Choogly
>>CaptYzerman
うん、黒人学校では、真面目にやってる子は“白人のマネをしている”とか“先生のペット”だと言われてバカにされ疎外されてしまうとよく聞く。


名前: hairyploper
>>Choogly
でも学業に熱心な人が疎外されやすいってのは別にどこでもそうじゃないの、例えばステレオタイプなナードとか


名前: Choogly
>>hairyploper
そうだけど、環境によってそれはより顕著に現れるという話でもあるし
また裕福な地域の私立学校だとクラスの人気者ほどよりレベルの高い授業科目を受ける傾向もある。


名前: SheliaCD
より詳しい研究のために富裕層の子供を貧困状態置いてみてはどうだろうか、それによって子供達の脳でなにが起きているのか解き明かせるはずだ。


名前: lycheebobatea
>>SheliaCD
倫理の欠片もない。


著者抜粋翻訳・引用元:RedditReddit