Thumbnail of post image 064

宇宙

アメリカ連邦航空局(FAA)では、2004年以降、国内の民間宇宙事業の促進とパイロットの認証プロセスの一環として、アメリカの民間宇宙事業によって宇宙を旅した人々に対して一定の要件の下で”Commercial Astronaut Wings(民間宇宙飛行士記章)”を授与してきたそうだ。この栄誉を受けたのはこれまでに22人 ...

Thumbnail of post image 122

中東

”アメリカがイランに~”というニュースは良く聞くが、今回は逆パターン。イランがアメリカに対して制裁を加えると主張しているようだ。アメリカによるイランへの制裁が始まったのは1979年にまで遡り、その直接の原因はイランアメリカ大使館人質事件であったが、直前にアメリカが強い影響力を持っていたパフラヴィー朝政権がイラン革命によ ...

Thumbnail of post image 178

歴史

赤ん坊を大切に育てていたと言われても、そんなの当たり前じゃないかと思われるだろうが、古代ギリシャ人にはこれまで”赤ん坊を大切にしていなかったのでは?”という疑いをかけられていたそうだ。そんな悪評の原因は、スパルタ教育の語源でもあるスパルタ人であり、彼らは赤ん坊が生まれるとその健康状態をチェックし、もしそこに問題があると ...

Thumbnail of post image 036

心理学

もとより人間関係は互恵的な関係を前提としているが、夫婦関係にあっては特にそれが求められることだろう。生活を共有することは利益を共有することであり、互いのサポートを行うことは利益の最大化をはかることになるからだ。そのような互恵的な関係がうまくいかなくなった時には、その関係の亀裂は友情よりも夫婦の間のほうがより深いものとな ...

Thumbnail of post image 105

生活

人間の知性を形作るのは遺伝と環境であるが、単によく学べば様々な知識が身につくという以上に、環境の違いは脳の使い方そのものを変える可能性があることを示唆する研究があったので紹介したい。新しい調査によると、貧困家庭で育ったが優秀な子供は、裕福な家庭で育った優秀な子供とは異なる脳の使い方をする傾向があるという。

Thumbnail of post image 130

北米

ニューヨーク州ニューヨーク市においては、現在までに同地域内でのヘイトクライムが前年度比で大幅に増加しており、特にアジア人に対するそれが急増しているようだ。この原因について、ニューヨーク州の”保釈改革”の影響を指摘するレディターが多かったのでそれについて先に簡単に説明する。保釈は、勾留されている被告人について、裁判期間中 ...

Thumbnail of post image 002

生き物

カラス、ゴミを荒らす迷惑ものとしても知られるが、よくよく見ると可愛らしい外見に、そして驚くべき知能でも知られている黒い鳥。そんなカラスがアメリカ・オレゴン州グランツパスの小学校に侵入したそうで、その短い侵入劇の中で学校の人気者になったそうだ。その理由は、”たくさんの汚い言葉”を喋ることができるカラスだったからかもしれな ...

Thumbnail of post image 165

北米,生活

若く見られたいと願望は誰にでもあるものだろうし、実際それで若く見られたとしてそれが何かの罪になることも、誰かに損害を与えることも通常はないだろう。だが、横領等の容疑で逮捕され、その罪を認めたアメリカ・ミズーリ州在住の48歳の女についてはそうでもなかったのかもしれない。もちろん年齢を詐称したというだけで捕まったわけではな ...