Thumbnail of post image 157

ヨーロッパ,未来

2000年代に入ってから、ヨーロッパを中心に安楽死を積極的に認める国が増えつつある。今年だけでもスペインとニュージーランドが安楽死を認める国に加わった。これは、自らの命についての自己決定権を認められるべきだという”死ぬ権利”についての理解が広まっているということなのか、あるいはむしろ他人に冷たくなっているのか、道徳や倫 ...

Thumbnail of post image 093

生活

”キャットコール”とは、路上などにおいて男性から見知らぬ女性に対して行われもので、『かわいいね』と声をかけたり、ヒューっと口笛を吹いたり、あるいはナンパ等も含めた性的な意味合いを持ったひやかし行為一般のことである。このキャットコール、その意味を知ればそれだけで悪名高いものであることはお分かり頂けるだろうが、そうであるに ...

Thumbnail of post image 155

北米

アメリカでは州ごとに銃規制の態様が異なるが、銃の携行方法について言えば、それを”open carry(明らかにして携行)”するのと、”concealed carry(隠して携行)”するのとでは規制を変えることが一般的である。例えば、銃を所持していることが外部から明らかな方法で携行することについては無許可で自由に行えても ...

Thumbnail of post image 006

ヨーロッパ

学校、会社、地域などと、場所や社会を問わず人間あるところにいじめありと呼べる状況はあるが、そのなかでも学校は特殊である。それは、基本的に加害者も被害者も未成年という中でどちらへの保護の要請が強く存在し、大人同士の揉め事とは違う解決策が必要だからである。日本について考えてみると、学校内でいじめが生じそれが発覚した場合、い ...

Thumbnail of post image 050

未来

AIばかり話題になる昨今だが、ロボット技術の方も日進月歩で進化を続けており、人型ロボットでさえ飛んだり跳ねたりバク転したりと、そう遠くない将来においてもはや外見上本物の人間と区別がつかないような人型ロボットの誕生しそうな兆しを見せる一方で、人間に近づけば近づくほど違和感が強くなっていく現象である不気味の谷の克服が問題に ...

Thumbnail of post image 128

北米

アメリカは、今でも戦争といえば内戦である南北戦争をいの一番に思い浮かべる人も多いとされるほど、大きな内戦を経験している国である。そのアメリカでは、再び内戦が生じる可能性が十分にあるのではないかと考える若者が増えてきているそうだ。昨今、アメリカの政治的分裂が指摘されることが多いが、とはいえ二大政党制は昔からのことであるし ...

Thumbnail of post image 075

北米

転向療法とは、性的指向を変えるとされる療法である。漢字の印象からすると両方向に働きそうであるが、基本的には同性愛者を異性愛者に変えるという方向の場合をいう。ただし、療法と言っても科学的に確立した方法ではなく疑似科学的であるとされ、ホルモン療法、カウンセリング療法、電子ショック療法等が根拠なく行われているというのが実態の ...

Thumbnail of post image 086

北米,生活

意味不明なタイトルだと思われるだろうが、けして間違ったタイトルでもクリックベイトしているわけでもなく、その通りのタイトルなのである。違法薬物を摂取する人々は、しばしば不衛生な環境・道具でそれを行い、また、オーバードーズ(過剰摂取)に陥りやすい。そこで、衛生的な環境・道具の提供をし、監視や医療スタッフを置くことでオーバー ...