アクセスランキング

韓国人「外国人が韓国に来てびっくりすることがこちら…ブルブル」

コーヒーショップのテーブルにノートパソコンやバッグを置いてしばらく席を空ける姿は、私たちにとっては自然なことだが、外国人観光客にとっては驚くべき風景だ。

韓国を訪れた外国人観光客は自然に「韓国は安全だ」という認識を持つようになるようです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生前の2019年に韓国を訪れた外国人観光客を対象にした実態調査で、満足度1位は治安(91.8%)だった。外国人観光客は、ショッピング(89.7%)や公共交通機関(89.4%)よりも「安全性」のために韓国旅行に満足している。

もう一つのポジティブな事実は、韓国の安全レベルが上昇し続けているという点だ。韓国社会の安全レベルは、警察官・消防士など公共安全人材1人当たりの担当人口が少ないほど改善されると言える。警察統計年報によると、警察の人員は着実に増加し、1人当たりの担当人口数が2011年の501人から10年後の2021年には400人に減少した。消防の人員も同じ期間、1320人から807人に減った。

犯罪発生件数も減少傾向だ。検察庁の「犯罪分析統計」によると、人口10万人当たりの犯罪件数を意味する犯罪率が2011年1997件から2021年1774件に減少した。

このような変化は国民の認識にも影響を与えた。統計庁の「2022社会調査結果」によると、昨年基準、韓国国民の10人中7人(70.4%)は「夜道を歩くのに比較的安全」、「非常に安全」と回答した。2010年の該当回答率が56.0%だったことを考慮すると、韓国国民は「安全レベルが高くなった」と考えているようだ。

安全レベルの向上にはIT(情報技術)が少なからず貢献した。最近、地方自治体を中心にITと安全を融合したサービスが急速に広がっている。代表的に、ソウル市は安全な帰宅を支援する「あんしん」アプリケーション(アプリ)を開発・運営している。ソウルに設置された8万台余りのCCTV(閉鎖回路TV)とあんしんアプリを連携して帰宅・救助を24時間支援する方式だ。数年前、あんしんアプリを通じた通報で犯人を10分で検挙した事例もあった。

韓国の安全技術は海外にも広がっている。政府は東南アジア、中南米諸国などを対象に、いわゆる「治安韓流」事業を展開している。ユン・ソクヨル大統領は昨年、中央警察学校の卒業式に出席し、「世界各国が韓国の先進的な治安システムに注目している」とし、「これを伝授する治安韓流が韓国のソフトパワーとして定着している」と述べた。

安全な大韓民国」は国民の幸福のための基本条件であり、外国人訪問者の増加、海外進出機会の拡大を可能にする要素だ。夜道が安全である」という回答が100%に達するまで、政府と自治体、IT業界の努力が続くことを期待したい。

引用元記事:ttps://is.gd/nbj3Nu

今日も無事に家に帰れるかな?と心配しながら生活している人もいますよね?

なんだ、CCTVのおかげか

人気ブログランキングに参加しています!ぜひ応援お願いします!